キヤノンEOS KissX6iとニコンD3200とソニーa37を比較してみた

キヤノンより、エントリーユーザー向けのデジタル一眼カメラキヤノン:EOS Kiss X6iが発表されました。
同様に、ニコンやソニーからも先日、D3200 | ニコンイメージングSLT-A37 | デジタル一眼カメラ“α”(アルファ)[Aマウント] | ソニーが発売、または発表されており、各社からエントリーユーザー向けのデジタル一眼カメラが出そろった事になります。

とりあえず、それら3社のカメラに対して、スペックを比較してみました。

項目 EOS KissX6i D3200 α37 補足事項
画素数 1850万画素 2416万画素 1610万画素
オートフォーカス 9点(9) 11点(1) 15点(3) ()内はクロスセンサー
連続撮影速度 5.0コマ/秒(22枚) 約4コマ/秒(80枚) 5.5コマ/秒(15枚) ()内は連続撮影枚数
ISO 100-12800
(100-25600)
100-6400
(100-12800)
100-3200
(100-16000)
()内は拡張時
重量 515g 455g 448g 本体のみの重量
発売当時価格 約8.0万円 約7.6万円 約5.3万円 発売時の価格.comの最低価格より

各項目に対して、仕様面で優れていると思われる機種の背景色をカラーにしています。
※その他にも比較対象の項目はたくさんありますが、今回はここまでとします。

◆画素数
D3200の2416万画素が最も多く、a37が1610万画素と少ない画素数となっていますが、2416万画素はA3ノビ程度の用紙サイズに印刷するのであれば、この程度の画素数が必要となりますが、エントリークラスのカメラの場合、ほとんどがL版印刷と思われるので、2416万画素は多過ぎの様な気がします。
トリミングを前提とした撮影であれば、画素数が多い方がトリミングしたときの画素数の劣化を防げますが、エントリーユーザー向けとしては、パソコンのハードディスクの容量が必要など、デメリットの方が多いような気がします。

◆オートフォーカス
オートフォーカスポイントが最も多いのはa37ですが、個人的にはクロスセンサーが搭載されている数が最も多いEOS KissX6iの方が、仕様面で優れていると思います。
クロスセンサーは、ピントの合わせにくい被写体でも正確なピント合わせが出来る確率が高くなるので、全点クロスセンサーのEOS KissX6iの方がオートフォーカスに関しては有利かと思います。
更にEOS KissX6iは中央1点がF2.8対応のクロスセンサーとなっているので、F値の明るいレンズを装着した時には、更にピントの精度を高める事が出来るといったメリットもあります。

◆連続撮影速度
a37が5.5コマ/秒と最も優れています。
しかし連続撮影枚数はa37が15枚と少ないので、実用的な連写という観点で考えた結果、EOS KissX6iが最も優れていると思います。
基本的に連続撮影速度(連写)は速ければ速いほど撮影には有利ですが、連続撮影枚数が少ないと、せっかく連写をしていても、すぐにバッファフルとなって、連写が出来なくなってしまいます。
子供の運動会を連写で撮影していて、ゴール寸前でバッファフルになって撮影が停まってしまったら悲しいですね。。。
逆に連写を長時間したい人はD3200がおススメという事になります。

◆ISO
EOS KissX6iが12800と最も優れています。
ISOは高ければ高いほど、暗いシーンでの撮影でもシャッタースピードを速くして撮影する事が出来ます。
シャッタースピードが速ければ、手振れや被写体ブレを防ぐ事が出来るので、撮影の幅が広がります。
a37とD3200、EOS KissX6iでそれぞれ1段ずつ違うので、最高感度で撮影した場合、シャッタースピードはa37に対して、D3200は2倍、EOS KissX6iは4倍速いシャッターを切る事が出来るようになります。

◆重量
3社とも100g以上の差が無いのでかなり僅差ですが、これは軽ければ軽いほど、長時間の持ち運びに有利なので、a37に軍配です。

◆発売当時価格
最も安価なのはa37なので、デジタル一眼のエントリー向けとしては、最もリーズナブルな価格です。
しかしデジタル一眼カメラの醍醐味の一つである、オートフォーカスやISOが優れているEOS KissX6iとの2.7万円の差に価値を見いだせる場合は、EOS KissX6iの方が高い買い物をしても満足できると思います。
とはいえ、EOS KissX6iももう少し頑張って、7万円くらいで発売してくれればもっとインパクトがあったのですが、最近のキヤノンは価格面に対しては強気に出ている気がします。

全体的に見て
個人的には画素数や連続撮影速度などのバランスが取れていて、かつオートフォーカス、ISOなどがしっかり作られているEOS KissX6iがおススメな気がしますが、価格が高いのがネックです。
しかし、EOS KissX6iは動画撮影機能にも力を入れており、動画撮影に有利なレンズキヤノン:一眼レフ用交換レンズ EF LENS|EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STMなども合わせて発売している為、デジタル一眼カメラで動画撮影も楽しみたいユーザーにとっては、1台2役のEOS KissX6iは安い買い物なのかも知れません。

またEOS KissX6iはタッチパネルの搭載などユーザビリティも向上している為、値段が落ち着き始めたら、3社の中では最も売れるカメラだと思います。
EOS 5DMarkIIIでは、ニコンのD800に対して販売面で差をあけられている状態ですが、エントリーユーザー向けのカメラではキヤノンがニコンを圧倒しそうな予感がします。

発売されたら、3機種とも実機を触りに家電量販店に足を運びたいと思います。

公園の砂場で遊びました

最近は不安定な天気が続いていますが、晴れた休日に久々に家族そろって公園に遊びに行きました。

公園についた頃には昼近くになっていたので、先ずは芝生の上で奥さん手作りのお弁当を広げて食べました。
おにぎりと定番のから揚げ、たまご焼き、ウィンナーのおかずで家族全員満足。

そして、お弁当の残りをあさりに来るハト。
地面をひたすら歩きながら、食べ物が無いか探してる感じでした。
とりあえず一枚撮って、家で見てみると、ハトの目が「マジ」で面白かったです。

意外に素早いハトに慌てて撮影したので、ピンボケになってしまいました。。。
美味しいものにありつこうと、ハトも真剣なんだなぁって思いました。
あいにくウチはお弁当を間食してしまったので、あげるものはありませんでしたが・・・

お弁当を食べた後は遊具で遊んだり、砂場で遊んだり。。。
やっぱ遊んでる時の子供の表情が一番いいですね。
自分も砂場で遊びながら、撮影にも手を抜かず、楽しそうに遊ぶ長男を一枚

地面に対して水平になっていなかったので、後でSILKYPIXで補正をかけて水平にしたら子供の躍動感が無くなり、イマイチな写真になってしまったので、撮影時の角度のままにしました。

ちなみに最近は、カメラのファインダーを見ずに、焦点距離とカメラの方向で、構図を想像しながら撮る練習をしています。
そうすると、ファインダーを覗いてから撮影する時間が省けるので、一瞬の表情を逃さず撮影できるのです。
しかも、色々な高さや角度から撮影が出来るので、いままでと一味違った写真が撮れるのも魅力です。
今回もなかなかいい表情の一枚を撮影する事が出来ました。
ズームすると難しいですが、広角で撮影すると、成功する確率が高くなります。

子供も公園で遊べて満足、自分も写真が撮れて満足。いい一日でした。