Canon EOS60D を触ってきた

キヤノン:EOS 60Dがいよいよ発売されました。

早速家電量販店に足を運び、実際にCanon EOS60Dを触ってきました。

◆フォーカス
EOS50Dと同じく9点クロスセンサーなので、あまり新鮮な感じはしませんでした。
オートフォーカスのスピードも特に良くなったという印象はありませんでした。
これは今までと同じって感じですね。

◆ シャッター音
これはEOS50Dに比べて劇的に良くなりました。EOS40D、EOS50Dはシャッター音が軽い感じでしたが、EOS60Dはシャッター音に重みが加わった感じで、シャッターボタンを押している右手人差し指にシャッターの振動が強く感じられます。
いかにも写真を撮ってるぞ、っていう感覚に浸れます。
個人的にはEOS7Dよりも好きな感じでした。
ただ、調子に乗って勢い良くシャッターを切ってしまうと、スロースピードでの撮影では手振れがおきそうな感じなので、そこは注意が必要だと思いました。

◆連写撮影
EOS50Dに比べると、連写速度が落ちましたが、実際に撮影した体感的にはそんなに遅くなったという印象はありませんでした。

◆操作性
EOS50Dと大きく変わりました。
背面のマルチコントローラの位置が移動し、サブ電子ダイヤルの位置に集約されました。
また、画面ビューの下に並んでいた5つのメニューボタン(再生、消去・・・)が、画面右側に移動してました。
どちらかというと背面のボタン配置がEOSkissシリーズに近くなったという印象を受けました。
買い替えの人は最初は操作に違和感がありそうですが、新規でEOS60Dを買う人は、従来の機種よりこちらの方が操作性が良いかも知れません。

◆露出補正
±5段まで可能というのが驚き!
今までの±2段から大きな進化です。
これはEOS7Dの仕様を一部踏襲したようです。

◆その他
パンフレットを家に持ち帰って詳しく見たら、EOS60DはEOS50Dとかの旧型に比べて、カメラ本体でいわゆる現像処理の機能(EOS60Dではアートフィルターという機能らしいです)がかなり充実していました。
今までの感覚ではRAWで撮った画像ファイルを、パソコンにインストールした現像ソフトを使って現像処理するというのが一般的でしたが、カメラ本体である程度の現像処理が出来てしまうのがすごいと思いました。
その点ではより初心者向きになったと言えると思います。

今回、実際にEOS60Dを触って、パンフレットも見た感じだと、機能的にはEOS50Dの後継機というよりかは、 EOSkissX4の上位機種という印象を受けました。
ハード面のスペックアップというよりかはマルチメディア系の進化が際立った感じを受けました。

ただシャーシやペンタプリズムなどの作りはEOSxxD系をきちんと継承しているので、 EOSkissシリーズとは一線を画しているのは間違いないと思います。
たぶんEOSkissX4よりはもうちょっといい機種が欲しいという人をターゲットにしてるような気がしました。
自分はEOS40Dを持っていますが、APS-Cサイズの後継機を買うならばEOS60Dではなく、 EOS7Dを買うと思います。

カテゴリー: デジタル一眼カメラ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です