トヨタ86(ハチロク)の展示車に乗ってみた

先日、トレッサ横浜|TRESSAに行った際に、toyota.jp 86の実車が展示されていました。
このクルマはトヨタが久しぶりに出したスポーツカーで、カー雑誌でも何度も取り上げられていたので、気になっていました。

展示車なので運転は出来ませんが、シートに座る事は出来そうだったので、早速座ってみました。
ただ、雑誌での注目とは裏はらに、あまり人だかりはありませんでした。
やっぱ最近はスポーツカーは流行らないのかな。
並んでいる人もいなかったので、早速運転席のドアを開けて、シートに座ってみました。

座った瞬間、座席の低さにドキッとします!
そして抜群のシートのホールド感!
身長173cm、体重73kgの若干メタボな自分がスッポリ納まりました!
しかもシートは固すぎず、柔らかすぎずちょうどいい感じで、この辺はよく研究されてるなっていう印象を受けました。

座席に座った感じはまさにスポーツカー!
これなら高速コーナーリングの時でも、身体が振られる事はないと思いました。

次にハンドル、これも「トヨタ車最小径」とパンフレットに書いてある通り、通常のクルマに比べてかなり小さいです。
両手でガッチリ握って運転したくなる感じです。

展示車はマニュアルミッションでしたが、クラッチを踏んだ感じやマニュアル操作のギアの入り具合などがスムーズで、運転してみたいなーという気にさせてくれます。

外見も、最近スポーツカーっぽいデザインで、流線型と直線のラインがうまく取り入れられています。

中でも個人的に一番気に入ったのはマフラーのデザインです。

最近のクルマはマフラーを大きく見せるタイプのクルマが多いですが、マフラーの覗き込むと中に小さなマフラーが見えていてなんかかっこ悪く感じていました。
トヨタ86もマフラーは大きいのですが、中にある小さなマフラーを覆うようにデザインされているので、見た目がとてもカッコいい!
もっと斜め上にせり出した感じにすれば、TVRのタスカンのマフラーみたいなになってもっとかっこいいと思いました。

出力も200馬力あり車重の前後53:47とバランスもよく、パワーウェイトレシオも6kg/psなので、それなりに速く走りそうな印象を受けました。

価格も、マツダのロードスターと似た価格帯になってるので、クーペの86とオープンのロードスターといった感じになると思います。
また同じく日産スポーツカーである、フェアレディZの価格が360万以上するので、それに比べるとだいぶ安いと感じました。

自分は過去にアムラックス東京のタイムレンタルを利用して、色々な車を運転させてもらいましたが、トヨタ86がタイムレンタルできるようになったら、ぜひ運転してみたいと思いました。
エンジンがスバル製なだけに、今後売れ行きが好調だったら、ターボモデルなんかも出してもらえると、もっと面白いクルマになるかも。。。
この外見と乗った感じでは280馬力でパワーウェイトレシオも5kg/ps以下でも、十分走りそうな感じでした。

カテゴリー: ドライブ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です