ニコンD600が発表されました

ニコンからが正式にD600 | ニコンイメージングが発表されました。

D800・D800E | ニコンイメージングに比べると、ややスペックを落とした仕様になっていますが、価格もD800より安価である為、フルサイズへの憧れがあるが価格的に安価なカメラを求めるユーザーには魅力的なカメラだと思います。

自分も非常に興味があるカメラなので、このカメラのスペックに対して自分なりにまとめてみました。

1.画素数
約2400万画素で、A3でプリントするには最適な画素数であり、個人的にもフルサイズではこの辺の画素数がベストだと思っています。
D800の約3600万画素よりも、使い勝手が良くていいと思います。

2.オートフォーカス
39点(うち、クロスタイプセンサー9点)となっていて、D800とは差別化が図られています。
しかし驚く事に、中央7点はF8対応のオートフォーカスになっています。
ちょっと前までは、F8のオートフォーカスはフラッグシップ機しか搭載されませんでしたが、このクラスのカメラに搭載してくるのは驚きました。
ちょっとしたサプライズスペックって感じです。
ただ、F2.8対応のオートフォーカスの記載が無かったので、大口径レンズを使ってボケを生かした写真を撮りたい時は不便な気がします。
大きなボケを目当てにフルサイズ一眼を買うユーザーも少なからずいると思うので、F2.8のセンサーが無いのは残念です。

3.連続撮影速度
約5.5コマ/秒なので、ほぼ同じ画素数のEOS 5D Mark IIIに比べると、若干少ないですがほとんど変わらない速度です。
個人的には約5コマ/秒以上あれば十分だと思っているので、このスペックには納得です。

4.ISO感度
ISO 100~6400となっていますが、D7000と同じスペックです。
ただ、最近Canonから発売されたEOS Kiss6iのISO12800に負けてしまっているので、最新機種としては12800までは対応して欲しかったと思います。

5.価格
2012年9月15日現在での価格.comの最安値が約196000円だったので、値段が落ち着いてくれば、かなりお買い得なカメラになりそうです。
現在販売継続中のキヤノン:EOS 5D Mark IIと同じ価格帯になったら、EOS 5D Mark IIの継続販売が厳しくなりそうな感じがします。

肝心の写りやシャッター音なども気になるので、発売されたら家電量販店に足を運びたいと思います。

カテゴリー: Exif-Sum, デジタル一眼カメラ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です