実現は難しいけどEOS5D MarkIIIにあったらいい機能

EOS5D MarkIIIの登場が近づいてきました。
そこで実現は難しいけど、EOS5D MarkIIIにあったらいいなと思う機能を考えてみました。

1.APS-Cモードでの撮影出来る機能
本末転倒な話かも知れませんが、フルサイズのイメージセンサーをあえてAPS-Cサイズに切り替えて撮影する機能です。
APS-Cサイズにすると、焦点距離が1.6倍換算になるので、スイッチ一つでAPS-Cサイズに切替が出来れば、望遠側の撮影が非常に楽になります。
具体的に言うとフルサイズで撮影後、デジタル化された画像情報をAPS-Cサイズにトリミングして保存してしまえば技術的には可能なはずです。
※コンパクトデジカメにある、デジタルズームに近い考え方ですね。。。
エクステンダーを使うと暗くなってしまいますが、これならF値をキープしたまま撮影が可能というメリットもあります。

当然、トリミングから外れた部分の画像は失われるので、有効画素数は約.45倍に減少しますが、仮にフルサイズで2500万画素だった場合、APS-Cサイズにトリミング後は約1125万画素になるので、それでも充分な画素数だと思います。
また、ファインダーから見える景色もAPS-Cサイズにしなければならないという課題が残りますが、予めAPS-Cサイズに仕切りがされたアイカップがあれば、この課題はクリアできそうです。

2.レンズ交換時に自動でフタが閉まる機能
レンズを交換する際に注意するのが、カメラ本体へのホコリの進入です。
基本的には、カメラ本体を下に向けて、ホコリが入りずらい状態にして、レンズを外して、新しいレンズを装着します。
それでもわずかながらホコリは入ってしまいます。

そこでレンズを外す時だけ、カメラ本体のレンズマウント部分に自動でフタが閉まる様な機能があれば、ボディ本体へのホコリの進入はほぼ100%防げます、
こんな機能があったら、野外でもレンズ替え放題です。

ただ、自動で閉まるフタをカメラ本体のどこにしまって置くかや、カメラ本体の重量増加などの問題もあるので、これらの課題をクリアするのは難しいと思います。
またもし故障して、フタが開かなくなったら悲劇なので、そういうリスクを考えると、メーカーはこういう機能をあえて実現するとは思えませんが、あったら重宝する機能です。

EOS5D MarkIIIの登場が近くなるにつれ、色々な事を想像してしまいますが、こういう事を考えている時間も楽しいものです。。。

カテゴリー: デジタル一眼カメラ タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です