Windows7 SP1をDELL XPS15にダウンロードして適用してみた

2月23日よりMicrosoftからWindows7 SP1の提供が開始されました。
詳しくはMicrosoft Windows 7: Windows 7 Service Pack 1で確認できます。

早速、先月購入したDell XPS 15にも、Windows7 SP1を適用してみました。
Windows7の自動更新機能を有効にしておくと、勝手にSP1が適用されるそうですが、自分のPCは自動更新機能を無効にしているので、手動で行いました。
ダウンロードは下記のサイトより行いました。
ダウンロードの詳細 : Windows 7 および Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 (KB976932)

このサイトにアクセスし画面が表示されたら「続行」をクリック。
次の画面で「Windows Genuine Advantage プラグインのインストール」を求められたので、先ずはこれをインストール。
インストール後に、再び「続行」をクリックしても、また「Windows Genuine Advantage プラグインのインストール」を求められたので、パソコンを再起動して、再度「続行」をクリックしたら、今度は「正規 Windows の確認」画面が表示されました。

その画面で更に「確認ツール」をインストールして、実行した結果得られた「確認コード」をブラウザ上に入力して「確認」をクリックすると、ようやくダウンロードページにアクセスすることが出来ました。

自分のPCは64ビット版なので、「windows6.1-KB976932-X64.exe」をダウンロード。

後はダウンロードしたexeファイルを実行して、1時間ほど待ちましたが、「dellステージ」というソフトが起動中だったのが原因かは分かりませんが、途中で失敗して、復旧作業に1時間かかり、その日は失敗に終わりました。
次の日、すべてのソフトを終了して、再度Windows7 SP1をインストールしたら今度は成功。

ようやくWindows7 SP1が適用されました。

カテゴリー: パソコン パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です