金環日食をデジタル一眼レフカメラで撮影してみた

金環日食をデジタル一眼レフカメラで撮影してみるで事前準備を行い、いよいよ2012年5月21日当日の朝を迎えました。

ただ天気は曇り。。。

とりあえずこんな感じで準備をして、いざ世紀の瞬間を待ちました。

ちなみに、本来であれば太陽撮影専用のNDフィルターを装着するのが正しい撮影方法ですが、こうなってしまった詳しい経緯はこちら

そして金環日食がリング状になった瞬間!

焦点距離270mm、F8.0、シャッタースピード1/200秒、ISO100、ライブビュー、フィルター無しで撮影。
使用カメラはEOS40Dです。

最後まで雲が切れる事を願っていましたが、それも叶わず。
フィルターを付けた状態では明るさを確保できなかったので、結局フィルターを外して普通に撮影しました。

その後も雲が切れた瞬間を狙って撮影しましたが、フィルターを付けて撮影したものではこんな感じになりました。

焦点距離270mm、F8.0、シャッタースピード1/15秒、ISO100、ライブビュー、フィルター有りで撮影。
使用カメラはEOS40Dです。

ちょっと残念な結果に終わってしまいましたが、それでも世紀の瞬間を観る事が出来たのはとても嬉しかったです。

ちなみに金環日食撮影後、10枚ほど風景などを撮影してみましたが、特にカメラに異常は発生しませんでした。

カテゴリー: デジタル一眼カメラ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です