三浦半島にある日帰り温泉「のぼり雲」に行ってきました

くりはま花の国で遊んだ後に、奥さんの発案で日帰り温泉に行く事になり、近くにあった日帰り温泉施設佐野天然温泉 湯処 のぼり雲に行って疲れを癒してきました。

この日帰り温泉施設は初めて行ったのですが、場所はくりはま花の国からクルマで20分ほど走った県道26号線沿いにあり、横浜横須賀道路のインターからも近いので交通の便は良いです。

大きな地図で見る

「温泉施設」は入浴料が大人1100円、0歳から小学生が550円とちょっと高めの料金設定になっています。
※子どもは0歳でも550円必要なので注意です。

ただ0歳でも入浴が出来るので、家族全員でお風呂に入ってサッパリしたい場合には最適です。
館内は全体的に綺麗で清潔感があり、湯上り後の畳の休憩所(あんまり広くない)もあります。

入り口で靴を脱いで、鍵付きの下駄箱に靴をしまって、下駄箱の鍵をフロントに預けると、番号の付いたバンドがもらえます。
館内の食事などはこのバンドについた番号を見せてオーダーして、最後にまとめて精算するシステムのようです。

泉質は「ナトリウムー塩化物・炭酸水素塩泉」というもので、柔らかい感じのお湯で匂いも若干あり、個人的には好みの泉質でした。
お湯の温度はどの浴槽も若干高め(たぶん41-42度くらい)だったので、あまり長時間入っているとのぼせます。
3歳の長男も熱がってました。
4つも浴槽があるので、子供用に1つくらいは「ぬるめ」のお湯にして欲しいと思いました。

浴室全体も綺麗で、洗い場もシャンプーとリンスが別々になっていたりと、入浴料が高いだけあってアメニティ類は充実していました。
※安い日帰り温泉施設は、リンスインシャンプーが基本です。

晩ご飯も施設内にある食事処で食べましたが、かなり混んでいて明らかに店員の数が足りてない感じがしました。
入浴料が高い事もあって、満足感はイマイチだったので、今度は近隣にある湯楽(ゆら)の里 横須賀温泉に行ってみようと思いました。
湯楽の里は大人の入浴料が1000円と、のぼり雲よりも100円安く、更にバスタオルとフェイスタイルも付いてくるので、手ぶらで行く事が出来てちょっと魅力的に感じました。

カテゴリー: 家族でお出かけ, 温泉 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です