タムロンから18-270mm DiII VC PZD(B008)が発売されました

タムロンから新しいズームレンズ18-270mm DiII VC PZD(B008)が発売されました。
自分はコレの一つ前の型のレンズである、TAMRON 18mm-270mm (B003)のレンズを使用しているので、これの後継版となればやはり気になります。

主な変更点は、PZD(定在波型超音波モーター)が追加された事で、「スムーズなピント合わせが可能」との事です。

確かに今使っている「B003」レンズはオートフォーカスが遅いです。
シャッターボタンを半押しして、フォーカスを合わせようとすると、フォーカスリングが「ウィーーン」と回る音がして、CanonのUSM搭載レンズに比べると、格段に遅さを感じます。
CanonのUSM搭載レンズはフォーカスリングが「シュ」と回る音がするので、撮影をする際のもたつき感がありません。
Canon EF50mm F1.4 USM使用時の感想です。

では今度発売された18-270mm DiII VC PZD(B008)はオートフォーカスがどれくらい速いのでしょうか?

ちなみに、手振れ補正の機能は個人的にはCanonのISより上をいっているので、オートフォーカスも速いとなれば、Canonからしてみればかなりの脅威ではないでしょうか?
Canon EF-S18-200mm F3.5-5.6 ISのライバルになりそうです。
またフィルター径も72mmから62mmと小型化し、重量も550gから450gと軽くなり、非常に持ち運びが便利になります。
女性も扱いやすそうな感じです。

しかも焦点距離も18mm-270mmをカバーしているので、1本のレンズで済ませたいと思うユーザーからしてみれば、まさにうってつけのレンズと言えます。

ホームページの説明だけ見ても実際の速さは分からないので、店頭で見かけたら早速試し撮りをしてこようと思います。

Windows7 SP1をDELL XPS15にダウンロードして適用してみた

2月23日よりMicrosoftからWindows7 SP1の提供が開始されました。
詳しくはMicrosoft Windows 7: Windows 7 Service Pack 1で確認できます。

早速、先月購入したDell XPS 15にも、Windows7 SP1を適用してみました。
Windows7の自動更新機能を有効にしておくと、勝手にSP1が適用されるそうですが、自分のPCは自動更新機能を無効にしているので、手動で行いました。
ダウンロードは下記のサイトより行いました。
ダウンロードの詳細 : Windows 7 および Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 (KB976932)

このサイトにアクセスし画面が表示されたら「続行」をクリック。
次の画面で「Windows Genuine Advantage プラグインのインストール」を求められたので、先ずはこれをインストール。
インストール後に、再び「続行」をクリックしても、また「Windows Genuine Advantage プラグインのインストール」を求められたので、パソコンを再起動して、再度「続行」をクリックしたら、今度は「正規 Windows の確認」画面が表示されました。

その画面で更に「確認ツール」をインストールして、実行した結果得られた「確認コード」をブラウザ上に入力して「確認」をクリックすると、ようやくダウンロードページにアクセスすることが出来ました。

自分のPCは64ビット版なので、「windows6.1-KB976932-X64.exe」をダウンロード。

後はダウンロードしたexeファイルを実行して、1時間ほど待ちましたが、「dellステージ」というソフトが起動中だったのが原因かは分かりませんが、途中で失敗して、復旧作業に1時間かかり、その日は失敗に終わりました。
次の日、すべてのソフトを終了して、再度Windows7 SP1をインストールしたら今度は成功。

ようやくWindows7 SP1が適用されました。

3月は新作カメラ、レンズの発売ラッシュです

2月も後半になり、寒さも若干和らいできたので、休みの日は郊外にロケ(写真撮影)にでも行きたくなります。
また、4月は桜が咲く季節、入学、入園などのイベントもあり、カメラが活躍する時期でもあります。
そんなユーザーを狙ってか、3月は新作カメラ、新作レンズの発売ラッシュです。

CanonからはEOS Kiss X5、EOS Kiss X50が発売され、更には下記のレンズが発売となります。
EF LENS|EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS II
EF LENS|EF500mm F4L IS II USM
EF LENS|EF600mm F4L IS II USM
またタムロンからは、昨年12月ですがタムロン18-270mm DiII VC PZD(B008)が発売されています。
タムロンのレンズは個人的にも興味があるので、個別に記事を書きたいと思います。

こんなにたくさん発売されると、自分もレンズを1本買ってしまおうか、という気分になってしまいますが、毎月の小遣いで買える金額ではないので、これらのカメラやレンズが店頭に並び始めたら、試し撮りでもしてこようと思います。

Dell XPS15でWASABI PZ310が利用できない

昨年の秋に出産祝いで仕事先の友人からもらったデルのアクセサリ : Wasabiフォトプリンタ | Dell 日本が、こないだ購入したDell XPS15で利用できませんでした。
もちろんXPS15にはBluetoothオプションを付けたので、Bluetooth通信が出来るはずなのですが、何度やっても下記の様な画面で停止したまま、ファイル転送をしてくれません。

ファイル転送
この状態が数十秒間続き、その後タイムアウトになります。

試にLenovoのパソコンを起動して、Bluetooth通信で印刷したら正常に印刷できました。
なので、wasabiのバッテリー切れなどが原因ではありません。

同じDell社製なのに、なんてこった。。。
前に使ってたLenevoのパソコンでは使えたのに・・・

せっかくもらったのにこれでは使えません。
なんか方法を探したいと思います。

新三郷のトーマスタウンに行ってきました

2歳の長男が最近は機関車トーマスが大好きで、トーマスグッズを見つけると、それを欲しがる素振りを見せます。
そこまでトーマスにハマッているなら、実物大に近いトーマスを見せてやろうと、新三郷にあるトーマスタウン 新三郷に行ってきました。

土日は混雑が予想されたので、平日休みを使ってトーマスタウンに行ってきました。
ここはトーマスタウン以外にも、ららぽーと新三郷コストコIKEAなどの大型ショッピング施設が1箇所に集まっていて、トーマスタウン以外にも色々見たかったので、早めに出発して10時過ぎには新三郷に到着しました。

先ずは今日の目的でもあるトーマスタウンへ行きました。
ココは入園料は無料で、アトラクションを利用する際には「トーマスコイン」なるものを購入して、そのコインを払うとアトラクションが利用できるというシステムになっているようです。

とりあえず園内に入ると、中はとても空いていて、人がまばらでした。
正面にはトーマスとジェームス、パーシーの大きな模型がありました。
それぞれの機関車は煙突から煙を吐いていて、目もクルクル回っていて、テレビの中のキャラクターがそのまま目の前にいるって感じでした。
トーマスと仲間たち

ウチの長男は大喜びするかと思いきや、でかいトーマスを前におろおろして、近くに寄ろうとしません。。。
子供心は複雑なのでしょうか?
とりあえず、無理矢理トーマスの前で記念撮影をして、その後「ミステリーツアー」のアトラクションを予約しました。
時間になって車掌の服を着て、いざアトラクションへ・・・
が、ここでも長男は楽しそうな素振りを見せず、更には途中で泣き出す始末。。。
やっぱ2歳児にはちょっと難しかったのでしょうか?
泣き出す長男

その後、トーマスの客車にも乗りましたが、そこでも泣きそうなのを堪えて乗っていました。
トーマス

結局、1時間半くらいでトーマスタウンを後にして、午後はららぽーと、コストコ、IKEAでショッピングを楽しみました。
うちらはIKEAで買い物が出来たので、楽しい1日でしたが、長男にとっては試練の1日だった感じでした。

EOS KissX5とEOS KissX50が発売になるようです

Canonより、2011年3月にEOS KissX5とEOS KissX50の発売が告知されていました。
EOS KissX4が発売されて1年足らずで、もうX5が出るとは・・・
EOS KissXシリーズは入れ替わりが激しいですね。
ただX50というも新たにラインナップに加わっており、どの様なカメラかが気になります。
キヤノン:EOS Kiss X50|概要を見ると一部の機種は「受注生産」と書かれているので、何か特殊な機能を備えたカメラなのでしょうか?

気になったので、早速それぞれのスペックを比較してみました。

現行モデルのEOS KissX4とEOS KissX5の比較
キヤノン:デジタル一眼レフカメラ|製品比較表を見ると、画素数も同じで、特に大きなスペックアップは見受けられませんでした。
ただ、液晶画面がバリアングル対応になった事と、表現セレクト機能などが付加されているので、EOS KissX4にEOS60Dの機能が一部追加された様な感じだと思いました。

バリアングル化を望んでいたキャノンユーザーにとっては、朗報なのかも知れません。
ただ個人的に、デジタル一眼レフカメラはボディ自体が重いので、右手でボディ、左手でレンズ、そして顔をファインダーに当てて、両腕の脇をしめて、3点でガッチリ固定して撮影するイメージなので、バリアングル化はどちらかと言うと否定派です。
もちろんバリアングル化する事で、足元、又は自分の身長よりも高い視点からの撮影が可能となりますが、コンパクトデジカメと同じ様な持ち方になってしまうので、撮影時にブレてしまいそうな気がします。
どちらかというと、動画撮影時にバリアングルが威力を発揮するのかも知れません。
自分はデジタル一眼レフで動画撮影はしないので、EOS KissX4と比較すると、EOS KissX5は特に魅力を感じません。
仮に自分がどちらかのカメラを買うとして、EOS KissX4の方がEOS KissX5より1万円安いと言われたら、迷わずEOS KissX4を買うでしょう。

EOS KissX5とEOS KissX50の比較
キヤノン:デジタル一眼レフカメラ|製品比較表を見ると、ほぼ全ての項目でEOS KissX5に劣っています。
画素数もEOS Kiss X3より少なく、何より「セルフクリーニングセンサーユニット」が無いのが致命的な感じを受けます。
「セルフクリーニングセンサーユニット」が無いと、レンズ交換時などにセンサーに付いたほこりを自動で除去できず、自分でカメラをクリーニングしなければならなくなります。
このカメラを買うユーザーはレンズ交換をほとんどしない、という想定なのでしょうか?

ただボディの重量が軽く、カラーバリエーションも豊富なので、最近他社から発売されているマイクロフォーサイズのデジタル一眼レフと対抗する為に作られた機種のような気もします。
しかも「EOS Kiss X50・こだわりスナップキット」はキットレンズにEF50mm F1.8 IIがあるというのも、今までのCanonのキットレンズには無い販売パターンです。
「EF50mm F1.8 II」はコストパフォーマンスも良く、優良なレンズなので、こういうレンズを使ってもらって、新たなCanonユーザーを開拓しようとしているのかも知れません。
※「EF50mm F1.8 II」はEFマウントなので、EOS 5D系の様なフルサイズ一眼レフでも使えるのが魅力です。

個人的にはスペックだけ見ると、全く興味がわかないカメラなので、実物が発売されたら実際に触って、このカメラの魅力を探ってみようと思います。

【関連記事】
my-hobby : キャノンEOS KissX5に触ってきた

冬の新宿御苑

最近まで寒い日が続いていますが、こないだの休日は天気が良く、気温も暖かかったので久しぶりに新宿御苑に行ってきました。
ここは、ペット、自転車、遊具の持ち込みが出来ないので、2歳の子供を自由に散歩させるには最適の場所で、かつ園内もとても綺麗に整備されているので、カメラの撮影にも向いている今の我が家にとってはとても素敵な場所なのです。

前回行ったのは去年の3月くらいで桜がきれいに咲いていましたが、今回は季節がまだ冬なので、写真の撮影的にはあまり期待せずに、子供を遊ばせるのをメインに行ってきました。

入園して園内のパンフレットを見ると、1月の見ごろは「寒桜」「スイセン」などが書いてあり、ちょっと期待を膨らませて「寒桜」「スイセン」が咲いているエリアへと足を運びました。
途中、2歳の長男が勝手に行動し始めた為、売店で買った「ポテロング」で釣りながら目的の場所まで移動しました。

先ずはスイセン
綺麗に咲き誇っていたので、先ずはここで撮影。
手前に葉っぱで出来た垣根があったので、それをボカして遠近感を出しつつ、太陽が当たる向きをカメラの位置から約90度になる様にフレーミングして、スイセンの花自体にも立体感を出し、スイセンの存在感を引き立てるように撮影してみました。
新宿御苑のスイセン

次に寒桜
満開とまではいきませんでしたが、とりあえずここでも撮影。
新宿御苑の寒桜

寒桜の周りには、デジタル一眼レフを持ったオジサン、それとちょっとマニアっぽい女性もいて、みな写真を撮っていました。
人が多かったので、なかなか自由にフレーミングが出来ず、とりあえず綺麗に咲いてそうな花を撮影しました。
去年来た時はオジサンしかいませんでしたが、最近は女性にもカメラ人気があるのでしょうか?

目立って咲いていたのはこの2つだけで、それ以外は特に咲いている花はありませんでした。
やっぱ季節外れだったかな。。。

しかし意外な収穫がありました。
当日は風がほとんど無く、冬で空気が澄んでいたせいか、池の水面に写る新宿の高層ビルがとても綺麗でした。
高層ビル

高層ビルと自然のコラボは新宿 ならではの撮影スポットです。
途中、2歳の長男は奥さんに託し、自分は4ヶ月の次男をベビーカーに乗せて、撮影をしました。
撮影中次男はずっと寝ててくれたので、撮影に集中できました。

1時間半近く撮影しながら歩いて、いい運動になりました。
2歳の長男も満足したようで、今後は桜が咲く春に行きたいと思いました。

Dell XPS15の写真画像

Dell XPS 15ノートパソコンの詳細 | Dell 日本を購入して、デジタル一眼レフEOS-40DとSILKYPIX4.0のセットアップが終了したので、さっそくXPS15の写真を撮ってみました。

XPS15開封時
まずは開封時。必要最低限の紙類が入っています。CD-ROM類のメディアはありません。

XPS15のキーボード
キーボードは、Lenovoのキーボード配列に比べると、若干横に広い感じなので、初めはタッチしずらい感じでしたが、しばらく触っていると慣れます。

XPS15右サイド
オーディオコネクタとSATA兼用のUSB3.0コネクタがあります。

XPS15後方1
左側から、ミニDisplayPortコネクタ、HDMIコネクタ、ネットワークコネクタがあります。

XPS15後方2
左側から、ACアダプタ、USB3.0コネクタがあります。一番左側にある黒く丸いものは、オプションで外部アンテナを選択すると、ココに装着されるようです。

XPS15左サイド
USB3.0コネクタがあります。本体の3方向にUSBコネクタがあるので、使い勝手が良いです。

xps15裏側
裏側にもJBLのスピーカーが搭載されています。

全体的に見てみるとこんな感じです。

Windows7 64bit版でEOS-40とSILKYPIX4.0をセットアップする

Dell XPS 15ノートパソコンを購入して、今まで使っていたWindowsXP32bit版からWindows7 64bit版へのソフトウェアの移行を行う事にしました。

1.デジタル一眼レフ「EOS-40D」の64bit版対応
キヤノン:ダウンロード|EOS 40D:Windows 7 (64bit版):ソフトウエアを選ぶから、Windows7 64bit対応のソフトをXPS15にダウンロードして、インストールしました。
なお、インストール時はデジタル一眼レフ購入時に付属していた下記のCD-ROMが必要になります。
– EOS DIGITAL Solution Disk
– DIGITAL CAMERA Solution Disk v2
下記のCD-ROMからソフトウェアのインストールは行いませんが、上記のページからダウンロードしたソフトをインストールする際に、ディスクをドライブにセットする必要があります。
とりあえず、下記のソフトのインストールを行いました。
・EOS Utility
・Digital Photo Professional
・ZoomBrowser EX

ちなみに、これらのソフトはインストール時のフォルダが「Program Files(X86)」になっていたので、64bit版といいつつも、実際は32bitのソフトをWOW64で動作させる形式のようです。

2.SILKYPIX Developer Studio 4.0 のインストール
SILKYPIXのサイトで確認すると、Ver.4.0.27以降はWindows7 64bit版での動作確認が出来ているそうなので、とりあえず、購入時のCD-ROMからSILKYPIXをインストールして、その後SILKYPIX Develoepr Studio 4.0 ダウンロードより最新版をダウンロードして、XPS15にインストールしました。
CD-ROMのソフトはバージョンが4.0.18.3で普通にインストールできましたが、念のため最新版にアップデートしました。
アップデート時は下記の画面が表示されますだけで、簡単にアップデートが出来ます。
アップデート
インストール時に「Program Files(X86)」フォルダにインストールされたので、ソフトウェア自体が64bit対応しているのではなく、Windows7が勝手に判断して、32bit用のソフトとしてインストールしたようです。
なので、SILKYPIX Developer Studio 4.0を動作させる時は、WOW64で動作する事になります。

1、2が終わって、とりあえずEOS40Dから画像が正常に取り込めて、かつ画像編集が出来るかテスト。
また過去に編集した画像も再編集可能かテスト。
一通り動かして問題なかったので、デジタル一覧レフ関係のソフトの設定は無事終わりました。

意外と問題なくスムーズに移行が完了しました。