コリングス(Collings)がエレキギターを作ってます

コリングス(Collings)ギターと言えば、昔からアコースティックギターを作っているメーカーでしたが、こないだ銀座の山野楽器へ行った際に、コリングスのパンフレットが置いてあり、それを見たらビックリ。
なんとコリングスがエレキギターを作っているではありませんか。。。

自分もわりと古いコリングスギター(シリアル1000番台)を持っていて、コリングスのアコースティックギターのサウンドは大好きなのですが、そのメーカーがエレキギターを作ったとあれば、とても気になります。
そもそもどんなタイプのエレキギターを作っているのか?

早速パンフレットを開いてみると、メイプルトップ、マホガニーバックを材としたタイプのギターが多く、パンフレットだけ見るとギブソンのレスポールに似たタイプのギターである事が分かります。

アコースティックギターはオールドマーチンのサウンドを追求したギターが多く、そのサウンドも評価されているので、ギブソン系のサウンドを追求しているとあれば、それなりに期待が持てます。

ちなみに価格ですが、かなりお高い。
レスポールタイプのギターでCollings”CL DLX”で800,000円近くします。
ギブソンのヒストリックコレクションより高い。

ぜひ試奏してみたいものですが、買うつもりも無いのに、これほど高価なギターを弾くのもためらいます。
興味のある方は山野楽器に足を運んでみてください。

カテゴリー: ギター パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です