EOS 5D Mark III(5D mk3)のスペックに一言

EOS 5D Mark IIが発売されてから3年半、ようやくキヤノン:EOS 5D Mark IIIが発表されました。
EOS 5D Mark IIとの比較はキヤノン:デジタル一眼レフカメラ|製品比較表で確認できます。

早速スペックについて考察してみました。
※あくまで個人的な意見です。

◆画素数:2230画素
かなり理想的な画素数です。
EOS 1DXと同じ画素数でも良かったのですが、画素数が増えずに安心しました。
自分の場合は、スナップ撮影(主に子供)と風景撮影ですが、どちらかというとスナップ撮影が多く、印刷するときもL版かA4程度のサイズなので、この程度の画素数が自分にはちょうどいいのです。
ちなみに現在はEOS40Dで撮影してますが、EOS40Dは1010万画素で、A4サイズで満足しています。※A3はちょっと物足りなさを感じる。
なので、EOS40Dと同じ画像ピッチの場合、フルサイズにすると2.56倍の約2500万画素になり、A4サイズの2倍の面積を持つA3サイズでも充分な解像度が得られると考えられます。
一時は、高解像度になるとの噂も流れていましたが、2230画素でホント良かったです。
過去デジタルカメラは新製品になると画素数が上がる傾向がありましたが、実質MarkⅡの画素数を据え置きしたCanonの英断には感謝したいと思います。

◆オートフォーカス:61点
これは予想外でした。
7Dの19点AFを引き継ぐだけでも充分と思っていましたが、まさかEOS 1DXと同程度のオートフォーカスを載せてくるとは驚きです。
この辺は先日発表されたNikon D800がD4のオートフォーカスの載せてきた事に影響を受けたのでしょうか?

自分が今使ってるEOS40Dは9点AFなので、中央1点でフォーカスロックを使用して撮影する機会が多く、動体撮影ではオートフォーカスエリアから被写体を外してしまう事が多かったので、EOS 5D Mark IIIでオートフォーカスポイントの増大を期待していました。
これは非常に楽しみ。
1DX譲りのオートフォーカスという事であれば、今のEOS40Dのオートフォーカスに比べて格段の進化です。

◆連写:6.0コマ/秒
動体撮影では5コマ/秒以上は欲しいと思っていたので、これも自分の希望通り。
それにしても2230画素でこの連写とは、DIGIC5の処理能力は素晴らしいの一言です。

◆シャッター音
カメラ好きには意外と重要な要素。
MarkⅡのシャッター音は好きになれませんでしたが、6.9コマ/秒であればそれに耐えうる機械(ミラーバランサー?)を搭載してくるハズなので、当然シャッター音も変わってくるはず。
これは実機に触れてみないと分かりませんが、連写の出来るEOS 7Dをベースとしていれば、それをフルサイズ版に拡大しているので、より重厚な感じの音になるのではないかと思います。
早く実機に触ってみたいです。
ちなみに、こちらにシャッター音の動画がアップされていましたが、やはり実機に触らないと何とも言えません。
Canon EOS 5D Mark III shutter sound at 6fps! | planet5D – HDSLR community

◆ISO:100~25600、拡張時:50~102400
これも嬉しいスペック。
EOS40Dは1600が上限でしたが、実際の撮影では800が常用域だったので、仮に半分の12800が常用域だったとすると4段分の進化です。
シャッタースピードも4段分速くする事が出来るので、室内で遊ぶ子供も普通に撮影する事が出来るようになります。
今までは室内撮影でISO:800でシャッタースピード1/30秒で、被写体ブレを起こしていましたが、EOS 5D Mark IIIだと仮にISOが12800になれば、シャッタースピードは1/480秒(実質1/500秒)で撮影できるので、これなら被写体ブレを起こさず撮影できます。

このISO感度があれば、今まで撮れなかった写真がたくさん撮れる様になります。
61点AFとAIサーボⅡを組み合わせれば、室内撮りではかなりの悪条件でも撮影が出来そうです。

◆価格:約32万円
これは残念でなりません。
320,000円は高すぎです。※3月3日 価格.comにて
競合機種であるNikon D800が、約260,000円なので、それよりも安く販売して欲しかったです。
Nikon D800に対して突出した機能があれば別ですが、今回発表されたスペックを見る限りそれが見受けられないので、それよりも安く販売してもらえれば、EOS 5D Mark IIIに魅力を感じる人も多かったと思います。

◆それ以外
静音撮影が付いたのがうれしいです。
今年から子供が幼稚園に入園するので、発表会などでシャッターをバシバシ鳴らして撮るのは、周りの人に迷惑になる場合があります。
特に隣でビデオ撮影してる人にとっては、自分の撮影したシャッター音がビデオに録音されてしまうので、迷惑をかけてしまいそうです。
なのでこの機能があればそういったサイレントな場面でも、周りに気を使わずにシャッターが切れるので、この機能は欲しかったです。
どれくらい静音になるかは実際に撮影してみないと分かりませんが、コンパクトデジカメレベルの音なら充分だと思います。

全体的に見てEOS40Dからは劇的な進化を遂げたのですが、正直この価格では手が出ないので、価格が落ち着いてきたら是非購入したいと思います。
またスペック的に見て、非常にバランスの取れたカメラなので、自分の様にフルサイズデビューを予定しているユーザーにとっても、非常に魅力的なカメラだと思いました。
お金に余裕があったら、これを機にLレンズにも手を出してしまいそうです。。。

カテゴリー: デジタル一眼カメラ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です