2地点の緯度経度から距離を求める(Google MAPS APIとの比較~結果報告編~)

my-hobby : 2地点の緯度経度から距離を求める(Google MAPS APIとの比較~テスト結果GoogleAPI編~)で、3平方の定理を使用した方式(ここでは「ろっきー方式」とさせていただいてます)と、Google MAPS APIが提供している距離の算出(google方式)の結果の差を報告しました。
※ろっきー方式の計算式はバックナンバーを参照して下さい。

今回はいよいよどちらの精度がよいのかを検証してみたいと思います。
測量計算(距離と方位角の計算)より取得した結果を「正しい結果」として、それを画面上に描画した結果は以下の通りとなりました。

図1-3者の結果比較-

図1-3者の結果比較-


※青がろっきー方式、赤がgoogle方式、緑が正しい結果です。
※なお、上記のサイトで計算すると、緯度、もしくは経度0の時、正しい結果が得られなかったので、0度を0度0分0.001秒として計算しています。(多分バグだと思います)
※計算上、0度から0度0分0.001秒までの長さはわずか3cmである為、今回の計算結果には影響を与えない範囲と考えられます。

なお描画は、ろっきー方式、google方式、正しい結果の順に上書き描画しています。
「ろっきー方式」、「google方式」それぞれの計算結果が正しい場合は、緑の点に上書きされるので、上書きされなかった(残ってしまった)点が多いほど、精度が悪いという事になります。

上記の図1を見ると、赤の点(Google方式)がほとんど無く、青の点(ろっきー方式)が多い事が分かります。
その結果、ろっきー方式よりもgoogle方式の方が精度が高い事が判明しました。

ではgoogle方式はどの様な計算式で、距離を割り出しているのか?エンジニアの自分としては気になって仕方がありません。
やはり、3平方の定理を使用したろっきー方式より精度が良いという事であれば、地球を球体とみなして計算をしているに違いありません。
しかし、自分だけの力でこの計算式を割り出すのは到底無理なので、ダメもとでいろいろ検索してたら、ろっきー方式と違う計算式を見つけ出しました。

この計算式を使って、再度my-hobby : 2地点の緯度経度から距離を求める(Google MAPS APIとの比較~概念編~)で紹介した方法で描画して、google方式との差を比較したいと思います。
今回の目的は達成しましたが、番外編として比較結果を次回報告したいと思います。

カテゴリー: flashcast, googlemap, 緯度経度検索 パーマリンク

2地点の緯度経度から距離を求める(Google MAPS APIとの比較~結果報告編~) への2件のフィードバック

  1. ピンバック: my-hobby : 2地点の緯度経度から距離を求める(Goole MAPS API ~距離の計算式編~)

  2. ピンバック: my-hobby : 2009 : 11 月 : 19

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です