家庭用たこ焼き器でたこ焼きを作った

我が家にはたこ焼き器があり、晩御飯にたこ焼きを食べます。
しかもガスで焼く本格派!

アウトドアでもたこ焼きが食べれるのと、露店の味に少しでも近づけたいという理由から、ガスで焼くたこ焼き器を購入しました。
iwatani たこ焼器 CB-JRTK
しかし我が家のたこ焼きは普通のたこ焼きとはちょっと違い、たこの変わりにウィンナーを使います。
自分も奥さんもあまりたこが好きでないのと、2歳の長男も美味しく食べれるようウィンナーにしています。
それ以外にも普通のたこ焼きでは入れないものを入れます。
今回入れた具はこんな感じです。
・ウィンナー
・桜海老
・薄切り餅
・天カス
・ネギ
・チーズ
・フライドオニオン

作り方は市販のたこ焼粉を買って、鶏卵1個と水を加えて混ぜます。
粉と水の量は毎回適当です。
よくかき混ぜて、おたまですくった感じのとろみ具合で決めます。

たこ焼き器に火を入れ、油を敷いて熱くなってきたら、たこ焼きの器の半分ほどまで汁を入れて、その後に具を入れます。
フライドオニオンは賞味期限が切れそうだったので、とりあえず入れてみました。
また、2歳の長男に餅は危険なので、一部のたこ焼きは餅抜きで作りました。

具が全て入れ終わったら、汁をたこ焼き器からこぼれる寸前まで入れて、たこ焼き器全体を汁で満たします。
火が通ってきたら、たこ焼きをクルクル回して、たこ焼きの外側をこんがり焼き上げます。

出来上がりはこんな感じ
たこ焼き

なかなか本格的で、作る方も楽しめます。
家族みんな美味しそうに食べてくれます。

カテゴリー: グルメ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です