EOS7Dを実際に触ってきた

キヤノン:EOS 7Dが発売されました。
自分が現在所有しているのはEOS40Dなので、40Dと7Dではどれくらい違うのか?
Canonのホームページで個々のスペックは比較できますが、実際はどうなのか?
とりあえず、実際に見てみないと分からん、という事で家電量販店に実物を見に行きました。

●手に持ってみた感じ
同じASC-Pサイズですが、7Dの方が若干重い感じがします。
ただ、40Dよりも自分の手にフィットする感じです。
実際の重量も、40D:740g、7D:820gなのですが、その重さが逆に高級感を増していていいと思いました。

電源の位置はいままでの40D、50D、5D系とは異なり、左上にある撮影モードを回すダイヤルの下あたりにありました。
今後はこの場所がスタンダードになるのでしょうか?
最初は戸惑いましたが、慣れればこちらの方が操作しやすそうな感じでした。

●撮影した感じ
シャッター音が40Dよりも確実に良くなってます。
40Dは「パシャ」といったちょっと軽めの音ですが、7Dは「カシャ」という感じのしっかりとした感じの音でした。
個人的には1D系を除いては、7Dのシャッター音がCanonのデジタル一眼レフの中で一番いいと思いました。

連写がすごいです。
40Dは6.5コマ/秒ですが、7Dは8コマ/秒。40Dでも十分速いので、7Dの速さにどれだけのメリットがあるか分かりませんでした。
多分スポーツ撮影とかに向いているのかも・・・
ただ性能的に見ると、8コマ/秒はただただスゴイとしかいいようがありません。

両者の詳細な比較はキヤノン:デジタル一眼レフカメラ|製品比較表で確認できます。

●7Dを買うかと言われたら・・・
7Dはすばらしいカメラでしたが、個人的にはこの値段を出すなら5D系のフルサイズ一眼レフを買います。
5D Mark3が将来発売されるまでに頑張って貯金します。

カテゴリー: デジタル一眼カメラ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です