コレガのNAS(CG-NSC2100GT)で大失敗

2009年2月にコレガのNAS「CG-NSC2100GT」を購入し、1TBのハードディスク2台をRAID1構成で使用していました。
しかし1週間ほど前からNASの調子が悪くなり、いきなりRAIDの再構成(リビルド)が始まったのです。
※システムステータスが橙色になり、説明書を見ると、橙色はRAIDの再構成中という説明書きがありました。

電源ボタンを長押ししてもシャットダウンせず、管理画面にログインも出来ず(もちろんディスクアクセスも出来ず)、ディスク交換もしていないのになぜ勝手に再構成が始まったのか分かりませんでした。
それ以外の状況は下記の通り。
・pingを実行した際の応答はある。
・DISK1のステータスランプは緑色になっている。
・DISK1のアクセスランプは消灯している。
・DISK2のステータスランプは消灯している。
・DISK2のアクセスランプは緑色になっている。

とりあえず暫くこのまま様子を見てみましたが、5日経っても状況は変わらず、これはNASの故障だと思いコレガのサポートセンターに電話をしました。
上記の状況を説明し、電話に出た担当者も「NASが故障している可能性がある」との事で、とりあえずはシステムの初期化ボタンを押して、再起動するよう言われました。
そこまではよくありがちなサポート対応なのですが、その後で衝撃の事実を知らされました。

なんとコレガのNAS(CG-NSC2100GT)ハードディスク搭載モデルは、2011年4月でサポートが終了しているというのです。
サポートが終了しているという事は、NASが故障しても修理してもらえない事を意味し、万が一NASが壊れたら、その時点でデータも消失という事になります。
※RAID構成のハードディスクは特殊なフォーマットを使用している為、ディスクだけを取り出してPCに接続してもデータは見れないと担当者に言われました。

コレガのNASを買ってまだ2年半しか経っていないのに、サポートが終了するとはさすがに驚きでした。
通常は製品の販売が終了した後も、最低3~5年くらいはサポートを行うものと思っていましたが、コレガはそうでは無いようです。
※コレガの製品のホームページにもその様な記述はありませんでした。

ディスク機器に故障はつきもので、更には大事なデータを保存する為のものなので、最低でもそれくらいの期間はサポートをしてもらえないと、ユーザーとしては安心して機器を使う事が出来ません。
自分もNASには子どもが生まれてからの写真や、ビデオなどの大切なデータが保存されていたので何としてもデータを失うわけにはいきませんでした。

コレガとの電話のやり取りの中で、「購入してから2年半でサポート終了は酷すぎる、保障期間は切れているので有償対応になるが、何とか直して欲しい」とお願いしましたが、コレガからは「修理出来ません」の一点張りでした。
更には「データを復旧したいのであれば、他社のデータ復旧サービスを利用すればいい」と言われました。
データ復旧サービスなんて、数万単位でお金のかかる高価なサービスです。
一般のユーザーがこんな高価なサービスを利用できるわけありません。

自分がコレガの製品を買ってしまった事に心底後悔しましたが、修理できないとメーカーから言われてしまった以上、あとは自力で何とかするしかありません。
早々に電話を切って、自宅に帰って先ずはNASの背面についている初期化ボタンを押すべく、ケースを棚から引きずり出したところ、ACアダプタが本体から外れてしまい、NASの電源が落ちてしまいました。
「終わった。。。」と心の中で思いながら、ダメもとで電源を入れなおすと、NASからピーピーと警告音が鳴り響き、試しにPCからNASにアクセスすると、なんとアクセスできるではありませんか。。。

すかさず、大事なデータを自分にPCにコピーし、5分くらいするとまたアクセスが出来なくなってしまいました。
その後NASからは「カコン、カコン」と、過去に仕事先でディスククラッシュしたPCで聞いた音と同じ音がし始めていて、もしかしたDISK2がクラッシュして、NASのRAID装置がクラッシュと認識せずに、誤作動してRAIDの再構築をはじめてしまった為、NAS自体の挙動が不安定になっているのではないかと考えました。

そこで思い切って再度NASの電源を落として、DISK2をNASから取り外して、電源をONにするとピーピーと警告音は鳴り続けているものの、ディスクアクセスも出来るし、管理画面にもログインできました。
とりあえず、復旧とまではいかないまでも、データが見れる(退避できる)状態にまでなりました。

引き続き大事なデータをPCのハードディスクに退避させ、残りは新たにNASを購入してから退避させる事にしました。

結局原因はディスククラッシュで、NASの故障では無かったので、同じ型番のディスクを1台買えば、RAIDを組み直して使う事が出来ますが、サポートが切れたNASなど使う気にもなれません。
コレガも、ライバル社である、アイ・オー・データや、株式会社バッファロー BUFFALOと肩を並べるくらいのメーカーかと思いましたが、サポートがこの程度の内容では、メーカーとしての力の差は歴然だと思いました。

自分の中では、購入前から購入した後も、製品のサポートをユーザーに対して充分に行っていける事が、メーカーの実力だと思っています。
逆に宣伝やパッケージを豪華にして、ユーザーに買う気を起こさせ、買った後のサポートは短期で終了するのは、メーカーとしての実力が無い証拠だと思います。

個人的にコレガの製品は二度と買う気が起きませんが、色々と勉強になった出来事でした。

デジアナ変換でテレビを観る?

2011年7月24日正午にアナログ放送が終了しました。

我が家でも歴史的瞬間を観ようと、テレビをアナログモードにして、2011年7月24日正午を迎えましたが、正午を過ぎてもブルー画面になりません。

ふと気づくと、画面右上には「デジアナ」の文字。

気になって調べてみると、ケーブルテレビがデジタル放送をアナログ変換して放送しているので、アナログ放送が終了した後でもテレビが見れるとの事。

ちなみに、アナログ変換する期限は2015年3月までとの事ですが、気になる方は各社ケーブルテレビの案内を確認した方がよいと思います。

デジタル非対応のテレビは地デジチューナーを付けるしか観る方法がないと思っていましたが、ケーブルテレビに加入すれば、2015年3月までは観れる事になりますね。

EOS5D Mark III のCM画像

2012年3月3日追記:
3月2日EOS5D Mark IIIが発売され、こちらのCMは実際のスペックと異なる為、フェイクである事が判明しました。
発売後の記事はEOS 5D Mark III(5D mk3)のスペックに一言で紹介しています。

----------- 以下当時の記事です -----------
YouTubeにEOS5D Mark IIIのCM動画が掲載されていました。
‪Canon EOS 5D Mark III Commercial‬‏ – YouTube

CMの見た目からして、オリジナルでは無さそうな気がしますけど、こういう動画が出てくると、次期EOS5D Mark IIIの登場も近いと感じさせてくれますね。
ちなみに、この動画でのEOS5D Mark IIIのスペックは以下の通り。

画素数:2810万画素 
映像エンジン:DIGIC5
オートフォーカス:45点クロスタイプ

画素数と映像エンジンはこんな感じかなと予想出来ますが、オートフォーカスは45点はちょっと飛躍しすぎの様な気がします。
おそらく7Dと同等か、それに近いオートフォーカスだと予想していますが、本当に45点オートフォーカスが出たらかなり驚きですね。。。

何よりホンモノが早く出て来て欲しいものです。

富士山の近くにある遊園地「ぐりんぱ」に行きました

河口湖に1泊2日の旅行に行き、2日目に静岡県 遊園地 富士山の自然と遊ぶ ぐりんぱ-Grinpa-に遊びに行きました。

ぐりんぱは、富士山の中腹辺りにある遊園地で、富士サファリパークの近くにあります。
事前にインターネットでぐりんぱまでの道のりを調べたら、近くにあるサファリパーク付近の道で渋滞が発生するので注意が必要とあったので、当日はサファリパークを通らずに「富士山スカイライン」を通ってぐりんぱに行きました。

河口湖を10時に出発し、「東富士五湖道路」を通り、富士山スカイラインを抜けて、1時間もかかわずにぐりんぱに到着しました。
河口湖から来る方はこのルートがオススメです。

大きな地図で見る

ぐりんぱに着くと駐車場から園内の方を見ると目線の高さに雲があり、意外に標高が高いなって感じました。
※実際の標高は1200mほどだそうです。

当日は晴天でかなり暑かったですが、標高が高いこともあり、空気が冷たく、日陰に入ると暑さを凌げます。
「ピカソのたまご」というアトラクションにも行きましたが、ココは日陰がほとんど無く、熱中症対策は必須です。
ただ色々な遊具があり、中には3歳児にはキツそうな遊具もありました。

これは余裕って感じ。。。


これは大変そう。。。

あと、広い土地にアトラクションが点在しているので、都内近郊の遊園地の様な窮屈なイメージはなく、
バリアフリーになっているので、ベビーカーを連れていても、担いで移動しなければ行けない場所はありませんでした。

11時くらいに入場しましたが、16時くらいまで遊んでいたので、1日遊びたい人にはオススメです。
※しかも当日は意外と空いてて、ゴーカート以外は、並ばずに乗れました。

ただ、入園料が大人フリーパスで2,500円(メルマガ会員割引を適用)はちょっと高い気がしました。
あと500円くらい安いか、家族割引をもっと充実してくれたら、料金的にも満足できたと思います。

それと園内のレストランがちょっと高い。
ウルトラマンパークエリア内の「M78プラネットダイニング」で食べましたが、カレー1000円は厳しいです。
子供用の甘口カレーも900円なので、奥さんと自分とを合わせて、昼食で合計2900円也。

家族連れを考慮して、もう少し安いメニューも置いてほしかったです。

全体的に見て、1度行けば満足!
暫くは行かなくてもいいかなってって思ってしまう感じの遊園地でした。

ダッチオーブンを使って燻製を作ってみた

先日貸別荘に泊まりで遊びに行く機会があったので、夜のお酒のおつまみに燻製を作りました。
今まではダンボールを箱型に組み立てて、そこで1日かけて燻製を作っていたのですが、今回は1泊2日で時間もあまり無かったので、ダッチオーブンを使って燻製を作ってみました。
ダッチオーブンの場合は、密閉度が高く、下から炭で直接加熱出来るので、より短期間で燻製を作る事が出来ると思ったからです。

自分が持っているダッチオーブンはユニフレーム製のダッチオーブン 「10インチ スーパーディープ」です。
黒皮鉄板を使っている為、錆びにくく、強度も高いというのが特徴です。

これにスノーピーク 焚火台 Mを組み合わせて燻製を作っていきます。
スノーピーク の焚き火台は、コレ単体でも使えて、かつ平たく折りたためるので非常に重宝しています。

先ずはダッチオーブンの底にアルミホイルを敷いて、その上にウッドチップを置きます。
今回はウッドチップに「ヒッコリー」を使いました。

その上に購入時に付属していたダッチオーブンの台座を中に置いて、その上に、同じく購入時に付属していた網を置きます。
その網の上に、食材を置いていきます。

食材は、ソーセージと雪印 6Pチーズ、あとウチの奥さんのリクエストで、厚切りベーコンを使いました。
ダッチオーブンの網の上に、これらの食材を並べていきます。
6Pチーズは高温で溶けてしまっても、ダッチオーブンの下に落下しないようアルミホイルを下に敷きました。

あとはフタを締めて、焚き火台に着火した墨を置いてセット完了です。
ウッドチップの焦げ具合を見る為、途中何度かフタをあけましたが、4時間ほど加熱して調理完了。
個人的にはあと2時間ほどやりたかったですが、夜のお酒のタイミング的にもう我慢できない感じでした。
出来上がりはこんな感じ・・・

厚切りベーコンが調理前より少なくなってますが、これは出来上がり時の試食に食べてしまいました。
それぞれの食材の味については、厚切りベーコンとソーセージは元々の食材の塩味に燻製の匂いが混ざって、お酒のおつまみには最高の味でした。
レモン汁を付けて食べるとより美味しかったと思います。
6Pチーズはチーズ自体の味が濃くて、燻製との相性はイマイチな感じでした。
過去にベビーチーズで燻製をした事があって、こちらの方が燻製には合ってると思いました。

4時間しか燻製していないにも関わらず、燻製の匂いはしっかりと食材に付いていたので、初めてダッチオーブンで燻製を作ったわりには、なかなかの上出来でした。
ただウッドチップが完全に燃焼し切れていなかったので、もっと墨の火力を強くしてもよいと思いました。

Googleの+1(プラスワン)を付けてみた

2011年6月28日、日本でもGoogle+1(プラスワン)のサービスが開始されたということなので、早速my-hobbyでも試しに付けてみました。
手順としては、プラスワン ボタンにアクセスして、ボタンの大きさと、対応言語を選びます。
自分の場合は、ボタンの大きさは「標準(24px)」、対応言語は「日本語」を選択しました。

次に画面内のテキストエリアに表示されている、JavaScriptコードをコピーして、自分のブログに埋め込めばOKです。

自分の場合は、記事を読んでくれた後に評価をして欲しいので、記事の最後にプラスワンボタンをつけました。
↓↓↓記事の最後の方を確認してください↓↓↓

なお、Google +1(プラスワン) SEOへの影響は? ほか まとめ ::SEM Rを見ると、このプラスワンボタンを追加することで、多少なりともSEOにも効果があるとの事なので、付けておいた方がよさそうな感じでした。

千葉県、神奈川県の放射能による海水浴への影響

東日本大震災に伴う福島第一原発の事故で、放射能による海水浴への影響が懸念されていますが、ウチの長男も3歳となり、そろそろ海水浴デビューさせたい年頃です。
奥さんも「海で遊ばせたいけど、放射能が・・・」と気になっているので、とりあえず現時点で、神奈川と千葉の海水浴場でどれくらいの放射能濃度が検出されているのかを調べてみました。

放射性濃度の測定結果は、各自治体のホームページに掲載されていて、最新の情報では神奈川県、千葉県とも放射性物質は検出されていませんでした。
それぞれ下記のホームページから確認できます。

【神奈川県】
県内の海水の放射能濃度測定結果について – 神奈川県ホームページ

【千葉県】
海水中の放射能濃度測定結果について/千葉県

ホームページの内容を見ると、神奈川県は毎週放射能濃度を測定しているようですが、千葉県は不定期のようです。
とりあえず、奥さんとも相談して海水浴場に行くか決めようと思いますが、3歳くらいなら海に潜ったりもしないので、放射性物質が不検出なら個人的には遊ばせてもいいかなと思いました。

自分なりの節電対策

東日本大震災の影響で、7月に入って家庭でも15%の節電をする事になりました。

ニュースなどでは、エアコンの設定温度を上げるなどの、節電対策が報道されていますが、それ以外で自分なりの(テレビではあまり報道されていない)節電対策を考えて実践しています。

ちなみに、家庭での消費電力の大きな家電は家庭の消費電力で一番大きいのは?: 教えて!全国ランキング 2011で確認できます。

1.テレビを消して音楽を聴く
普段はテレビをつけっぱなしでパソコンをやる事が多かったですが、テレビを消して音楽を流すようにしました。
我が家のテレビは32型の液晶テレビなので、プラズマ・液晶テレビ 消費電力はおいくら? [ホームシアター] All Aboutを見ると、消費電力は約150ワットとあります。
それに比べ、我が家のオーディオは商品電力が55ワットなので、これだけで100ワットの節約になります。
自分が学生の頃は音楽を聴きながら勉強をしていたので、その頃を思い出してしまいます。。。

ちなみに、ウチの奥さんはテレビ好きなので、自分が1人の時のみこの節電が可能です。。。

2.見たいテレビはワンセグ録画して、後でケータイで見る
これもテレビ関係ですが、見たいテレビはワンセグ録画して、それをケータイにコピーしてから翌日の通勤電車の中で見ると、テレビをつけてる時間が無くなるので、これも省エネになります。
ちなみに、我が家の録画機の消費電力は約27ワットです。