Windows7 64bit版でEOS-40とSILKYPIX4.0をセットアップする

Dell XPS 15ノートパソコンを購入して、今まで使っていたWindowsXP32bit版からWindows7 64bit版へのソフトウェアの移行を行う事にしました。

1.デジタル一眼レフ「EOS-40D」の64bit版対応
キヤノン:ダウンロード|EOS 40D:Windows 7 (64bit版):ソフトウエアを選ぶから、Windows7 64bit対応のソフトをXPS15にダウンロードして、インストールしました。
なお、インストール時はデジタル一眼レフ購入時に付属していた下記のCD-ROMが必要になります。
– EOS DIGITAL Solution Disk
– DIGITAL CAMERA Solution Disk v2
下記のCD-ROMからソフトウェアのインストールは行いませんが、上記のページからダウンロードしたソフトをインストールする際に、ディスクをドライブにセットする必要があります。
とりあえず、下記のソフトのインストールを行いました。
・EOS Utility
・Digital Photo Professional
・ZoomBrowser EX

ちなみに、これらのソフトはインストール時のフォルダが「Program Files(X86)」になっていたので、64bit版といいつつも、実際は32bitのソフトをWOW64で動作させる形式のようです。

2.SILKYPIX Developer Studio 4.0 のインストール
SILKYPIXのサイトで確認すると、Ver.4.0.27以降はWindows7 64bit版での動作確認が出来ているそうなので、とりあえず、購入時のCD-ROMからSILKYPIXをインストールして、その後SILKYPIX Develoepr Studio 4.0 ダウンロードより最新版をダウンロードして、XPS15にインストールしました。
CD-ROMのソフトはバージョンが4.0.18.3で普通にインストールできましたが、念のため最新版にアップデートしました。
アップデート時は下記の画面が表示されますだけで、簡単にアップデートが出来ます。
アップデート
インストール時に「Program Files(X86)」フォルダにインストールされたので、ソフトウェア自体が64bit対応しているのではなく、Windows7が勝手に判断して、32bit用のソフトとしてインストールしたようです。
なので、SILKYPIX Developer Studio 4.0を動作させる時は、WOW64で動作する事になります。

1、2が終わって、とりあえずEOS40Dから画像が正常に取り込めて、かつ画像編集が出来るかテスト。
また過去に編集した画像も再編集可能かテスト。
一通り動かして問題なかったので、デジタル一覧レフ関係のソフトの設定は無事終わりました。

意外と問題なくスムーズに移行が完了しました。

カテゴリー: デジタル一眼カメラ, パソコン, 現像ソフト-SILKYPIX4.0- パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です