Google ウェブマスターツールを使ってみる

Webサイトの検索エンジン対策(SEO)について色々調べていたら、偶然にも「Googleウェブマスターツール」という存在を知りました。
どんな機能があるかは知りませんでしたが、タイトルからして「面白そう」な感じなので、とりあえずアカウントを取得してユーザーになってみました。
ユーザーになる為には、メールアドレスとパスワードがあれば基本的になれます。
pic1

ログイン後に、解析したい自分のサイトのURLを申請します。
登録時に、申請したURLが自分のサイトであるかを証明する為に、以下の作業をGoogleより求められます。
1.指定したURLのRootにgoogleが示すファイルをアップロードする。
2.指定したURLのRootにあるhtmlファイルのmetaタグにgoogleが示す文言を挿入する。
上記いづれかの操作を行なった後、登録作業を続行すると正常に登録されます。
pic12

自分は1の方法で登録を行いました。
登録を行った後は、ファイルを削除しても問題は出ませんでした。

早速登録されたURLをクリックすると、「ダッシュボード」画面に遷移しました。
pic13

ここでは、「上位の検索クエリ」と「クロールエラー」を確認する事が出来るようです。
「上位の検索クエリ」をヘルプで調べてみると、以下の様な記述がありました。

[上位の検索クエリ] ページには、サイト内のページの検索に使用されたクエリの情報が表示されます。これらのクエリに関連したコンテンツをサイトで提供することで、ユーザーはサイトが価値あるものと判断し、サイトにリンクする可能性が高くなります。

コレは便利!SEOに役立ちます!!
順位が高いクエリに対して、SEOを行なえば効果が上がると言う事が分かります。
※あくまでGoogle検索上での話ですが・・・
zipnaviは予想通り「郵便番号検索」が1位になっていました。
ちなみに、2位以下はヒミツです。。。

「クロールエラー」は以下の様な意味があるようです。

[クロール エラー] ページでは、クロール時にアクセスできなかった URL の詳細を確認できます。モバイル用のクロール エラー ページでは、モバイル ウェブサイトの URL のクロール時に発生した問題の詳細を確認できます。

コレも便利!バグの検知に役立ちます!!
クロールエラーがあると言う事は、ホームページ上で何らかの異常が起きていると言う事なります。
ちなみに、zipnaviはほぼ0件。「見つかりませんでした」の2件は市町村合併等が原因で無くなってしまったページと思われます。

他にも色々な機能があるようですので、今後も有効活用したいと思います。
自分のサイトを持っている方は、ぜひお薦めします!

カテゴリー: flashcast, google, SEO パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です