ネスカフェ バリスタで淹れたコーヒーはひと味違います

先日、とある食品スーパーの懸賞に応募したところ、ネスカフェ バリスタが当たりました。

我が家は自分も含め奥さんもコーヒーが好きで、1日1杯以上は必ずといっていいほどコーヒーを飲みます。
ただ、ウチの奥さんが妊娠中という事もあり、普通のコーヒーは飲めず、ノンカフェインのインスタントコーヒーを飲んでいます。

バリスタはインスタントコーヒーで作るコーヒーメーカーなので、これなら毎日美味しいコーヒーが飲めると、ウチの奥さんも大喜びでした。
しかし、コーヒータンクにはゴム状のフタの様なものがあり、説明書を読むと「エコ&システムパック」と呼ばれるバリスタ用カートリッジに入ったコーヒーを買う必要があり、それを買わないとコーヒータンクにコーヒー豆を充填出来ないとの事。
しかも、エコ&システムパックにはカフェインレスコーヒーがラインナップされていない><

とりあえず、今飲んでるカフェインレスコーヒーもネスカフェのものなので大丈夫だろうと思い、ゴム状のフタをこじ開けて、カフェインレスコーヒーを充填!
※今回はうまくいきましたが、メーカーでは推奨されていないので、あくまで自己責任でやってます。

出来上がったコーヒーがコレ

インスタントコーヒーから作ったとは思えない、きめの細かな泡立ち、そして味も普通にお湯を注いだだけのコーヒーと比べると、コクと適度な苦味があってとても美味しいです。
なぜここまで味が違うのかは不思議ですが、インスタントコーヒーでこの味は素晴らしいの一言!

しばらくはこの味にハマりそうです

カテゴリー: グルメ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です