実現は難しいけどEOS5D MarkIIIにあったらいい機能

EOS5D MarkIIIの登場が近づいてきました。
そこで実現は難しいけど、EOS5D MarkIIIにあったらいいなと思う機能を考えてみました。

1.APS-Cモードでの撮影出来る機能
本末転倒な話かも知れませんが、フルサイズのイメージセンサーをあえてAPS-Cサイズに切り替えて撮影する機能です。
APS-Cサイズにすると、焦点距離が1.6倍換算になるので、スイッチ一つでAPS-Cサイズに切替が出来れば、望遠側の撮影が非常に楽になります。
具体的に言うとフルサイズで撮影後、デジタル化された画像情報をAPS-Cサイズにトリミングして保存してしまえば技術的には可能なはずです。
※コンパクトデジカメにある、デジタルズームに近い考え方ですね。。。
エクステンダーを使うと暗くなってしまいますが、これならF値をキープしたまま撮影が可能というメリットもあります。

当然、トリミングから外れた部分の画像は失われるので、有効画素数は約.45倍に減少しますが、仮にフルサイズで2500万画素だった場合、APS-Cサイズにトリミング後は約1125万画素になるので、それでも充分な画素数だと思います。
また、ファインダーから見える景色もAPS-Cサイズにしなければならないという課題が残りますが、予めAPS-Cサイズに仕切りがされたアイカップがあれば、この課題はクリアできそうです。

2.レンズ交換時に自動でフタが閉まる機能
レンズを交換する際に注意するのが、カメラ本体へのホコリの進入です。
基本的には、カメラ本体を下に向けて、ホコリが入りずらい状態にして、レンズを外して、新しいレンズを装着します。
それでもわずかながらホコリは入ってしまいます。

そこでレンズを外す時だけ、カメラ本体のレンズマウント部分に自動でフタが閉まる様な機能があれば、ボディ本体へのホコリの進入はほぼ100%防げます、
こんな機能があったら、野外でもレンズ替え放題です。

ただ、自動で閉まるフタをカメラ本体のどこにしまって置くかや、カメラ本体の重量増加などの問題もあるので、これらの課題をクリアするのは難しいと思います。
またもし故障して、フタが開かなくなったら悲劇なので、そういうリスクを考えると、メーカーはこういう機能をあえて実現するとは思えませんが、あったら重宝する機能です。

EOS5D MarkIIIの登場が近くなるにつれ、色々な事を想像してしまいますが、こういう事を考えている時間も楽しいものです。。。

お台場ランチバイキング

こないだ久しぶりにお台場のアクアシティお台場(AQUA CITY ODAIBA)に買い物に行き、お昼ごはんにランチバイキングを食べました。
震災の影響で、お台場も液状化しているかと思いきや、意外と普通なのに驚きました。

アクアシティでランチバイキングやっている店は3店舗あり、休日の12時くらいに行ったのでどの店も混んでるだろうと思いきや、思ったよりも人が少なくて驚きました。
お台場といえば外国人観光客が多いですが、原発の影響もあるのか、外国人観光客はほとんど見かけませんでした。

3店舗あるうちフジテレビキッズカフェ ママトコという店は、店内にキッズコーナーがあって、子供を遊ばせている間に、親はゆっくりバイキングを堪能出来るシステムになってて、非常に魅力的でしたが、40分待ちで混んでたのと、0歳から料金が発生するのを理由に諦めました。
0歳でも280円かかります。メニューには離乳食も無いので、入場料で280円かかる感じです。
ママトコの料金体系(休日ランチ)2011年5月22日現在
大人:1,780円
小学生:1,080円
4~6歳:880円
2~3歳:740円
0~1歳:280円

ママトコの隣の店にあったTHE OVEN アクアシティお台場店という店はすぐに入れたので、この店に入りました。
THE OVENの料金体系(休日ランチ)2011年5月22日現在
大 人 :1,680円
小学生 :1,480円
幼 児 : 800円
3才以下: 300円

席に案内される際に、この店の自慢料理は「ロテサリーチキン」です、と店員が言ってたので食べてみたら、かなり美味しい。
1000円台のランチバイキングでこの味は、コストパフォーマンスがいいと思いました。

それ以外はフライドポテトやから揚げ、パスタやピザなど、ランチバイキングには定番の料理が並んでいました。

残念だったのは、デザートの数が少なかった事です。
ソフトクリームとゼリーと、ランチバイキング店によくあるミニケーキのみで、もう少しオリジナルのデザートメニューもあるとより満足度が高かったです。

お台場のランチバイキングは過去に、サンセットビーチ ブルーイングカンパニー デックス東京ビーチにも行った事がありますが、個人的にはTHE OVENの方が満足度が高かったです。

友人にもおススメしたいバイキングレストランでした。

デジタル一眼レフの魅力とは

デジタル一眼レフを始めてはや2年半が過ぎました。
その魅力に飽きる事無く、次はフルサイズ一眼へのステップアップも視野に入れています。

でもなぜそこまでデジタル一眼レフにハマるのか?
重いしデカイし、ボタンがたくさんあって慣れないと使いづらいし、お金も掛かるし、一見するといいとこなどありません。
奥さんに薦められて始めましたが、それまで何の魅力も感じませんでした。

ではデジタル一眼レフの魅力って何?
2年半使ってきて、改めて自分なりのデジタル一眼レフの魅力について考えてみました。
以下写真はEOS40Dで撮影しています。

1.全ては画質の為
コンパクトデジカメから一眼レフに切り替えて先ず驚くのが、その画質の高さです。
一本の木を撮影しても、その葉っぱ一枚一枚の輪郭が見えるほどの高い解像度。
樹木

使用レンズ TAMRON B003 撮影モード 絞り優先AE
F値 5.6 焦点距離 27mm
シャッター速度 1/1000秒 ISO感度 400

背景をぼかして、人物を浮き上がらせるようにして撮影したときの写真の見栄え。
子供

使用レンズ キヤノン EF50mm F1.4 USM 撮影モード 絞り優先AE
F値 1.4 焦点距離 50mm
シャッター速度 1/8000秒 ISO感度 100
その他 露出補正+0.3

今までは記録や記念という意味でしか撮影していなかったのが、作品として写真を撮ってみたい、という思いがこみ上げてきます。
これが原動力となって、重くてデカイカメラを持ち歩くようになり、更に良い画像が撮りたくなって、レンズを買い足していく事になります。
ちなみに、上記2枚の写真は別々のレンズで撮影していますが、用途に応じてレンズを使い分ける事で、自分のイメージに合った写真を撮る事も出来るようになります。

2.機械を操るという感覚
コンパクトデジカメは細かな設定をしなくても、全て機械が自動で設定して撮影してくれます。
しかしデジタル一眼レフは違います。
※最近のものは全自動も多いですが・・・
F値やシャッタースピード、ISOなど、自分で設定をして撮影する必要があります。
またそれぞれの使い方の意味を理解する必要があるので、本もたくさん買って勉強もします。
一見すると面倒くさいですが、そうやって身に着けた知識を元に、自分の意思で機械を操作して写真を撮ると、自分の意思が強く反映された写真が出来るのでとても愛着が沸きますし、更に綺麗な写真が取れた時はとても感動します。
全自動では味わえない感覚があるのです。

3.ファインダーの中の世界
よく旅行などで綺麗な景色を見て、それを写真に撮って後で家で見てみると、そうでもない写真に見えてしまう事があります。
これは、自分の目で見た景色と、ファインダーの中に収めた景色にギャップがある為です。

自分の目で見る景色は、360度全体見渡す事が出来ますが、ファインダーに収める事が出来る景色には限りがあります。
なので、自分が見た景色をそのまま写真に収めるのではなく、ファインダーという限られた空間に対して、どの様に景色を収めるのかというのを考える必要が出てきます。
例えば紅葉を見て綺麗だから写真に収めようとした場合、紅葉の木全体を撮るのではなく、葉っぱの一部を撮影して紅葉の綺麗さを伝えるというのも、よくある撮影方法です。
紅葉

使用レンズ TAMRON B003 撮影モード 絞り優先AE
F値 8.0 焦点距離 270mm
シャッター速度 1/280秒 ISO感度 800
その他 露出補正+0.3、PLフィルター使用

この様に限られた視野の中で、自分の見た景色と違うものを見せつつ、その時の自分の感動やイメージを写真に残す事が出来ると言う面白みがあります。
この辺はコンパクトデジカメでも出来る事ですが、デジタル一眼レフを始める前までは、こんな事考えもしませんでした。

3点ほど挙げてみましたが、デジタル一眼レフにはこんな感じの魅力が自分にはあります。

電気自動車TESLRがコストコに展示されてました

先日川崎市にあるコストコに行った際に、見慣れないクルマが店内に展示されていました。
見た感じスポーツカーっぽいのですが、なんか雰囲気が違う。

近くにいた店員に話を聞くと、スポーツカータイプの電気自動車だそうです。
名前はTESLRと言いますが聞いた事がない車名です。

とりあえずパンフレットをもらって中身を見たら、その値段にビックリ!
TESLA Roadster Sport:14,815,500円
1000万円を軽く超える値段ではありませんか・・・

驚きのあまり、写真を撮り忘れてしまったので、詳しい写真はこちらのサイトで見てください。

こんなクルマがコストコに展示されてるなんて・・・
ちょっと興味が湧いたので、早速運転席に座らせてもらいました。

座席はさすがに低く、ドアを開けて座った状態で下に手を伸ばすと、フツーに地面に手が届きます。
また座る位置とアクセルも同じ高さなので、座ると言うよりかは、人が運転席に収まるという感じです。
座った感じは本格的なスポーツカーでした。
またマニュアルは無く(そもそもギアが無いらしい)、レンジの切替はシフトノブではなく、ボタン式になっていたのがユニークでした。

ただ全体的に質感がイマイチだったのが残念でした。
ドアの閉開音、インパネ、スイッチ類を触った感じなど、1000万円超えのクルマなら、もう少しその辺の質感を高めて欲しかったです。

ちなみにTESLRの車重は1235Kgなので、かなり軽いです。
店員の話によると、ボディのいたるところでカーボンファイバーを使用している為軽いとの事。
1235Kgのうちバッテリー重量は450Kgあるので、実質バッテリーを除いた車重は785Kgになります。これは軽い!
この軽さのおかげか、0-97Kmの加速も3.7秒とスーパーカー並みの加速性能を出しています。
1回の充電で394Km走行可能なので、日帰り旅行も充分可能です。

でも実際に運転した時のイメージが湧きません。
全開加速しても、普通のスポーツカーなら激しいエキゾーストノートと共に、一気に加速していく感じですが、このクルマの場合は100%電気自動車なので、マフラーもありません。
電気自動車特有のキーンという音が辺りに響くだけだと思うと、ちょっと不気味な感じもします。
YouTube – 電気自動車はスポーツカーの夢を見るか? テスラ ロードスター(Tesla)に動画がアップされていますので、興味のある方は見てください。
このレポートによると、走りは今までのスポーツカーとは違った、飛行機が加速する様な感じとの事です。

未来のスポーツカーはみなこうなってしまうのでしょうか?
ちょっと寂しい感じもしますが、今の時代はエコが最優先。激しいエキゾーストノートは過去のものとなっていくのでしょう。。。

Canon EF70-300mm F4-5.6L IS USMを試写した感想

EOS5D MarkIIIの購入に先立ち、欲しいレンズを物色する日々が続いています。
こういう事をしてる時間て、最高に楽しい気分になれます。。。

興味のあるレンズの一つに、2010年に発売されたキヤノン:一眼レフ用交換レンズ EF LENS|EF70-300mm F4-5.6L IS USMがあります。
色々なホームページでこのレンズに関する評価を見ていると、かなり実用性があり、なかなか評判の良いレンズである事が分かりました。
※一部のホームページではEF70-200mm F2.8L IS II USMと比較され、酷評されていますが、自分が今使っているレンズはタムロン B003なので、これに比べればはるかに良いレンズのはずです。
プロやハイアマチュアのカメラマンにとっては、少し物足りないレンズかも知れませんが、子供や風景撮影をメインとする自分にとっては、70-300mmの焦点距離はなかなか魅力的なレンズなのです。
しかし重量が1050gと重く、タムロン B003よりも、500g近く重いです。

こんな重いレンズ使いこなせるのか・・・と心配になり、ここは実際に手に持って確認してみるしかないと思って、家電量販店に足を運んでみると、2件ほど回ってみた感じではどこも販売されていませんでした。
新作レンズなのになぜ販売されていないのか?
店員に尋ねてみると、震災の影響で製造が遅れていて、どの店も「入荷待ち」の状態との事でした。

ところがこないだふと立ち寄った、有楽町のビックカメラに、偶然にも店頭販売されていたので早速試写させてもらいました。
「EF70-300mm F4-5.6L IS USM」はガラスケースの奥にしまわれており、店員さんにお願いしてレンズを持ってきてもらいました。

最初にレンズ本体を手に持った感じは、やはりズシッと思い感じを受けました。
70-300mmの焦点距離でありながら全長が短いので、見た目よりも重く感じます。

レンズを持って、「EOS 5D MarkII」が展示されている場所に移動し、「EF70-300mm F4-5.6L IS USM」をマウントしました。
「EOS 5D MarkII」に「EF70-300mm F4-5.6L IS USM」をマウントし、重量もかなり重くなるだろうと思って手に持ってみると、そんなものすごく重いという印象は受けませんでした。
重さって、見た目の印象で大きく変わるもんだなぁ~と重い、両手で構えてピントを合わせてみると、噂通りオートフォーカスのスピードが桁違いに速いです。
普段オートフォーカスが遅いタムロン B003を使っていると、その速さの違いはなおさらです。
シャッターを半押しした瞬間にピントが合うので、半押しした状態でピントが合うのを待つという感覚がありません。
半押しせずに、いきなり全押しする感覚でも、ピントが合った状態でシャッターが切れます。
最新のレンズはスゴイもんだ。

手振れ補正はタムロンのVC機能とほぼ同等くらいの性能ですが、タムロンはVCが動作する際に小さな機械音がするのと、ファインダーからのぞく画像が若干ブレた後に静止しますが、「EF70-300mm F4-5.6L IS USM」はその様な余計な挙動は起こさず、品質の高さを伺えました。
※最新のVCではその辺は改善されているのかも知れませんが、自分が所持しているタムロン B003はその様な挙動を起こします。

肝心の画質については、PCモニターや印刷して確認する事が出来ないので、何とも言えませんが、「EOS 5D MarkII」にマウントした感じでは、重さもそれ程気にならずに使えるという点が分かった事は大きな収穫でした。

今回初めてCanonの白レンズに触りましたが、手に持った時の感触や、ズームリングを回したときの適度なトルク感、カチッと動くスイッチ類など、全体的に質感の高い作りには驚きました。
画質も当然良いとは思うのですが、こういう質感の高さが、所有した時の満足感を更に高めてくれるというのもLレンズの魅力の一つでは無いかと感じました。

コリングス(Collings)がエレキギターを作ってます

コリングス(Collings)ギターと言えば、昔からアコースティックギターを作っているメーカーでしたが、こないだ銀座の山野楽器へ行った際に、コリングスのパンフレットが置いてあり、それを見たらビックリ。
なんとコリングスがエレキギターを作っているではありませんか。。。

自分もわりと古いコリングスギター(シリアル1000番台)を持っていて、コリングスのアコースティックギターのサウンドは大好きなのですが、そのメーカーがエレキギターを作ったとあれば、とても気になります。
そもそもどんなタイプのエレキギターを作っているのか?

早速パンフレットを開いてみると、メイプルトップ、マホガニーバックを材としたタイプのギターが多く、パンフレットだけ見るとギブソンのレスポールに似たタイプのギターである事が分かります。

アコースティックギターはオールドマーチンのサウンドを追求したギターが多く、そのサウンドも評価されているので、ギブソン系のサウンドを追求しているとあれば、それなりに期待が持てます。

ちなみに価格ですが、かなりお高い。
レスポールタイプのギターでCollings”CL DLX”で800,000円近くします。
ギブソンのヒストリックコレクションより高い。

ぜひ試奏してみたいものですが、買うつもりも無いのに、これほど高価なギターを弾くのもためらいます。
興味のある方は山野楽器に足を運んでみてください。

EOS5D MarkIIIのキットレンズは何?

去年自身のブログでmy-hobby : EOS5D MarkⅢの妄想をしてから早一年が経ちました。

あれから購入資金の調達と奥さんの説得もでき、あとは発売を待つのみとなりました。
EOS5Dは3年周期でリニューアルされるという話をよく耳にしますが、今年はEOS 5D Mark IIが発売されてから今年で3年目になります。
震災の影響等もある事が想定されるので、発売が2011年の後半になるのではないかと勝手に想像していますが、発売が待ち遠しい限りです。

そこで気になってくるのがキットレンズの構成です。
EOS5D MarkIIでは、EF24-105mm F4L IS USMがキットレンズとして発売されていましたが、EOS5D MarkIIIはどのレンズがキットレンズとして発売されるのでしょうか?
EOS5D MarkIIIもMarkⅡと同じキットレンズ構成にする可能性は低いと考えます。

そこでかなり主観的な意見ですが、キットレンズの構成を勝手に妄想してみました。

【妄想其の1】
新たなLレンズ、もしくはEF24-105mm F4L IS USMの後継版が発売され、それをキットレンズとしてEOS5D MarkIIIが発売される。
EF24-105mm F4L IS USMは発売から6年が経過し、現在も人気の高いレンズとなっているので、このレンズがリニューアルされ、新たにキットレンズとして発売される可能性は高いと思います。
ライバル会社のニコンが同クラスのレンズでAF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VRを発売しているので、Canonも負けずに焦点距離を24-120mmにしてくれると、非常にありがたい感じです。。。

【妄想其の2】
新たなレンズの開発が間に合わないという事になれば、既に発売されているレンズをキットレンズにしてくる可能性があります。
個人的には最近発売されたEF70-300mm F4-5.6L IS USMをキットレンズにしてくれると非常に嬉しい感じです。
基本的にデジタル一眼レフを購入すると、標準ズームレンズと望遠ズームレンズを買う人が大半だと思います。
標準ズームレンズの新作が無ければ、最近発売されそれなりに評価の高いEF70-300mm F4-5.6L IS USMをキットレンズにしてしまうというのも、意外性があって良いと思いますし、望遠ズームレンズを買う手間も省けて一石二鳥だと思います。
しかし、EF70-300mm F4-5.6L IS USMは、EF70-200mm F4L IS USMと競合してる部分があり、ユーザーの評価も2分している状況なので、Canonとしても判断が難しいのではないかと考えます。
まぁ、新作レンズを売り込む目的で、キットレンズにしてくる可能性に期待したいです。

ちなみに話が若干それますが、個人的にはEF70-300mm F4-5.6L IS USMとEF70-200mm F4L IS USMのどちらがいいかと言われると、僅差でEF70-300mm F4-5.6L IS USMの方が良いと思います。
理由を書くと長くなるので、ここでは控えます。

【妄想其の3】
可能性はかなり低いですが、自分が最も期待しているのは、ダブルズームキットでの発売です。
しかも標準ズームレンズ(Lレンズ)とEF70-300mm F4-5.6L IS USMのダブルLレンズキットの発売です!
キットレンズの場合、レンズ単品で買うより安価で購入が出来るので、Lレンズを2本一気に安価で購入できる夢の様なキットレンズが発売されれば、話題性も抜群ですし、これが発売されれば自分も買ってしまいそうな気がします。

また、標準ズームと望遠ズームの2つのLレンズが一気に買えてしまうので、自分の様にAPS–Cサイズのデジタル一眼レフからのステップアップを狙っているユーザーにとってはとても魅力的な商品だと思います。

Lレンズ2つセットの販売なので、当然値段もお高くなりそうな気がしますが、そこは是非ともCanonさんに頑張って頂きたいと思います。。。

新緑の箱根(TOYO TIRES)ターンパイク

箱根に日帰り旅行に行った際に、久しぶりにTOYO TIRES ターンパイクを走ってきました。
昔は「箱根ターンパイク」という名前でしたが、東洋ゴム工業とネーミングライツに関して合意し、2007年3月1日からTOYO TIRES ターンパイクという名前に変わったそうです。
個人的には「箱根ターンパイク」という名前の方がなじみがあって良いです。

小田原厚木道路を下り、ターンパイクの入り口に入り、ゲートで700円を払って、そこから一気に加速!
標高約1000mの大観山までの約14kmの道のりを一気に駆け上がります。

我が家の愛車はスポーツセダンでありながら幼い子供を2人も乗せているので、エンジンを高回転まで吹かす事が出来ませんでしたが、今日は奥さんと2人きりなので、久しぶりにスポーツセダンの乗り味を堪能しました。

この時期のターンパイクは新緑がとても綺麗で、目が癒される感じがします。
自分が運転を楽しんでいる間、ウチの奥さんはカメラで新緑を撮影してました。
新緑のターンパイク

ただ、走っていてちょっと気になる事が・・・
昔に比べてエンジンの吹け上がりがイマイチなのです。
普段はスーパーの買い物や、奥さんのショッピングなど、街乗りをメインで使っていたので、エンジンが鈍ってしまった様な感じを受けました。
ターンパイクは終点近くに、急な上り坂の直線道路があり、そこでいつもアクセルを踏み込むのですが、最高馬力を出す回転数までなかなか伸びず、速度も思った以上には出ませんでした。。。

クルマもたまにはこういう場所に連れてきて、リフレッシュしてやらないとダメだな~と思いました。
ただ、コーナーでのハンドルのグリップ、高い旋回性は健在で、久々に横Gを感じながらの走行は楽しかったです。

通行料は700円とやや高めですが、ドライブを楽しむには高くない値段だと思います。
箱根に行く際には、また利用したいと思いました。

Googleアカウントのメインのメールアドレスを変更する方法

Googleは検索エンジンとして有名ですが、アカウントを取得すると。iGoogleやカレンダー、マイマップなどさまざまな機能を使う事が出来ます。
※Googleアカウントを取得するにはメールアドレスが必要です。

自分も数年ほど前からGoogleアカウントを取得していましたが、家で契約しているプロバイダーでアカウントを取得しており、プロバイダーを変えた際にGoogleアカウントのメールアドレスも変更しようと思ったのですが、実は簡単にメールアドレスを変更する事が出来ないのです。
色々と調べていたら、Gmailのメールアカウントを新規に取得すると、移行が出来るようなので早速試してみました。

先ずはiGoogleにログインし、下記の画面が表示されたら画面上部の「メール」をクリックします。

次に下記の画面が表示されたら、「希望するユーザー名」の欄に新規に追加したいGmailのアドレスを入力し、その他パスワードの情報を入力すれば移行が出来ます。

ここで注意しなければならないのが、既にGmailのアドレスを持っている人も、新たにGmailのアドレスを追加しなければならないという事です。
※現時点では、既存のGmailのアドレスへの移行は出来ないようです。
新規にGmailのアドレスを取得したら、Googleアカウントのメニューからメール アドレス⇒編集をクリックし、古いメールアドレスを削除すれば作業は完了です。

以外と簡単に出来ました。

バーニャカウダを食べた感想

こないだ久しぶりに夫婦の時間が出来たので、箱根に日帰り旅行に行ってきました。
昼ごはんは美味しいものを食べたいと思い、芦ノ湖の畔にある芦ノ湖 ラ・テラッツァItallian Restaurantに行ってきました。
我が家の定番前菜はシーザーサラダで決まりなのですが、この店はバーニャ・カウダ – Wikipediaがメニューにあったので、初めて頼んでみました。

バーニャ・カウダはアンチョビ、ニンニク、オリーブオイル、を混ぜ合わせたディップソースに野菜をつけて食べるサラダで、シンプルながら野菜の味を堪能出来るメニューです。

この店では10種類近くの野菜があって、それぞれの野菜の味と、ディップソースの味がマッチして一つのメニューでたくさんの味が楽しめました。
ディップソースは初めて食べたので他の店との味の違いが分かりませんが、さっぱりとした野菜の味に対して、非常に濃厚な味になっていますが、意外と後味がさっぱりとしているので、前菜としての役割を果たしている印象を受けました。
自分の中では人参が人参本来の甘味とディップソースが一番相性がよく、美味しかったです。
バーニャ・カウダ
今度またイタリアンレストランに行く機会があったら、頼みたいと思いました。