2地点の緯度経度から距離を求める(Google MAPS APIとの比較~テスト結果GoogleAPI編~)

flashcast:フリーで働くITエンジニア集団のブログ: 2地点の緯度経度から距離を求める(Google MAPS APIとの比較~テスト結果自作計算編~)の続編です。
Google Maps API リファレンス – Google Maps API – Google Codeで紹介されている2地点の距離の結果を、flashcast:フリーで働くITエンジニア集団のブログ: 2地点の緯度経度から距離を求める(Google MAPS APIとの比較~概念編~)で紹介した方法で図形化すると、以下の様な図が出来上がりました。

図1-google方式の結果-

図1-google方式の結果-

・・・なんか、前回紹介した「ろっきー」方式と似ているような、でもちょっと違うような・・・
改めてろっきー方式と、google方式の違いを一つの図で表示させて、両者を見比べてみたいと思います。

図2-両者の比較結果-

図2-両者の比較結果-


青がろっきー方式、赤がgoogle方式で描画しています。
ろっきー方式、google方式の順に上書き描画していますので、赤い点しかない部分はろっきー方式とgoogle方式の計算結果が同じという事になります。

図2を見ると、緑で囲った部分の差が大きいようです。
そこで、緑で囲った部分を含む東経0~180度、北緯0~90度の範囲(図2のオレンジで囲った部分)だけをクローズアップして見てみたいと思います。
ただ、10度刻みだと間隔が大きすぎるので、5度刻みにして描画してみました。
クローズアップして描画した結果は以下の通りになりました。

図3-クローズアップ-

図3-クローズアップ-

図3を見ると、青で囲った箇所は結果がほぼ一致していますが、赤で囲った箇所はかなりの差が出ているようです。
とりあえず現時点で分かった事としては、以下の通りです。
・ろっきー方式とgoogle方式は計算結果に違いがある。
・計算結果の違いは、B地点の緯度経度によって、大きかったり小さかったりする。
※B地点とは、背景の黄色い罫線が交差している点を指しています。
この事から、ろっきー方式と、google方式とでは、計算式が異なると言う事が確実となりました。

では今回のシリーズの本題である「ろっきー方式とgoogle方式とではどちらが精度が良いのか?」を検証してみたいと思います。
そこで、正しい結果を取得するべく、過去にも何度かお世話になっている測量計算(距離と方位角の計算)よりクローズアップ部分のみの結果を取得して、この図に描画してみる事にしました。
※このサイトで得られた結果を正解として、ろっきー方式と、google方式を比較してみたいと思います。

描画してみた結果は、次回報告したいと思います。

●バックナンバー
第1回:flashcast:フリーで働くITエンジニア集団のブログ: 2地点の緯度経度から距離を求める(Google MAPS APIとの比較~概念編~)
第2回:flashcast:フリーで働くITエンジニア集団のブログ: 2地点の緯度経度から距離を求める(Google MAPS APIとの比較~テスト結果自作計算編~)

カテゴリー: flashcast, googlemap, 緯度経度検索 パーマリンク

2地点の緯度経度から距離を求める(Google MAPS APIとの比較~テスト結果GoogleAPI編~) への1件のフィードバック

  1. ピンバック: my-hobby : 2地点の緯度経度から距離を求める(Google MAPS APIとの比較~結果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です