NAS(コレガ CG-NSC2100GT)を買いました

ある日突然パソコンのハードディスクが壊れたら、家族の大切な写真や自作ソフトなどが全て無くなってしまいます。

「もしそれが現実に起きてしまったら・・・」、そう考えるとハードディスクが2重化(RAID構成)されていると、復旧させることが容易だと考えました。

また我が家には複数のパソコンがあり、各パソコンでデータを共有したかったので、これらのニーズを実現する為に、先日NAS(NASとは 【ネットワーク接続ストレージ】 (Network Attached Storage) – 意味・解使っていこうと思います。説 : IT用語辞典)を購入しました。

先ず、NASの購入にあたっては、以下の3製品を候補に挙げました。
「CG-NSC2100GT」製品情報| 株式会社コレガ
LAN接続型ハードディスク/NAS|LAN DISK Home(HDL2-Gシリーズ) |概要|ハードディスク(HDD)|IODATA アイ・オー・データ機器
〈リンクステーション〉 RAID機能搭載 省エネ ネットワーク対応HDD | LS-WHGL/R1シリーズ

これらの商品の中から、以下の内容を基準として選んだ結果、「CG-NSC2100GT」製品情報| 株式会社コレガの購入を決めました。
・NASとしての安定性
・省エネ
・価格の安さ
コレガが、最もNASとしての安定性が高いと思ったの事と、ハードディスク2TB搭載モデルで当時34,800円と安価であった事でこれに決めました。
corega ダイレクトショッピングでの価格。

なお現在は、高速ハードディスク搭載モデルの最新モデルが発売され53,025円になっています。
自分としては、転送スピードをそれほど気にしないため、2万円近く安いこちらのモデルが、かなりお買い得に感じました。

2週間ほどして商品が届きました。
今回はこの商品を買って、設定した内容を記事にしてみたいと思います。

ハードディスク搭載モデルだったので、早速電源を入れて設定開始。
LANケーブルをルータに繋いで、自分のPCのブラウザを起動し、アドレスに「http://192.168.1.210/」と入力。
※NASのデフォルトIPアドレスが、192.168.1.210となっていますので、ブラウザでIPアドレスを入力して早速ログイン!

1.RAID1の設定
先ずはこれをやらないと使用出来ません。
(1)画面左側のメニューより、「RAID設定」をクリックして、画面の中央部で同じく「RAID設定」をクリックします。

(2)「作成」タブをクリックして、「RAID1」を選択して実行すると、ディスクのフォーマットが始まり、数分で設定が完了します。

(3)「ディスクステータス」タブをクリックして、以下の様な画面が表示されていれば設定完了です。

2.省エネ対策
月々の電気代を気にする方は、設定をした方がよいと思います。
(1)画面左側のメニューより、「システム管理」をクリックして、画面の中央部で同じく「HDD自動停止設定」をクリックします。

(2)「インターバル設定」タブをクリックして、「インターバル選択」の内容を30分にしました。
※インターバル設定:省電力モードに切り替わるまでの時間と思われます。
※「なし」~「4時間後」までがリストボックス形式で選択できますので、使用頻度によって自由に選択してください。

設定後暫くアクセスが無い状態になってからNASを見てみると、ハードディスクが完全に停止していました。
これは家庭に優しい機能です。奥さんにも怒られずにすみます。。。

3.メールアラート
NASに何か問題が発生した際に、メールで送信してくれるという機能です。
どこまで信頼してよいのかは微妙ですが、とりあえず登録しておきます。
(1)画面左側のメニューより、「システム管理」をクリックして、画面の中央部で「メールアラート」をクリックします。

(2)「セットアップ」タブをクリックし、メール情報を登録します。
※自分が契約しているプロバイダの情報を登録しました。
メールの設定が正しいか確認するために、テスト送信機能があればよいと思いました。

「追加」タブで送信先のメールアドレスも忘れずに登録しましょう。

4.その他
上記の内容以外で、自分が設定した内容をいくつか挙げてみました。
・\\192.168.1.210\musicに音楽ファイルを保存すると、iTunesを開いた際に「共有」メニューに保存した音楽ファイルが表示される。(iTunes7、8で動作確認済み)⇒これは便利

・自宅のローカルプリンタをNASのUSBコネクタに接続すると、ネットワークプリンタになる、らしい。。。
試しにCanon MP600を接続してみましたが、何も起きませんでした。
プリンタが非対応だったのでしょうか?特に我が家では必要ない機能なので諦めました。

・「システム管理」メニューの「日付/時間設定」で日時の修正も忘れずにやっておきましょう。
これをやっておかないと、NAS上で作成したファイルの日付が狂ってしまい、パソコンのローカルで
作成したファイルと同期がとれなくなります。
ファイルの管理が目的なので、しっかり合わせておきましょう。

・「ユーザー/グループ管理」メニュの「ユーザー管理」にて、「admin」ユーザーのパスワードを必ず変えておきましょう。
出荷時はデフォルトのパスワードになっているので、ネットワーク環境によっては不正アクセスされる可能性があります。

今までは個別でバックアップしていましたが、ローカルPCに保存していたファイルをNASに移動させた事で、バックアップを行なう手間も省け、かつ複数のパソコンで共有出来るので、NASをかなり重宝しそうです。

カテゴリー: flashcast, パソコン パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です