EOS-1DXがキャノンから発表されました

キヤノン:EOS-1D X|概要が正式に発表されました。

発売は2012年3月とまだ先ですが、キャノンのフラッグシップ機の発表とあれば、気にせずにはいられません。
今の自分にとってEOS-1DXは無縁のカメラですが、今後発売されるであろうEOS 5D MarkIIIも、少なからず影響を受けると思われるので、さっそくスペックを見てみました。

キヤノン:EOS-1D X|主な仕様でスペックを見ると、まず驚くのが1800万という画素数です。
キヤノン:EOS-1Ds Mark III|主な仕様の2110万画素と比べるとスペックダウンでは?と思いがちですが、1800万画素は個人的にはかなりベストな画素数だと思います。

最近のデジタル一眼は高画素化が進み、APS-Cサイズでも2000万画素を超えるカメラが出てきました。
しかし画像サイズが増え過ぎて、パソコンの処理能力が追いつかなかったり、高感度撮影でノイズが増えたりと、あまりメリットは感じられませんでした。

確かに一昔前の100ー200万画素時代では、より高画素の方が画質が良いと言われていたので、自分もその概念が植え付けられていましたが、さすがにここまで高画素化が進むとL版やA4サイズ程度の印刷がメインの自分にとっては必要ありません。

なので個人的には、EOS-1DXの登場によって、高画素化に歯止めがかかって欲しいと期待しています。

1800画素程度でも、こんなに素晴らしい写真が撮影できる事が世間にアピールされれば、高画素=高画質の考えも少しは変わるのではないかと思います。

そういう意味でも、このEOS-1DXには期待したいです。

その他のスペックについては、まさにパーフェクトで自分の想像を超えたスペックでした。
特にAE機能専用にDIGIC4を用いるなど、オートフォーカスが合掌しづらいくらい場面などでも、高い処理能力によって合掌の精度が向上されるのではないかと思われます。
総合的に見ると、環境や場所を選ばず、どの様なケースにおいても安定した画像が撮影できるカメラという、まさにプロ用途を強く意識したカメラではないかと思います。

また今の自分のカメラ知識においては、EOS-1DXの弱点を見つける事が出来ませんでした。
あえて言わせてもらえれば、重そう、という事ぐらいでしょうか?

現時点では、このスペックがキャノンの頂点となるので、この中のどれかでいいので、EOS5D MarkIIIに採用されて欲しいと思いました。

カテゴリー: デジタル一眼カメラ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です