ギターを買う時(購入時)のアドバイス

 いざギターを買おうと思った時、良いギターを安く買いたいのは誰もが考える事です。しかしギターは同じ型番でも微妙に音が違う為、電化製品の様にとにかく安いものと言う訳にはいきません。
そこで今までの自分の経験の中で得た、ギターを買う方法をいくつか紹介したいと思います。

1.新品をショップで買う

一番確実で安全な方法です。
ただ、安く購入する事は出来ません。
基本的にショップで新品のギターを購入する場合、東京の御茶ノ水では大体定価の2~3割引きが相場と言ったところです。
ただほとんどは2割引で提示されている為、他店と競合させて2割以上の割引を目指すとよいです。定価はカタログなどで調べる事が出来ます。
またお願いすればピックや弦などもおまけしてくれる店もあるので、上手く交渉して付属品もゲットしましょう

2.中古をショップで買う

多少のリスクはありますが、安く買うのであればやっぱりコレですね。
自分はよほどの気に入ったギターが無い限り中古で買います・・・
ビンテージ品はまた別の次元ですので、とりあえず現行のモデルを中古で買うと言うのであれば、大体2~3年落ちくらいのがベストだと思います。
相場としては状態や希少度で落差があるのですが、大体定価の5~3割引きと言ったところなので、かなりお得です。
また、ショップによっては1年保障を付けてくれるところもあるので安心です。
気になるリスクについてですが、修復履歴や前所有者メイテナンス不足等で、購入後にトラブルが発生する可能性が新品よりも高いです。
中古で購入する際はmy-hobby : 初心者がアコースティックギターを始めるときのギターの選び方で書いてある内容以外にも、ボディ全体の状態など構造面でのチェックが出来るようになれば失敗は無いと思います。
しかし、日本のショップの場合ほとんどが事前メンテナンスを行っている為、それ程心配する必要は無い様です。
ただ、アメリカで中古を購入する際はメンテナンスがされていないものが多く、注意が必要な様です。
※某ショップの店員から聞いた話です。。。

3.オークションで買う

自分も以前オークションでギターを購入した事がありますが、それなりにリスクが高いです。
ギターの相場とそれなりの知識が無い場合はあまりお薦めできません。
また試奏も出来ない為、どんな音が出るか分からないといったデメリットもあります。

それでもオークションで購入したいと言う場合は、損をしても良いと言う心構えでのぞみましょう。

相場としてはかなりの安価で購入が可能です。
以前自分がオークションで購入したギターの中には、届いたギターを見てみたらブレーシングが無かった(ピックアップを無理やり付けて、ブレーシングの一部が剥ぎ取れれてた)と言うひどいケースがあり、取引を中止した経験があります。
この場合出品者が良い人であった為、ギターの送料のみの損害で済みましたが、無視された場合を考えるとゾッします。
ただ、過去に定価の3~4割程で良いギターを購入できた場合もあるので、何とも言えません。

ではどの様にすれば程度の良いギターをオークションで購入できるのでしょうか?
オークションには出品者に質問をする事が出来るので、そこで写真では分からない事を質問すると良いでしょう。
例えば、日頃のギターの管理方法や、弦高(指板と弦との間隔)、ネックの反り具合、修復履歴等です。
特に日頃のギターの管理方法は重要。詳しく聞いた方がよいです。
ちなみに「音はいいですか?」と言った質問もありますが、これは個人の主観である為、あまりあてに出来ません。
それよりは現実的な質問をしましょう。

あと出来るだけ「ノークレーム、ノーリターン」の商品は避け、「1週間以内なら返品可」といった商品を選ぶのが安全といえます。
これなら届いた商品が自分に合わない場合でも最悪返品が出来ますので・・・

以上簡単ですが3点ほど挙げてみました。

カテゴリー: ギター パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です