QNAPのNAS(TS-219P+)を買った

2年ほど前に買ったコレガのNAS「CG-NSC2100GT」で大失敗をしてしまい、これ以上コレガの製品は使いたくなかったので、新規に購入すべくNASを探す事にしました。
過去の記事はコレガのNAS(CG-NSC2100GT)で大失敗 : my-hobbyで確認できます。
インターネットで検索すると、アイ・オー・データやバッファーローが個人向けとしてNASの販売を行っています。

しかし口コミサイトなどで評判を見ても、これなら安心して使えそうだ、と思う様な製品は無く、法人向けに提供しているNASも含めて調べていたところ、QNAPというメーカーを見つけました。
メーカーとしての歴史が浅く、海外のメーカーでしたが、個人向け(SOHO向け)の安価なNASも提供していて、更には評判も良く、日本法人が販売代理店を務めているので、これなら安心してNASを使えると思い、このメーカーのNASを購入する事にしました。

どの機種を購入するかは迷いましたが、ハードディスクが2台搭載できて、RAID1が組めて、更には省電力である事を条件にQNAP Systems Inc. – 製品紹介 (ストレージ製品)から該当する製品を探したところ、QNAP Systems Inc. – TS-219P+ Turbo NASを見つけました。
これは、スタンバイ時の消費電力が7W(ワット)と非常に低く、これなら電気代も節約できると思い、この機種を購入しました。

NASの購入に関して日本の場合は、代理店であるNASサーバーならQNAP正規代理店ユニティが販売を行っているので、そこから購入する事にしました。

ちなみに、「TS-219P+」はハードディスクは付属していないので、別で購入する必要があります。
コレガのNASを買った時は1TBのハードディスク2台でRAID1を構成していましたが、既に最大容量の50%を使っていたので、今度は2TBのハードディスク2台でRAID1を構成する事にしました。
「TS-219P+」と互換性のあるハードディスクはQNAP Systems Inc. – 互換性リストにて確認できます。

このページを見た時に日立グローバルストレージテクノロジーズ社製のハードディスクがいいかなと思いましたが、2011年3月にWestern Digital社へ売却されるそうなので、今後ハードディスクが故障した時の買い足しを考慮した結果、Western Digital社のハードディスクを購入する事にしました。
Western Digital社の2TBのハードディスクと互換性があるものは、2011年7月時点で「Business」と「Consumer」合わせて4機種ありましたが、24時間常時電源をONしている事と、ディスククラッシュした時のリカバリの手間を考慮して、より信頼性の高いWD2003FYYSを購入する事にしました。

「WD2003FYYS」はユニティでは無く、他社で購入しました。
コレガのNASが壊れてしまう前に、早く設定してデータの移行を済ませたいです。

カテゴリー: パソコン パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です