金環日食をデジタル一眼レフカメラで撮影してみた

金環日食をデジタル一眼レフカメラで撮影してみるで事前準備を行い、いよいよ2012年5月21日当日の朝を迎えました。

ただ天気は曇り。。。

とりあえずこんな感じで準備をして、いざ世紀の瞬間を待ちました。

ちなみに、本来であれば太陽撮影専用のNDフィルターを装着するのが正しい撮影方法ですが、こうなってしまった詳しい経緯はこちら

そして金環日食がリング状になった瞬間!

焦点距離270mm、F8.0、シャッタースピード1/200秒、ISO100、ライブビュー、フィルター無しで撮影。
使用カメラはEOS40Dです。

最後まで雲が切れる事を願っていましたが、それも叶わず。
フィルターを付けた状態では明るさを確保できなかったので、結局フィルターを外して普通に撮影しました。

その後も雲が切れた瞬間を狙って撮影しましたが、フィルターを付けて撮影したものではこんな感じになりました。

焦点距離270mm、F8.0、シャッタースピード1/15秒、ISO100、ライブビュー、フィルター有りで撮影。
使用カメラはEOS40Dです。

ちょっと残念な結果に終わってしまいましたが、それでも世紀の瞬間を観る事が出来たのはとても嬉しかったです。

ちなみに金環日食撮影後、10枚ほど風景などを撮影してみましたが、特にカメラに異常は発生しませんでした。

金環日食をデジタル一眼レフカメラで撮影してみる

2012年5月21日に九州地方南部、四国地方南部、近畿地方南部、中部地方南部、関東地方で金環日食という天体ショーを見る事が出来ます。
日本でこのような金環日食を見る事が出来るのは非常に貴重な事のようなので、5月21日にデジタル一眼レフで金環日食を撮影してみたいと思いました。
とはいっても、通常の状態で太陽に向かってカメラを向けると、カメラ自体の故障にも繋がるし、何より撮影者の目に危険が及ぶ可能性がある為、太陽を撮影する際には金環日食を撮影するフィルタ-は、マルミ光機のND100000の様な専用の減光フィルター(NDフィルター)を付けて、更にはファインダー越しに太陽を見るのではなく、ライブビューにして太陽を見るのが安全と言われています。

ただ、この減光フィルターは値段が1万円以上とかなりお高い。
たった1回の撮影のために、こんな大金を出せない。

そこで減光フィルター(NDフィルター)を使わずに、人の目で観察する用の太陽グラスを購入し、それをレンズの先端に装着して撮影してみようを考えました。
もちろんこの方法は推奨されている方法ではないので、最悪カメラが故障する可能性もありますが、自己責任の上でやってみました。

購入したのは下記の様なガラス製ゴーグルタイプの太陽グラスで、値段は600円くらい。

このグラスの凹んでいる部分が、ちょうどカメラのレンズのフィルター径72mmにハマるので、これをテープで固定すれば金環日食を撮影できるのではないかと思いました。
レンズの上に太陽グラスを乗せるとこんな感じ。

前後に若干隙間が出来ているので、そこはテープで目張りをしてしまえば余計な光をシャットアウト出来そうです。

この状態で試しに夕日を撮影してみました。
昼ごろの太陽光は強いので、先ずは太陽光が弱くなる夕日で試し撮り。
明るさを測定する為だけなので、三脚も使わず、手持ち撮影なのですごくブレてます。

焦点距離270mm、F8.0、シャッタースピード1/6秒、ISO800、ライブビューで撮影。
使用カメラはEOS40Dです。

シャッタースピードは想定よりも遅かったですが、金環日食が始まる午前7時くらいなら太陽光も明るいので、シャッタースピードは更に速くなると思います。
撮影時のこまかな設定方法はこちらを参考にしたいと思います。
金環日食の撮影にチャレンジしませんか? | 富士フイルム

撮影に必要な機材?はこれでOKとします。
あとは、自分たちの目で金環日食を観察する用のメガネ(ヨドバシカメラで860円)を購入し、当日は午前休暇も取得し、こちらも準備OK。

5月21日が楽しみです。

【金環日食を観察、撮影される方へ】
この撮影方法は、目にダメージを与える事は無いと考えていますが、カメラ、及びレンズ本体への影響は考慮していません。
個人の勝手な判断で考えた方法で、推奨された撮影方法ではなく、全て自己責任で行っています。
またカメラを太陽に向ける際に、くれぐれも直接肉眼で太陽を見ないようにしましょう。

また国立天文台より日食の正しい観察方法が紹介されていますので、こちらも参考にしてみてください。

【2012/5/21追記】
実際に金環日食を撮影した記事はこちらに記載しました。

千葉県にあるロマンの森共和国に行ってきました

ゴールデンウイーク後半にようやく晴れ空となったので、家族で千葉県の房総半島にある、ロマンの森共和国に行ってきました。
目的は3歳と1歳の兄弟を遊ばせる事。
ただゴールデンウイークなのであまりメジャーな観光地は混んでると思い、ココにしました。

当日は11時くらいに現地に着くと、さすがに近くの駐車場は満車になっていて、少し離れた駐車場に案内されて、そこから無料のマイクロバスに乗って入口ゲートまで行きました。
施設内もそこそこ混んでいましたが、まっすぐ歩けないほどの混み具合ではありませんでした。

とりあえずお腹が空いたので、園内のフードコートで昼食をとって、その後に次男は芝生の上で遊ばせ、自分は長男と一緒に、アスレチックへ行きました。
アスレチックは対象年齢が7歳以上となっていましたが、親が同伴なら7歳未満でも大丈夫との事なので、入場料500円を払っていざアスレチックへ。。。
しかし対象年齢が7歳以上とあってなかなか難しい。
アスレチックは山の斜面に沿って作られていて、落下防止の対策も充分ではないので、足を踏み外したら、山の斜面を転がっていってしまいます。
20以上ある障害物はほとんどに迂回路があって、結局ほぼ全ての障害物を迂回しました。
中にはこんな障害物もあり、これは誰も挑戦していませんでした。

ただ、中には迂回が出来ない障害物もあって、そこは長男を抱っこして、なんとか乗り越えました。ここを落ちたら死にはしないが、骨折は確実だろうなって感じでした。

長男は山の斜面を歩いただけで満足してたので良かったですが、途中で転落しないかドキドキものでした。
ただ運動が大好きな小中学生くらいには、スリルがあって良いのかも知れませんが、お父さんの身体能力もそれなりに無いとキツイと思います。

その後は巨大迷路に行きました。
ここは迷路内にある4か所のポイントでスタンプを押し、すべてのスタンプを押すとゴールできる仕組みです。
巨大迷路は長男も真剣になってました。

ただ迷路内で長男が走り回って、見失うまいと自分も長男の後を追いかけ、迷路を出る頃にはくたくたになりました。

結局3時くらいまで遊んで、その後は施設の近くにある日帰り温泉に入って帰りました。