Canon EOS60Dのスペックを比較してみた

キヤノン:EOS 60D|概要でEOS60Dの発売が告知されていました。
発売時期は2010年9月中旬という事で、発売が楽しみです。
発売されたら早速試し撮りしに家電量販店に走りたいところですが、まだ発売されていないので、とりあえずEOS50Dと変わったところを見比べて見たいと思います。

まずは単純に性能の比較をキヤノン:デジタル一眼レフカメラ|製品比較表でしてみました。

・有効画素数
有効画素数は1800万画素なので、ここはEOS7Dと同じ。
ただ2010年8月24日にキヤノン : ニュースリリースから、「約1億2,000万画素のCMOSセンサーの開発に成功」とのニュースが流れたので、これを含めて2000万画素オーバーくらいいくと思いましたが、さすがに7Dの有効画素数を超える事はありませんでした。
この辺は上位機種を意識しているのでしょうか?

・連続撮影速度
6.3コマ/秒から5.3コマ/秒に落ちてしまったのは残念。
映像エンジンがDIGIC4でEOS50Dと変わりが無く、有効画素数だけを上げてしまったので、仕方がないか・・・
EOSxxD系は連射速度が気に入っていたのにちょっと残念です。
連射速度はEOS7Dに譲ってしまった感があります。

・ISO感度
ISO100~1600からISO100~3200に増えてますが、この辺もEOS7Dを超える事はありませんでした。

個人的な感想としては、EOS7Dが発売された影響もあるのか、大幅なスペックアップは無く、どちらかというとEOSkissシリーズに近くなった様な印象を受けました。
EOSkissX4のスペックとほとんど変わらない印象を受けます。
しかも記録媒体がCF(コンパクトフラッシュ)からSDカードに変わってるので、余計EOSkissシリーズの上位機種的な感じに見えてしまいます。

EOS7Dの価格も下がってきている事から、EOS50Dの後継を選ぶならEOS7Dの方がいいかも知れないですね。

発売されて実際に手に持ってみたらまた印象が違うのかも知れないですが、スペックだけ見てしまうとこの様な印象を受けました。

クラウドサービス「IaaS」の各社料金形態・サービス内容を比較してみた

以前からクラウドコンピューティングがIT業界の中で注目されています。
最近はさまざまな企業が同様のサービスを提供しており、たくさんの企業が提供しているなら競合して料金も安くなるはず、、、自分が展開しているWebサイト「zipnavi」もそろそろクラウドに移行しようか?
zipnaviの場合、年賀状シーズンなどハガキを書く需要が多い時期に、アクセス数が増加する傾向が分かっています。
そこで、時期に応じてサーバのスペックを変えられるようなクラウドサービスが無いかを調べてみました。
※最低でも月単位に契約形態が変えられるようなサービスが必要と考えました。

そんな事を考えて、今どきのクラウドサービス「Iaas型」の料金形態、サービス内容を調べてみました。
※Iaas型の詳細については、クラウドコンピューティング – Wikipediaを参照して下さい。

なお、下記の調査結果は2010/8/15時点のものです。

Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2)
・初期費用:0円

月額料金(※1)
7,334円
176,256 円

※1:US Eastの月額ノード単価(85円/$、30日/月で計算)
【個人的な感想】メンバーのもじゃもじゃさんも過去に記事を書いており、その影響で自分自身のなかでは最もメジャーなサービスです。
細かなプランがあるようで、ぱっと見た感じは解りませんでした。とりあえず今回は料金だけ書きました。
1時間単位に課金される仕組みの為、時間限定(昼だけ営業みたいなサービスを提供するような場合にはコスト減になると思いました。
あと初期費用0円がスゴイ!クラウドを体験してみたいっていう人は、まずこちらのサービスを利用するのがいいですね。
EC2に関する詳細な記事はAmazon EC2 : flashcast : フリーで働くITエンジニア集団のブログで確認できます。

クラウドならニフティのパブリック型クラウドコンピューティングサービス
・初期費用:0円

月額料金 CPU メモリ ディスク容量
7,875円 1GHz 512MB 30GB
91,927.5円 4vCPU(3GHz) 16GB 30GB

詳細はクラウド料金プラン | クラウドならニフティのパブリック型クラウドサービスで確認できます。
【個人的な感想】時間単位での課金や、月額料金などAmazon EC2とかなり似ています。ただし説明が日本語で書いてあり、しかも解り易いので、「Amazon EC2とどちらにするか?」と言われたら、自分は「ニフティクラウド」を選ぶと思います。

アイル「True CLOUD」CDN対応IaaS型パブリッククラウド
・初期費用:21,000円

月額料金 CPU メモリ ディスク容量 データ転送量
2,940円 0.6GHz 375MB 10GB 250GB
40,425円 10.8GHz 6750MB 180GB 4500GB

詳細はプラン詳細 – アイル「True CLOUD」CDN対応IaaS型パブリッククラウドで確認できます。
【個人的な感想】
各料金に対するスペックが一覧で見れるので、素人でも解りやすいプランだと思いました。
しかも最小スペックの料金が安い。
時期によってサーバの負荷が極端に変わる様なWebサービスを展開している場合は、無駄なコストが削減できていいと思いました。
例えば、夏季はアクセス数が伸びるけど、冬季はアクセス数がほとんど無い様なサービスであれば、冬季は最小スペックで運用する事が出来ます。
ただし、データ転送量の規定があるのが難点。大容量のデータをやりとるする様なWebサービスには向いてないと思いました。

クラウドホスティングはファーストサーバ|仮想専用サーバ(複数台構成サーバ)
・初期費用:52,500円

月額料金 CPU メモリ ディスク容量
26,565円 2.00GHz(※2) 1GB 40GB
148,365円 8.00GHz(※2) 16GB 200GB

詳細はプラン料金・仕様|クラウドホスティングはファーストサーバ|仮想専用サーバ(複数台構成サーバ)で確認できます。
※2:ベンチマークでは、CPUがIntel Xeon(2.00GHz)の2倍の性能が出た、記載されていました。

【個人的な感想】
アイルに比べて月額料金が高いイメージがあります。
ただデータ転送量の記載が無かったので、仮に無制限だとしたらデータ転送量が多いサービスを提供している場合は、ファーストサーバを利用した方が良いと思いました。

専用サーバーはスカイアーチネットワークス

初期費用 月額料金 CPU数 メモリ ディスク容量
96,600円 44,100円 0.5(※3) 512MB 30GB
315,000円 103,950円 4(※3) 8GB 1,000GB

詳細は料金表 | フルマネージド・ホスティングで確認できます。
※3:CPUは「クアッドコアXeon」と書かれていましたが、詳しいスペックは公表されていませんでした。
【個人的な感想】
初期費用も月額料金も高い。その代わりカスタマイズ度は他のクラウドサービスに比べて高いです。
初期費用が高い理由も分かります。※下記HPより抜粋

アプリケーションやディレクトリ構成、ディスク容量の割り当て等に至るまで、お客様のご要望に応じてサーバーの設定を行います。

複雑なアプリケーション構成を組んでいるシステムであれば、こちらのサービスがお薦めなのかもしれません。

とりあえず5社ほど調べてみましたが、各社さまざまなサービス形態があり、一概にこれがお薦めと言えるものは無く、利用用途に応じて選ぶのがよいと思いました。
あと、共有レンタルサーバに比べると値段はまだまだ割高な感じがしました。
しかしサーバ移転せずとも、簡単にサーバスペックの変更が出来るという点がクラウドの魅力の一つなので、これに付加価値を見出せる人ならお薦めなのかも知れません。

結局今回調べた限りでは、自分にとってクラウドコンピューティングはまだまだ敷居の高いサービスだと感じました。
今後は値段的にも共有サーバに代わる、クラウドサービスが出てきてくれる事を望みます。

ディスクトップパソコン買い替え計画

ウチには現在3台のパソコンがあります。
自作のディスクトップ1台、ノートPC2台(LenovoとNEC)
ディスクトップPCは購入して既に5年近く経ち、Windows7も発売されたのでそろそろ買い換えたいな~と思い始めました。

前回同様、今回も自作がいいが、2歳の子供が居る中で自作パソコンを組み立てようものなら、パーツをおもちゃにされるが目に見えていたので、最近はメーカーパソコンも安いし、メーカー品(完成品)で探すことにしました。
とりあえず、希望スペックは以下のような感じなので、それに合うパソコンを探しました。

CPU:Intel Core i7 870プロセッサー以上
メモリ:8GB以上
モニタ:21インチ程度(出来ればフルHD)
OS:Windows 7 Professional
その他ソフト:Microsoft Office Professional 2010

色々と探していたら、Intel Core i7が標準装備されているDell Studio XPS 8100 デスクトップパソコン | Dell 日本が候補に挙がったので、これに対して下記のオプションをカスタマイズして付けてみました。
・Windows 7 Home Premium ⇒ Windows 7 Professionalにアップグレード
・メモリ4GB ⇒ 12GBに増設(4GB×2のオプションが無く、これになってしまった)
・Microsoft Office Professional 2010
・パーティション分割(あるとOS再インストール時に便利なので)

そしたら合計金額がなんと21万近くに、、、なんだ、高いじゃないか・・・
それか希望スペックが贅沢すぎるのか・・・
Microsoft Office Professional 2010が5万近くするので、それが原因の様な気がしますが、自分にとって「Microsoft Access」は必須なので、それが同梱されている「Microsoft Office Professional 2010」は外せません。

当面は新しいPCを買えそうに無いので、もう暫く我慢しようと思います。

作ってみる?リゾート島 1千万シルバー貯まった

「作ってみる?リゾート島」に最近飽きてきてゴールドを貯める為にログインはするが、何も買わず暫く放置状態が続いた結果、シルバーが1千万を超えてしましまいました。
1千万シルバー超過
ちなみに1千万シルバー超えたら何かイベントが発生すると思いきや、何も起きませんでした。。。

my-hobby : 作ってみる?リゾート島 お金稼ぎ作戦でお金を貯め過ぎたのが原因の様な気が・・・
基本的に建物は島の大きさで建てられる数に限度があるので、このお金を消費すする為には海洋生物や乗り物を買うしか方法は無いです。
しかし現在のレベルで購入できる最も高価な海洋生物は73600シルバーのイルカlv3です。
100匹買っても736万シルバー。。。しかも既に自分の島付近の海はイルカで溢れかえっている為、購入したくないです。
イルカの大群
それに1度に100匹買えればいいですが、1回1回操作するのは面倒くさい。。。

そろそろ潮時か・・・
お金が増えすぎて止めるなんてなんて贅沢な、と思いますが、このお金(シルバー)を使うのが面倒くさくなってきました。
このままシルバーを貯め続けたらどうなるんだろう?
1億シルバー貯まったら、100ゴールドくらいに交換して欲しいものです。。。

スシローとかっぱ寿司どっちが美味しいか?

我が家はたまに回転寿司に行くのですが、家の近くにはスシローかっぱ寿司があります。
スシローもウマイがかっぱ寿司もウマイ。

そこで両者の違いを比べてみました。
スシローはネタの質が全体的にかっぱ寿司に比べて良い感じがします。
特にネギトロやサーモンがかっぱ寿司よりウマイです。
ただし「いなり」が無いのが残念です。スシローは元は関西の回転寿司屋ですが、関西では「いなり」は食べないのでしょうか?
あとデザートの種類がイマイチ。

かっぱ寿司は個人的ダントツ一押しネタの「サラダ軍艦」があるので、一人で行くならかっぱ寿司に行きます。
サラダ軍艦だけで、3~4皿食べます。
あと、から揚げなどの揚げ物ネタも多く流れています。
あとデザートの種類も豊富なので、最後のシメのデザートまで楽しめます。

と、こんな感じなので、フツーの寿司を美味しく食べたいならスシローがオススメです。
ただ、サラダ軍艦、から揚げ、デザートが大好き、など本来の寿司ネタ以外のものを求めるならかっぱ寿司がオススメといえます。

ちなみに、ウチの奥さんはフツーの寿司が好きなので、「スシロー」がいいと言います。

富津岬に行ってきました

お盆の時期、東名高速や中央高速は渋滞がひどい時には30~40Kmになる場合があり、日帰りで遊びに行く気にはなれません。
そこで、通行料が800円になったアクアラインを使って、千葉県の富津岬に行ってきました。
アクアラインなら渋滞しても数キロなので、子供がグズる心配も無く安心です。

富津岬に一番近い高速道路のインターは「木更津南IC」ですが、アクアライン(東京方面)から行くと木更津JCTを経由して、U字を描くように走る為、遠回りで高速料金も無駄に払う様な気がしたので、「木更津金田IC」で高速を下りて、一般道で富津岬を目指しました。
車で走る事約30分、ようやく富津岬に到着しました。

近くには無料駐車場もあり、海水浴客やバーベキュー客の車で賑わっていました。
早速車から降りると、そこには巨大な建造物が・・・
明治百年記念展望塔

明治百年記念展望塔という建造物だそうです。
ここに登ったら東京湾が一望できるぞ!

ちょっと無駄に大きな作りの様な気がしますが、それはさておき、近くの砂浜で遊ぶ奥さんと子供を残し、階段を登りました。
マンションの高さで言えば7~8階くらいの高さでしょうか、ようやく頂上に着くと、予想通り東京湾が一望できました。
しかも風が強くて気持ちい・・・
早速東京湾を撮影と思いきや、残念な事に空気が濁っていて、東京湾が綺麗に取れませんでした。
とりあえず、内陸部を一枚。
富津岬
こう見ると、富津岬ってかなり出っ張ってるのが分かります。

とりあえず、一通り写真を撮り終えて下で待っていた奥さんと合流。
さぁ次は何をしようか?・・・といっても周りには砂浜しか無い・・・店も無い・・・

結局やる事が無くなってしまったので、1時間も経たずに富津岬を後にしました。。。
もう少し遊べる施設を作って欲しいと思いました。

時間が余ってしまったので、帰りに富津岬の近くにあるJASCOとカインズホームに寄ってから帰りました。
そこで意外な発見が・・・
カインズホームので売っている日用雑貨がどれも激安なのです。しかも店内が広くて空いてる。
薬も安く、あれこれ1万円近く買ってしまいましたが、都内で買うよりも断然おトクでした。
往復の高速代とガソリン代を含めても、ここまで買いに来た方がおトクな感じでした。
しかもプチ旅行気分も味わえる特典付きです。

富津岬には満足出来ませんでしたが、カインズホームで満足し、来た道を通って家に帰りました。
アクアライン800円効果を実感した日でした。
これからもアクアラインを有効活用していきたいと思います。

夏の鎌倉・稲村ガ崎

ここ最近急激に暑くなってきたので、2歳のチビに水遊びでもさせてあげようと、鎌倉・稲村ガ崎に行きました。
夏の鎌倉付近は車が渋滞しそうだったので、電車で行きました。

気合を入れて午前中から出かけて10時過ぎくらいに鎌倉駅に着きました。
鎌倉駅は午前中だというのにたくさんの人で賑わっていて、ベビーカーを押しながら歩くのは結構しんどかったです。

しかも江ノ電は車内が狭いので、ベビーカーをたたんでも結構窮屈な感じでした。
稲村ガ崎に到着し、早速海岸へ・・・
稲村ガ崎駅

しかしせっかくここまで来たのに、海に入ろうとしないので、自分はカメラを取り出し江ノ島を背景に写真を撮影。
江ノ島

思えば最近遠出もしておらず、久しぶりに撮った風景写真でした。
雲が江ノ島に向かって縦に流れていたので、ファインダーに雲を多めに取り入れて、パースペクティブ感を出してみました。

その後鎌倉駅に戻って、小町通りをブラブラ散策しました。
途中猛暑に頭がクラクラして、結局13時くらいに鎌倉を後にしました。
本当は鎌倉の寺院も周って写真をたくさん撮りたかったのですが、この猛暑でベビーカーを担いで石段を登る気力も無く、帰りの電車も3人そろって居眠り。
子供が大きくなる前にもっと体力を付けねば、と痛感しました。。。