EOS KissX5とEOS KissX50が発売になるようです

Canonより、2011年3月にEOS KissX5とEOS KissX50の発売が告知されていました。
EOS KissX4が発売されて1年足らずで、もうX5が出るとは・・・
EOS KissXシリーズは入れ替わりが激しいですね。
ただX50というも新たにラインナップに加わっており、どの様なカメラかが気になります。
キヤノン:EOS Kiss X50|概要を見ると一部の機種は「受注生産」と書かれているので、何か特殊な機能を備えたカメラなのでしょうか?

気になったので、早速それぞれのスペックを比較してみました。

現行モデルのEOS KissX4とEOS KissX5の比較
キヤノン:デジタル一眼レフカメラ|製品比較表を見ると、画素数も同じで、特に大きなスペックアップは見受けられませんでした。
ただ、液晶画面がバリアングル対応になった事と、表現セレクト機能などが付加されているので、EOS KissX4にEOS60Dの機能が一部追加された様な感じだと思いました。

バリアングル化を望んでいたキャノンユーザーにとっては、朗報なのかも知れません。
ただ個人的に、デジタル一眼レフカメラはボディ自体が重いので、右手でボディ、左手でレンズ、そして顔をファインダーに当てて、両腕の脇をしめて、3点でガッチリ固定して撮影するイメージなので、バリアングル化はどちらかと言うと否定派です。
もちろんバリアングル化する事で、足元、又は自分の身長よりも高い視点からの撮影が可能となりますが、コンパクトデジカメと同じ様な持ち方になってしまうので、撮影時にブレてしまいそうな気がします。
どちらかというと、動画撮影時にバリアングルが威力を発揮するのかも知れません。
自分はデジタル一眼レフで動画撮影はしないので、EOS KissX4と比較すると、EOS KissX5は特に魅力を感じません。
仮に自分がどちらかのカメラを買うとして、EOS KissX4の方がEOS KissX5より1万円安いと言われたら、迷わずEOS KissX4を買うでしょう。

EOS KissX5とEOS KissX50の比較
キヤノン:デジタル一眼レフカメラ|製品比較表を見ると、ほぼ全ての項目でEOS KissX5に劣っています。
画素数もEOS Kiss X3より少なく、何より「セルフクリーニングセンサーユニット」が無いのが致命的な感じを受けます。
「セルフクリーニングセンサーユニット」が無いと、レンズ交換時などにセンサーに付いたほこりを自動で除去できず、自分でカメラをクリーニングしなければならなくなります。
このカメラを買うユーザーはレンズ交換をほとんどしない、という想定なのでしょうか?

ただボディの重量が軽く、カラーバリエーションも豊富なので、最近他社から発売されているマイクロフォーサイズのデジタル一眼レフと対抗する為に作られた機種のような気もします。
しかも「EOS Kiss X50・こだわりスナップキット」はキットレンズにEF50mm F1.8 IIがあるというのも、今までのCanonのキットレンズには無い販売パターンです。
「EF50mm F1.8 II」はコストパフォーマンスも良く、優良なレンズなので、こういうレンズを使ってもらって、新たなCanonユーザーを開拓しようとしているのかも知れません。
※「EF50mm F1.8 II」はEFマウントなので、EOS 5D系の様なフルサイズ一眼レフでも使えるのが魅力です。

個人的にはスペックだけ見ると、全く興味がわかないカメラなので、実物が発売されたら実際に触って、このカメラの魅力を探ってみようと思います。

【関連記事】
my-hobby : キャノンEOS KissX5に触ってきた

カテゴリー: デジタル一眼カメラ パーマリンク

EOS KissX5とEOS KissX50が発売になるようです への1件のフィードバック

  1. ピンバック: my-hobby : キャノンEOS KissX5に触ってきた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です