デジタル一眼レフ(EOS40D)のカメラケース

デジタル一眼レフは普通のコンパクトデジカメに比べて非常にデカイです。
その為、持ち歩く時もポケットに入れる事なんで到底出来ません。

そこで持ち運び用のケースが必要になるのですが、ケースにも色々な種類があります。
リュックタイプ、ウェストポーチタイプ、ハードケースタイプなどなど。。。
どれもレンズと一緒にしまえるタイプが多いですが、自分が使っているのは上記のどれでもありません。

自分が使ってるのは、ソフトタイプのケースです。
カメラケース

普段はコレに入れて、肩からかけて持ち運んでます。。。
理由は以下の通り
1.非常にコンパクトにまとまる。
2.すぐに取り出せて撮影できる。

1については、自分はTAMRON 18~270mmのレンズを常に付けているので、レンズを交換する頻度が非常に低いです。(18~270mmまでズームが効くので・・・)
その為、カメラ本体と交換レンズは別々の袋に入れて持ち歩いているので、必要に応じてカメラのみ、カメラと交換レンズも一緒にと分けられるメリットがあります。
また交換レンズを持ち運ぶ場合は、普通のバックに入れて持ち運んでいます。

2については、ソフトケースを外せばすぐに撮影可能なので非常に便利です。
※ウェストポーチタイプでもすぐに撮影できそうですが、リュックタイプとかに比べれば速いです。

ただ、デメリットもあります。
常にカメラを肩からかけている状態なので、長時間持ち歩くのは疲れます。
ハイキングや登山には向いてません。また突然雨が降ったらケースが濡れて、カメラ本体がピンチになります。

ただ自分の場合は、1歳の子供を連れての移動なので、長時間歩く事はありません。
結果として、このスタイルが自分にとって一番ベストって感じになってます。

カテゴリー: デジタル一眼カメラ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です