Canon EOS5D MarkIII(mk3)とNikon D800を比較してみた

先日キヤノン:EOS 5D Mark IIIの発表があり、ちょっと前に発表のあったD800 / D800E | ニコンイメージング、しかしどちらの機種もまだ未発売で、発売時期は若干のズレがあるものの、ほぼ同時期であると言えます。
Canon EOS5D MarkIIIとNikon D800は同じフルサイズの映像素子を持っていますが、はたしてどちらが売れるのでしょうか?
とりあえずCanon EOS5D MarkIIIとNikon D800を比較し、自分なりに考えてみました。

先ず単純に両者のスペックを比較してみました。

項目 EOS5D MarkIII D800 補足事項
画素数 2230万画素 3630万画素
オートフォーカス 61点(41) 51点(16) ()内はクロスセンサー
連続撮影速度 6.0コマ/秒 4.0コマ/秒
ISO 100-25600(50-102400) 100-6400(50-25600) ()内は拡張時
重量 860g 900g 本体のみの重量
価格 約32万円 約26万円 2012年3月4日時点の価格.comの最低価格より

上記以外にも比較すべき点はたくさんありますが、今回の記事ではここまでとします。

◆画素数
EOS5D MarkIIIは全体的にバランスの取れたスペックのカメラを出してきたのに対し、D800は画素数を重視し、それをベースとしたスペックの様に見受けられます。
高画素であればサイズの大きな用紙に写真を印刷する際に有利なので、D800は大きな用紙に写真を印刷して鑑賞したい人に対してはメリットのある画素数だと思います。
自分は大きく印刷してもA3が最大なので、それを考えればEOS5D MarkIIIで充分足りる画素数だと思います。

◆オートフォーカス
数値からするとEOS5D MarkIIIの方が有利と言えます。
中でもクロスタイプのセンサーがEOS5D MarkIIIの方が41点と多いので、悪条件下や動体撮影などではEOS5D MarkIIIの方がオートフォーカスが合う可能性が高いと言えます。
しかし、ここには記載していませんが、D800はf/8.0対応のセンサーが11点用意されており、テレコンバーターなどを装着して最低F値が8.0となってしまう場合などではD800の方が有利になります。

◆連続撮影速度
これもEOS5D MarkIIIの方が有利と言えます。
特に動体撮影で連写する際には、EOS5D MarkIIIの方がE800に比べて、同じ撮影時間で1.5倍多く撮影できるので、連写に頼る撮影をする人にとっては良い写真が撮れる確立が上がります。
ちなみに自分は最近、動体撮影などでワンショットで撮影する練習をしていますが、失敗できない場面ではまだ連写に頼ってしまいます。
連写で良い写真が撮れても、それはカメラのおかげですが、ワンショットで良い写真が撮れたらそれは自分のウデなので、後者の方が嬉しいです。。。

◆ISO
画素数を増やすとISO(高感度)が不利と一般的には言われており、ISOに関しては、EOS5D MarkIIIとD800では2段分の違いがあります。
ISOで2段分高いという事は、シャッタースピードを2段分速くする事が出来るので、室内など、暗い条件下での撮影に対してはEOS5D MarkIIIの方が有利と言えます。

◆重量
あまり大差は無いですが、D800はフラッシュが内蔵されているので、その分重いのは仕方がないと思います。
ストロボは逆光下での被写体の撮影など、ちょっとしたところで必要になる場面があるので、小さくても無いよりはあった方がいいと思います。
Canonの純正ストロボ(フラッシュ)で、最も軽量なのは「スピードライト270EX II」で電池も含めると約200gありますが、ストロボ(フラッシュ)を常に持ち運ぶ事を考えると、D800の方が有利と言えます。
※EOS5D MarkIIIのオートライティングオプティマイザ機能が進化していれば、こういった画面でもストロボを使わなくて済むのですが・・・

◆価格
全体的に見ると、EOS5D MarkIIIの方がスペック的に良い様に見えますが、これはD800が高画素を優先した為、ISOや連続撮影速度を犠牲にせざるを得なかった結果だと思います。
個人的にはEOS5D MarkIIIとD800は拮抗していて、価格的にも同程度になるはずだと思いますが、EOS5D MarkIIIは強気に出てしまった感じがします。
なので価格面ではD800が有利と言えます。
しかし両者ともオープン価格である為、今後価格は変動します。
半年後、1年後、両者の価格がいくらになっているかが楽しみです。

両者を比較した結果、EOS5D MarkIIIはオールマイティーな用途で使用でき、悪条件下での撮影に強い印象を受けます。
D800は高画素をウリにしたカメラで、風景などの静止画に適しているカメラだと思います。
両者とも同じスペックであれば、価格の安いD800が有利なのですが、需要があるカメラはオールマイティーに使えるEOS5D MarkIIIだと思います。

自分の場合は、スナップ撮影や風景撮影などさまざまな用途で使用するのと、汎用性があった方が色々な場面で使えるので、カメラの勉強にもなるかなと思い、EOS5D MarkIIIに魅力を感じてしまいます。

カテゴリー: デジタル一眼カメラ パーマリンク

Canon EOS5D MarkIII(mk3)とNikon D800を比較してみた への3件のフィードバック

  1. ピンバック: キャノンEOS 5D Mark 3 とニコンD800の比較 | Lei's Free Blog

  2. 風吹けば名無し のコメント:

    カメラ関係について記述するのであれば、その分野について少しは学ばれたほうがよろしいように思いますよ。

    ISO感度の設定可能範囲は、直接的にSNRに関わるわけではありませんし、
    ISO感度の基準というのも各社で曖昧なので、
    実効感度の差を考慮すると、高感度特性の良し悪しというものが逆転しかねません。

    以下に、D800Eや5D3の撮像素子の性能を測定した結果が載っています。
    http://www.dxomark.com/index.php/Cameras/Camera-Sensor-Database/Nikon/D800E
    http://www.dxomark.com/index.php/Cameras/Camera-Sensor-Database/Canon/EOS-5D-Mark-III

    余計なお世話かも知れませんが、両機種のどちらかを購入しようかと迷っている方は、
    この記事を参考にしないほうがよろしいと思いますよ。

    幾ら何でも、語弊にまみれすぎですから。

  3. 管理人ろっきー のコメント:

    風吹けば名無しさん

    コメントありがとうございます。

    確かに現時点でISO感度については、メーカー各社独自の測定基準により求められた感度で表示しているので、今後はそれらの測定基準が統一されると、ユーザー側からしてもより判別し易くなりますね。

    ちなみにD800と5D MarkⅢのISO感度を比較したサイトがあったので自分も見てみましたが、個人的には5D MarkⅢの方が高感度に優れているような気がします。
    あくまで、JPEGでの比較ですが。
    http://www.cameralabs.com/reviews/Canon_EOS_5D_Mark_III/Canon_5D3_vs_Nikon_D800_noise.shtml

    この辺については、人それぞれ判断の基準が違うところでもありますが、自分もまだまだ写真を勉強中の身である為、風吹けば名無しさんの貴重なご意見(叱咤?)は参考になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です