トヨタ86(ハチロク)の展示車に乗ってみた

先日、トレッサ横浜|TRESSAに行った際に、toyota.jp 86の実車が展示されていました。
このクルマはトヨタが久しぶりに出したスポーツカーで、カー雑誌でも何度も取り上げられていたので、気になっていました。

展示車なので運転は出来ませんが、シートに座る事は出来そうだったので、早速座ってみました。
ただ、雑誌での注目とは裏はらに、あまり人だかりはありませんでした。
やっぱ最近はスポーツカーは流行らないのかな。
並んでいる人もいなかったので、早速運転席のドアを開けて、シートに座ってみました。

座った瞬間、座席の低さにドキッとします!
そして抜群のシートのホールド感!
身長173cm、体重73kgの若干メタボな自分がスッポリ納まりました!
しかもシートは固すぎず、柔らかすぎずちょうどいい感じで、この辺はよく研究されてるなっていう印象を受けました。

座席に座った感じはまさにスポーツカー!
これなら高速コーナーリングの時でも、身体が振られる事はないと思いました。

次にハンドル、これも「トヨタ車最小径」とパンフレットに書いてある通り、通常のクルマに比べてかなり小さいです。
両手でガッチリ握って運転したくなる感じです。

展示車はマニュアルミッションでしたが、クラッチを踏んだ感じやマニュアル操作のギアの入り具合などがスムーズで、運転してみたいなーという気にさせてくれます。

外見も、最近スポーツカーっぽいデザインで、流線型と直線のラインがうまく取り入れられています。

中でも個人的に一番気に入ったのはマフラーのデザインです。

最近のクルマはマフラーを大きく見せるタイプのクルマが多いですが、マフラーの覗き込むと中に小さなマフラーが見えていてなんかかっこ悪く感じていました。
トヨタ86もマフラーは大きいのですが、中にある小さなマフラーを覆うようにデザインされているので、見た目がとてもカッコいい!
もっと斜め上にせり出した感じにすれば、TVRのタスカンのマフラーみたいなになってもっとかっこいいと思いました。

出力も200馬力あり車重の前後53:47とバランスもよく、パワーウェイトレシオも6kg/psなので、それなりに速く走りそうな印象を受けました。

価格も、マツダのロードスターと似た価格帯になってるので、クーペの86とオープンのロードスターといった感じになると思います。
また同じく日産スポーツカーである、フェアレディZの価格が360万以上するので、それに比べるとだいぶ安いと感じました。

自分は過去にアムラックス東京のタイムレンタルを利用して、色々な車を運転させてもらいましたが、トヨタ86がタイムレンタルできるようになったら、ぜひ運転してみたいと思いました。
エンジンがスバル製なだけに、今後売れ行きが好調だったら、ターボモデルなんかも出してもらえると、もっと面白いクルマになるかも。。。
この外見と乗った感じでは280馬力でパワーウェイトレシオも5kg/ps以下でも、十分走りそうな感じでした。

Canon EOS5D MarkIII(5d mk3)の不具合をまとめてみた

キヤノン:EOS 5D Mark IIIが発売されてから、もうすく1ヶ月が経とうとしていますが、最近になってCanonからEOS5D MarkIIIの不具合が報告されています。

EOS5D MarkIIIは過去に何度かブログでも書いていますが、欲しい(将来値段が下がったら購入予定の)カメラでもあります。
そんな憧れのカメラが発売1ヶ月も経たずに、これだけの不具合が出てしまうのは残念です。

ちなみに、2012年4月14日現在でCanonのサイトより報告されている不具合は以下の通りです。
1.暗い環境下において、ボディ上面の表示パネルの照明を点灯すると露出表示値が変化する場合がある。
キヤノン:サポート|デジタル一眼レフカメラ「EOS 5D Mark III」をご使用のお客さまへ

2.「EOS 5D Mark III」で撮影されたRAW形式のデータを、「DPP ver3.11.10」を用いて現像処理すると、ピントがややボケたような画像になる。
キヤノン:サポート|デジタル一眼レフカメラ 「EOS 5D Mark III」でRAW現像ソフトウエア「DPP (Digital Photo Professional) ver3.11.10」をご使用のお客さまへ

あと公式には発表されていませんが、他のホームページの口コミなどでは、下記の様な不具合と思える現象も確認されています。
3.高感度で長時間露光時に、画面の右下辺りに赤いノイズが出る。

先ず1の不具合については、Canonのホームページ上では下記の様なケースに発生するとの報告があります。
・ボディキャップを取り付けた場合
・レンズキャップを取り付けた場合
上記のケースはいづれも撮影を前提とした場合では無いと考えられる為、実際の撮影による影響は少ないと考えます。
ただ夜景を撮影する際に、カメラの上部に照明があったりするなど、被写体と、カメラ周辺の明るさの差が激しい場合に、少なからず影響を受けてしまうのではないかと思います。

2については、これはかなりインパクトの大きい不具合だと思います。
純正の現像ソフトで現像した結果の写真がピンボケになってしまっては、どんなに綺麗な写真を撮っても、現像時に台無しになってしまいます。
Canonのホームページ上では4月中の対応と発表されていますが、これが直るまでは買い控える人が多くいそうです。

3については現時点でCanonから公式な発表が無いので、仕様の範囲内(不具合では無い)という事になるかと思いますが、そもそもEOS5D MarkIIIは高感度に優れたカメラである為、その高感度で撮影した時にこの様な現象が出てしまうのは残念に思います。
ただ、それらの事例は1の不具合と同様レンズキャップを付けた状態で撮影されたものが多く、通常の高感度撮影下において、この様な現象が顕著に表れるという事例はあまり確認できていないので、実際の撮影ではそれほど影響は出ないのかと思いました。

自分はまだ購入した身では無いので、あまりエラそうな事は言えませんが、個人的には2の不具合が解消されれば、普通に良いカメラだと思います。
こういう工業製品については、ハイスペックになればなるほど、色々な意味で不都合な部分も出てくるのは仕方が無いと思っています。
ただ、ハイスペックな部分はそれを最大限に活用し、不都合な部分はそれをカバーする、もしくは我慢するというのも、使う側にとっては必要な事なのではないかと思いました。

ちなみに自分の場合は、EOS5D MarkIIIの価格に我慢が出来ず、まだ購入には至っていません。
4月14日時点の価格.comでの最低価格は、307,000円。
発表当時は320,000円だったので、約1ヶ月で13,000円の値落ちです。
この調子でもっと安くなって欲しいものです。。。

ネスカフェ バリスタでコーヒータンクを追加購入しました

先日、とあるスーパーの懸賞に応募して、見事当選してゲットしたネスカフェ バリスタ
ただウチの奥さんは妊娠中の為、カフェインレスコーヒーしか飲めず、コーヒータンクにもネスカフェのカフェインレスコーヒーが充填されています。
自分としては普通のコーヒーが飲みたいが、懸賞に応募したのは奥さんなので、横取りして普通のコーヒーを充填する訳にもいかず。。。

そこで、ネスカフェのオンラインショップにコーヒータンク単体で販売されているのを見つけました。
※2012年4月9日時点の情報です。

これを追加購入すれば、自分の好きなコーヒーを充填する事が出来るゾ。
ただ値段がちょっと高い気がするが、バリスタ本体は懸賞でゲットした事を考えればこの値段など安い、と自分に言い聞かせコーヒータンクを購入。

数日後商品が届き、早速「ネスカフェ 香味焙煎 深煎り」を充填。
奥さんが飲むときは、カフェインレスのコーヒータンクをセットし、自分が飲むときはネスカフェ 香味焙煎 深煎りのコーヒータンクをバリスタにセット。
そんな感じで、我が家はコーヒーを飲み分ける事が出来るようになりました。

飲んだ感じは、ネスカフェ 香味焙煎 深煎りの方が、カフェインレスに比べてコクと、コーヒーの香りがより強く、とても美味しいです。
今まで以上にコーヒーが好きになってしまいました。。。

Google Mapsに「ぼうけん」(ドラクエ?)モードが追加されてる

本日(2012年4月1日)にGoogle マップ – 地図検索を見たら、画面の右上に「ぼうけん」なるアイコンが出現していました。

試にそのアイコンをクリックすると、昔流行った「ドラゴンクエスト」のマップに近いイメージの地図が表示されました。

しかもこれは、自分も昔ハマった「ドラゴンクエストⅢ」の地図に似てる。
「ドラゴンクエストⅢ」は「アリアハン」(地図上ではオーストラリアの位置)から冒険を初めて、世界中を旅するRPGゲーム。

30代の男性なら、このゲームにハマった人も多いはず。
4月1日はエープリルフールなので、Googleからのちょっとした「お遊び」なのかもしれませんが、とても懐かしい気分になれました。
ちなみに、日本の地図を拡大するとこんな感じ。

まさにドラクエの世界の「ジパング」。ゲームではヤマタノオロチに戦いを挑み、オーブをゲットしたものでした。

しかも地図を拡大してくと、懐かしのキャラが地図上に現れます。

これは長野県に「立俣山」の位置にいる、「グリズリー」かな?

ちなみに4月2日に日付が変わっても、「ぼうけん」のアイコンは残っていました。
※4月2日 0時4分時点
最初は4月1日だけの「お遊び」かと思ってましたが、このままこのサービスを継続するつもりなのでしょうか?

Google Japan Blog: ファミコン版 Google マップ 8 ビットができました。にGoogleからのコメントが出ています。
さすがにファミコンのソフトを出すというのは無いかと思いますが、「ぼうけん」モードは実在しているので、この先面白い展開を期待したいです。

ネスカフェ バリスタで淹れたコーヒーはひと味違います

先日、とある食品スーパーの懸賞に応募したところ、ネスカフェ バリスタが当たりました。

我が家は自分も含め奥さんもコーヒーが好きで、1日1杯以上は必ずといっていいほどコーヒーを飲みます。
ただ、ウチの奥さんが妊娠中という事もあり、普通のコーヒーは飲めず、ノンカフェインのインスタントコーヒーを飲んでいます。

バリスタはインスタントコーヒーで作るコーヒーメーカーなので、これなら毎日美味しいコーヒーが飲めると、ウチの奥さんも大喜びでした。
しかし、コーヒータンクにはゴム状のフタの様なものがあり、説明書を読むと「エコ&システムパック」と呼ばれるバリスタ用カートリッジに入ったコーヒーを買う必要があり、それを買わないとコーヒータンクにコーヒー豆を充填出来ないとの事。
しかも、エコ&システムパックにはカフェインレスコーヒーがラインナップされていない><

とりあえず、今飲んでるカフェインレスコーヒーもネスカフェのものなので大丈夫だろうと思い、ゴム状のフタをこじ開けて、カフェインレスコーヒーを充填!
※今回はうまくいきましたが、メーカーでは推奨されていないので、あくまで自己責任でやってます。

出来上がったコーヒーがコレ

インスタントコーヒーから作ったとは思えない、きめの細かな泡立ち、そして味も普通にお湯を注いだだけのコーヒーと比べると、コクと適度な苦味があってとても美味しいです。
なぜここまで味が違うのかは不思議ですが、インスタントコーヒーでこの味は素晴らしいの一言!

しばらくはこの味にハマりそうです