クラウドサービス「IaaS」の各社料金形態・サービス内容を比較してみた

以前からクラウドコンピューティングがIT業界の中で注目されています。
最近はさまざまな企業が同様のサービスを提供しており、たくさんの企業が提供しているなら競合して料金も安くなるはず、、、自分が展開しているWebサイト「zipnavi」もそろそろクラウドに移行しようか?
zipnaviの場合、年賀状シーズンなどハガキを書く需要が多い時期に、アクセス数が増加する傾向が分かっています。
そこで、時期に応じてサーバのスペックを変えられるようなクラウドサービスが無いかを調べてみました。
※最低でも月単位に契約形態が変えられるようなサービスが必要と考えました。

そんな事を考えて、今どきのクラウドサービス「Iaas型」の料金形態、サービス内容を調べてみました。
※Iaas型の詳細については、クラウドコンピューティング – Wikipediaを参照して下さい。

なお、下記の調査結果は2010/8/15時点のものです。

Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2)
・初期費用:0円

月額料金(※1)
7,334円
176,256 円

※1:US Eastの月額ノード単価(85円/$、30日/月で計算)
【個人的な感想】メンバーのもじゃもじゃさんも過去に記事を書いており、その影響で自分自身のなかでは最もメジャーなサービスです。
細かなプランがあるようで、ぱっと見た感じは解りませんでした。とりあえず今回は料金だけ書きました。
1時間単位に課金される仕組みの為、時間限定(昼だけ営業みたいなサービスを提供するような場合にはコスト減になると思いました。
あと初期費用0円がスゴイ!クラウドを体験してみたいっていう人は、まずこちらのサービスを利用するのがいいですね。
EC2に関する詳細な記事はAmazon EC2 : flashcast : フリーで働くITエンジニア集団のブログで確認できます。

クラウドならニフティのパブリック型クラウドコンピューティングサービス
・初期費用:0円

月額料金 CPU メモリ ディスク容量
7,875円 1GHz 512MB 30GB
91,927.5円 4vCPU(3GHz) 16GB 30GB

詳細はクラウド料金プラン | クラウドならニフティのパブリック型クラウドサービスで確認できます。
【個人的な感想】時間単位での課金や、月額料金などAmazon EC2とかなり似ています。ただし説明が日本語で書いてあり、しかも解り易いので、「Amazon EC2とどちらにするか?」と言われたら、自分は「ニフティクラウド」を選ぶと思います。

アイル「True CLOUD」CDN対応IaaS型パブリッククラウド
・初期費用:21,000円

月額料金 CPU メモリ ディスク容量 データ転送量
2,940円 0.6GHz 375MB 10GB 250GB
40,425円 10.8GHz 6750MB 180GB 4500GB

詳細はプラン詳細 – アイル「True CLOUD」CDN対応IaaS型パブリッククラウドで確認できます。
【個人的な感想】
各料金に対するスペックが一覧で見れるので、素人でも解りやすいプランだと思いました。
しかも最小スペックの料金が安い。
時期によってサーバの負荷が極端に変わる様なWebサービスを展開している場合は、無駄なコストが削減できていいと思いました。
例えば、夏季はアクセス数が伸びるけど、冬季はアクセス数がほとんど無い様なサービスであれば、冬季は最小スペックで運用する事が出来ます。
ただし、データ転送量の規定があるのが難点。大容量のデータをやりとるする様なWebサービスには向いてないと思いました。

クラウドホスティングはファーストサーバ|仮想専用サーバ(複数台構成サーバ)
・初期費用:52,500円

月額料金 CPU メモリ ディスク容量
26,565円 2.00GHz(※2) 1GB 40GB
148,365円 8.00GHz(※2) 16GB 200GB

詳細はプラン料金・仕様|クラウドホスティングはファーストサーバ|仮想専用サーバ(複数台構成サーバ)で確認できます。
※2:ベンチマークでは、CPUがIntel Xeon(2.00GHz)の2倍の性能が出た、記載されていました。

【個人的な感想】
アイルに比べて月額料金が高いイメージがあります。
ただデータ転送量の記載が無かったので、仮に無制限だとしたらデータ転送量が多いサービスを提供している場合は、ファーストサーバを利用した方が良いと思いました。

専用サーバーはスカイアーチネットワークス

初期費用 月額料金 CPU数 メモリ ディスク容量
96,600円 44,100円 0.5(※3) 512MB 30GB
315,000円 103,950円 4(※3) 8GB 1,000GB

詳細は料金表 | フルマネージド・ホスティングで確認できます。
※3:CPUは「クアッドコアXeon」と書かれていましたが、詳しいスペックは公表されていませんでした。
【個人的な感想】
初期費用も月額料金も高い。その代わりカスタマイズ度は他のクラウドサービスに比べて高いです。
初期費用が高い理由も分かります。※下記HPより抜粋

アプリケーションやディレクトリ構成、ディスク容量の割り当て等に至るまで、お客様のご要望に応じてサーバーの設定を行います。

複雑なアプリケーション構成を組んでいるシステムであれば、こちらのサービスがお薦めなのかもしれません。

とりあえず5社ほど調べてみましたが、各社さまざまなサービス形態があり、一概にこれがお薦めと言えるものは無く、利用用途に応じて選ぶのがよいと思いました。
あと、共有レンタルサーバに比べると値段はまだまだ割高な感じがしました。
しかしサーバ移転せずとも、簡単にサーバスペックの変更が出来るという点がクラウドの魅力の一つなので、これに付加価値を見出せる人ならお薦めなのかも知れません。

結局今回調べた限りでは、自分にとってクラウドコンピューティングはまだまだ敷居の高いサービスだと感じました。
今後は値段的にも共有サーバに代わる、クラウドサービスが出てきてくれる事を望みます。

カテゴリー: Cloud Computing, flashcast パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です