EOS40Dで撮ってます

現在自分が所有のデジタル一眼レフ、デジタルカメラEOS 40Dです。

今から9ヶ月ほど前に購入しました。

EOS40D

EOS40D


当時はEOS50Dが発売されて間もない頃で、型落ち品として安く販売されていたのでそれを購入しました。
EF-S18-55mm F3.5-5.6 ISが付いたレンズキットでした。

当時はキャノン:EOS kiss X2の購入と迷いましたが、実際に家電量販店で手に持ってみた感じ、EOS40Dの方が重みがあって自分の手になじむ感じがしたので、こちらをネット通販で購入しました。
他にも、色々な本を読んで勉強したのですが、初心者なので何を言っているのか分からず・・・結果、自分の手になじんだという理由だけでEOS40Dにしました。

ただ今思い返してみると、EOS40Dを買って良かったと思います。
理由は・・・
1.重量感があるので、カメラを構えた時に安定する。
2.多少ぶつけてもビクともしない。かなり頑丈です。
3.中級者っぽい気分になれる。
4.連写が使える。
などなどです。
特に2は非常にありがたい感じです。
自分には1歳の子供がいるので、子供を抱っこしながらカメラを肩から提げて歩くと、柱などにカメラをぶつけてしまいます。
「ゴツッ!」と鈍い音がすると、うぁーやべ~・・・と思いながらもカメラは無傷!
このタフさには驚きです。多分EOSkissX2だったら壊れてたかもしれません。

逆にEOSkissX2のこの機能がうらやましいと思った点は・・・
・オートライティングオプティマイザがある。
くらいです。
ただこの機能、非常にうらやましいです。
室内で、特に被写体の背景が明るい(窓などがあったりする)と被写体が暗く写ってしまいます。
フラッシュをたけばいいのですが、そうすると自然な感じが損なわれてしまうので、この機能だけはうらやましいと思いました。

カメラ本体の話はこのくらいにして、これからはレンズのレビューや、シーンに応じた設定などをシロートなりに記事にしていきたいと思いますので、よろしくお願いします。

カテゴリー: デジタル一眼カメラ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です