XPからWindows7 64bit版への移行作業メール編

Windows XPでOutlook Expressを使用していて、Windows7では「Windows Liveメール」を使用することにしました。
その際XPで使用していたメールはWindows 転送ツール – Windows 7 の機能 – Microsoft Windowsを使用することで簡単に「Windows Liveメール」に移行できるという事なので、早速その方法でメールの移行を行いました。

まず、古いXPのパソコンで上記のサイトからソフトをダウンロードし、実行します。
画面の指示に従って操作を進めていくと、XPで登録していたユーザー情報一式をバックアップしてくれます。

バックアップは個人のPCの環境にもよりますが、自分のパソコンは1時間以上かかりました。
バックアップが終わると、「Windows 転送ツール – 今までのコンピューターの項目」という名前のファイルが出来るので、このファイルを新しいパソコンの任意のフォルダにコピーします。

次にWindows7上のパソコンから「Windows Liveメール」を起動すると、アカウントの設定画面が表示されたので、後で設定すればいいや、と思い、とりあえず終了してしまったところ、「Windows 転送ツール」でバックアップした情報からメール情報をインポート出来なくなってしまいました。
そういえば、「Windows 転送ツール」で取得したバックアップから「Windows Liveメール」にインポートするチャンスは一度きり、とどこかのサイトで書いてありましたが、まさかアカウント追加の過程でインポートが出来たのでしょうか・・・

これは大失敗!

とりあえず、「Windows 転送ツール」で取得したバックアップはあきらめて、再度WindowsXPのOutlook Expressを起動し、「ツール」→「オプション」で下記の画面を開き、保存フォルダをクリックして、メールの保存先のパスを確認して、そこのパスにあるファイルを全てWindows7の環境にコピーしました。
オプション

その後「Windows Liveメール」からインポートを実行して、メールファイルを手動でインポートしました。

これで何とかメールの移行が完了しました。

カテゴリー: パソコン パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です