金環日食をデジタル一眼レフカメラで撮影してみる

2012年5月21日に九州地方南部、四国地方南部、近畿地方南部、中部地方南部、関東地方で金環日食という天体ショーを見る事が出来ます。
日本でこのような金環日食を見る事が出来るのは非常に貴重な事のようなので、5月21日にデジタル一眼レフで金環日食を撮影してみたいと思いました。
とはいっても、通常の状態で太陽に向かってカメラを向けると、カメラ自体の故障にも繋がるし、何より撮影者の目に危険が及ぶ可能性がある為、太陽を撮影する際には金環日食を撮影するフィルタ-は、マルミ光機のND100000の様な専用の減光フィルター(NDフィルター)を付けて、更にはファインダー越しに太陽を見るのではなく、ライブビューにして太陽を見るのが安全と言われています。

ただ、この減光フィルターは値段が1万円以上とかなりお高い。
たった1回の撮影のために、こんな大金を出せない。

そこで減光フィルター(NDフィルター)を使わずに、人の目で観察する用の太陽グラスを購入し、それをレンズの先端に装着して撮影してみようを考えました。
もちろんこの方法は推奨されている方法ではないので、最悪カメラが故障する可能性もありますが、自己責任の上でやってみました。

購入したのは下記の様なガラス製ゴーグルタイプの太陽グラスで、値段は600円くらい。

このグラスの凹んでいる部分が、ちょうどカメラのレンズのフィルター径72mmにハマるので、これをテープで固定すれば金環日食を撮影できるのではないかと思いました。
レンズの上に太陽グラスを乗せるとこんな感じ。

前後に若干隙間が出来ているので、そこはテープで目張りをしてしまえば余計な光をシャットアウト出来そうです。

この状態で試しに夕日を撮影してみました。
昼ごろの太陽光は強いので、先ずは太陽光が弱くなる夕日で試し撮り。
明るさを測定する為だけなので、三脚も使わず、手持ち撮影なのですごくブレてます。

焦点距離270mm、F8.0、シャッタースピード1/6秒、ISO800、ライブビューで撮影。
使用カメラはEOS40Dです。

シャッタースピードは想定よりも遅かったですが、金環日食が始まる午前7時くらいなら太陽光も明るいので、シャッタースピードは更に速くなると思います。
撮影時のこまかな設定方法はこちらを参考にしたいと思います。
金環日食の撮影にチャレンジしませんか? | 富士フイルム

撮影に必要な機材?はこれでOKとします。
あとは、自分たちの目で金環日食を観察する用のメガネ(ヨドバシカメラで860円)を購入し、当日は午前休暇も取得し、こちらも準備OK。

5月21日が楽しみです。

【金環日食を観察、撮影される方へ】
この撮影方法は、目にダメージを与える事は無いと考えていますが、カメラ、及びレンズ本体への影響は考慮していません。
個人の勝手な判断で考えた方法で、推奨された撮影方法ではなく、全て自己責任で行っています。
またカメラを太陽に向ける際に、くれぐれも直接肉眼で太陽を見ないようにしましょう。

また国立天文台より日食の正しい観察方法が紹介されていますので、こちらも参考にしてみてください。

【2012/5/21追記】
実際に金環日食を撮影した記事はこちらに記載しました。

カテゴリー: デジタル一眼カメラ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です