タムロン18-270mm DiII VC PZD(B008)を触ってきた

タムロンから18-270mm DiII VC PZD(B008)が発売されて、こないだ家電量販店に見に行ってきました。
そのレンズはキヤノン:EOS Kiss X4に装着されていたので、早速カメラの電源を入れて、試し撮りしてみました。

まず、レンズを手に持った感じは、TAMRON 18mm-270mm (B003)よりも一回り小さく、軽い印象を受けました。

この大きさで18-270mmの焦点距離をカバーしているとは驚きです。
ズームリングを回した感じも適度にトルクがあって、安っぽさを感じさせません。

次にオートフォーカスの性能ですが、PZD(定在波型超音波モーター)が搭載されたことにより、B003よりはオートフォーカスが速くなっていました。
ただ、CanonのUSMに並ぶほどの速さではなかったです。
※同じ棚に陳列されていたEF24-105mm F4L IS USMと比較した結果の感想です。

ただ、Canonの純正レンズに比べて安価にも関わらず、ここまでの性能が出せたのは、素晴らしい事だと思います。
B003が発売された時も、価格.com – レンズ | 製品情報、価格比較、通販で1位にランクイン、今回のレンズもブレイクする事は間違いないと思います。

ちなみに、本日価格.com – レンズ | 製品情報、価格比較、通販を見たら、2位にランクインしてたので、1位になる日も遠くは無いでしょう。

カテゴリー: デジタル一眼カメラ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です