新緑の箱根(TOYO TIRES)ターンパイク

箱根に日帰り旅行に行った際に、久しぶりにTOYO TIRES ターンパイクを走ってきました。
昔は「箱根ターンパイク」という名前でしたが、東洋ゴム工業とネーミングライツに関して合意し、2007年3月1日からTOYO TIRES ターンパイクという名前に変わったそうです。
個人的には「箱根ターンパイク」という名前の方がなじみがあって良いです。

小田原厚木道路を下り、ターンパイクの入り口に入り、ゲートで700円を払って、そこから一気に加速!
標高約1000mの大観山までの約14kmの道のりを一気に駆け上がります。

我が家の愛車はスポーツセダンでありながら幼い子供を2人も乗せているので、エンジンを高回転まで吹かす事が出来ませんでしたが、今日は奥さんと2人きりなので、久しぶりにスポーツセダンの乗り味を堪能しました。

この時期のターンパイクは新緑がとても綺麗で、目が癒される感じがします。
自分が運転を楽しんでいる間、ウチの奥さんはカメラで新緑を撮影してました。
新緑のターンパイク

ただ、走っていてちょっと気になる事が・・・
昔に比べてエンジンの吹け上がりがイマイチなのです。
普段はスーパーの買い物や、奥さんのショッピングなど、街乗りをメインで使っていたので、エンジンが鈍ってしまった様な感じを受けました。
ターンパイクは終点近くに、急な上り坂の直線道路があり、そこでいつもアクセルを踏み込むのですが、最高馬力を出す回転数までなかなか伸びず、速度も思った以上には出ませんでした。。。

クルマもたまにはこういう場所に連れてきて、リフレッシュしてやらないとダメだな~と思いました。
ただ、コーナーでのハンドルのグリップ、高い旋回性は健在で、久々に横Gを感じながらの走行は楽しかったです。

通行料は700円とやや高めですが、ドライブを楽しむには高くない値段だと思います。
箱根に行く際には、また利用したいと思いました。

カテゴリー: ドライブ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です