明るいLEDハンディライト「ジェントスドミネータDC-105F」を買った

今までアウトドア用と、家での非常用(停電時用)のライトとして使っていた「CMG REACTOR」の調子が悪くなってしまった(点いたり点かなかったり)ので、新たにハンディライトを買いました。
今まで使っていたハンディライトは結構古く、初期のLED型ハンディライトで、しかもオキシライド電池を使用していた為、液漏れを起こし、接触不良が起きて点灯が安定しませんでした。
今ではオキシライド電池の扱いは注意が必要と知っているのですが、オキシライド電池が発売された当初は何も知らずに使ってしまってました。。。
とりあえず、インターネットで色々調べていたら、ジェントスドミネータDC-105Fを見つけました。

単三アルカリ電池2個で160ルーメンの明るさなら充分だと思い、コレに決めました。
ジェントスDC105F

しかも想定していたよりも値段がかなり安い。今まで使っていたハンディライトは、当時5000円以上はしたと思います。LED初期でしたが当時はかなり明るい印象を受けました。
今回は送料込みで3000円ほどで買えました。

数日後商品が届いて、試しに点灯してみると、かなり明るい。
以前アウトドアショップで80ルーメンのハンディライトを試しに点灯させてもらったらかなり明るかったので、160ルーメンはかなり強力です。
※最大照射距離は152メートルだそうです。
DF105F明るさ比較
※上の明かりが今まで使っていたライトで、下が今回購入した「ジェントスドミネータDC-105F」です。

こんなのを人に向けて照射したら目が眩んでしまいそうなのですが、明るさの度合いを10~100%に無段階調整出来る機能も備わっているので、場面に応じて使い分けが出来そうです。
家の中では100%で使う事は無いと思いますが、キャンプに行ったら100%で照射してみたいと思いました。

【関連記事】
LEDライトや懐中電灯をランタンとして使ってみる

カテゴリー: アウトドア パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です