ホームベーカリー(SD-BM103)でパンを焼いてます

我が家は朝食にパンを食べます。
そこで自家製のパンを食べたいと思い、1斤タイプ ホームベーカリー SD-BM103 商品概要 | ホームベーカリー | Panasonicを買いました。
ホームベーカリー

作り方はとても簡単で、食パンを作る場合、小麦粉(強力粉)と水、塩、砂糖、スキムミルク、バター、ドライイーストがあれば出来ます。
しかも最近のホームベーカリーはよく出来ていて、これらの具財を同じタイミングで入れて電源を入れれば、後は全て自動でホームベーカリーがパンを焼き上げてくれるというスグレモノです。
ドライイーストは、小麦粉類とは別の容器に入れるのですが、ホームベーカリーが適度なタイミングで混ぜてくれるので、とても便利です。

もちろんタイマー機能もあるので、夜寝る前に具財をセットして、朝7時にパンが焼きあがるように設定しておくと、焼きたてのパンを朝食に味わえます。
で、焼きあがったパンはこんな感じ。なかなかウマそうです。
焼きたてパン
※手前に置いてある「フリスク」は大きさの比較用です。。。

取扱説明書に同梱されているレシピに書いてある「ソフト食パン」の配合で作っていますが、食感は、最近スーパーなどで売られている、ふんわり柔らかな感じではなく、どっしりとした感じの食感で、食べ応え抜群です。
味は、食パンだけで食べてもしっかり味がしてとても美味しいです。
食パンの味と言われてもいまいちイメージが沸きませんが、美味しいご飯は、ご飯だけで食べても味がするのと同じ様な感じで、食パンだけで食べても口の中に味が広がる感じです。

個人的に食感は市販の食パンの方が好みですが、味はホームベーカリーで作った食パンの方が格段に美味しい印象を受けました。

買った当初はウチの奥さんが作っていましたが、最近は自分が作る機会が多くなったので、レシピ以外の具財も入れて色々と味の変化を試してます。
例えば、コーヒー用のクリープを入れたり、など。
クリープをパンの具財に入れると、パン全体の甘みが増しますが、ウチの奥さんは「味が気持ち悪い」と言って嫌がっていたので、たぶん次は作らないと思います。
ちなみに、バターを大量に入れると、パンのミミが固くなって、あまり美味しく無かったです。

今後は、生クリームやインスタントコーヒーの豆などを入れてみたいと思います。

カテゴリー: グルメ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です