災害用の緊急避難セットの中身 コンロ・懐中電灯・ラジオ、充電器編

1.携帯コンロ
コールマン|Colemanから発売されている、ホワイトガソリン を使用するタイプのバーナー(コンロ)です。
携帯コンロ1

通常のカセットコンロに比べて形が小さく、持ち運びに便利なのが特徴です。
元々屋外で使う事を想定されて作られているので、多少の風が吹いても消えにくく、頑丈な作りになっています。

また燃料がガスでは無い為、寒冷地などでも使用する事が出来ます。
氷点下での使用は経験がありませんが、気温が0度くらいの場所なら、普通に使えます。
このタイプのバーナーは、付属のジェネレータを交換すれば、通常のガソリンでも使う事が出来ます。

ケース自体を直接火にかけることも出来る為、付属の取っ手を付ければ調理用器具として使う事も出来るので、これ一つあればお湯を沸かしたり、簡単な調理をする事も出来ます。
携帯コンロ2

2.懐中電灯、ラジオ、携帯電話の充電器
以前アウトドア用として購入したジェントスドミネータDC-105Fです。
最大照射距離が152メートルと長いので、遠くを照らすのに便利です。
ジェントスDC105F

ラジオは情報を把握する為に必要です。
最近の携帯はワンセグが見れる機種が多いので、ラジオの代わりとして使えますが、ラジオの方が電池寿命が長いので、長期に渡って使用する場合はラジオも持っておいた方がいいと思います。

携帯電話の充電器は必須アイテムです。

3.燃料
左から固形燃料、Zippoオイル、ホワイトガソリン1L、です。
燃料
固形燃料はバーベキュー用の着火剤で、長時間は使えませんが、すぐに火を起こす事が出来ます。
Zippoオイルは、Zippoライターを使う為の燃料です。
ホワイトガソリンは、コールマンの携帯コンロを使う為の燃料です。

電池は懐中電灯、ラジオ、携帯電話の充電器の予備電池です。
震災後は乾電池が売り切れてなかなか買う事が出来ませんが、20本くらいは予備でストックしておきたいものです。

カテゴリー: アウトドア パーマリンク

災害用の緊急避難セットの中身 コンロ・懐中電灯・ラジオ、充電器編 への2件のフィードバック

  1. ピンバック: my-hobby : 災害用の緊急避難セットの中身 食器・工具編

  2. ピンバック: my-hobby : 災害用の緊急持出袋の中身 衛生用品編

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です