EF24-70mm F4L IS USMとEF24-105mm F4L IS USMを比較してみた

キヤノンからEF24-70mm F4L IS USMが発表されました。
この数カ月前にもEF24-70mm F2.8L II USMが発売され、今年は標準ズームのレンズラッシュです。
「EF24-70mm F4L IS USM」と「EF24-70mm F2.8L II USM」は同じ焦点距離でも明るさ(F値)や値段も違うので、2種類存在するのは理解できるのですが、EF24-105mm F4L IS USMは焦点距離が若干違うのもの、同じF4.0通しのレンズで、値段もあまり変わりません。

同じF値なら値段も若干安い、「EF24-105mm F4L IS USM」の方がいいと思いますが、「EF24-70mm F4L IS USM」には今までのズームレンズには無かった画期的な機能が備わっています。
それはズームレンズながら本格的ななマクロ撮影が出来るという事です。
マクロ撮影をするには、単焦点のマクロレンズが今までの常識でしたが、「EF24-70mm F4L IS USM」はその概念を覆しました。
このレンズなら風景、ポートレートから、花などのマクロ撮影までコレ1本で撮影できてしまいます。
山登りで風景や植物の撮影したり、結婚式で新郎新婦の撮影や装飾品、料理のクローズアップ撮影をしたりと、今までのレンズに無かった汎用性があります。
これで写りも良ければ、すごく売れそう・・・
自分はマクロ撮影は行わないので不要なレンズですが、新しいもの好きの自分にとってはすごく興味のあるレンズです。

なんか「EF24-105mm F4L IS USM」の影が一気に薄くなってしまった様な・・・
マクロ機能以外で「EF24-105mm F4L IS USM」と「EF24-70mm F4L IS USM」で何が違うのか比較してみました。

項目 EF24-70mm F4L IS USM EF24-105mm F4L IS USM 補足事項
焦点距離 24-70mm 24-105mm
手振れ補正 4段分 3段分 マクロ撮影を除く
質量 600g 670g
全長 93mm 107mm 最短
絞り羽根枚数 9枚 8枚
価格 約131,000円 約96,000円 2012年11月8日時点の価格.comの最低価格より

焦点距離
「EF24-105mm F4L IS USM」の方が焦点距離が長いので有利ですが、ズーム倍率が増えると描写力が低下するのが一般的なのと、「EF24-105mm F4L IS USM」は発売から7年も経っているので、写りに関しては最新の「EF24-70mm F4L IS USM」の方が良いと思います。
ちなみに、Exif情報 集計・表示ソフト Exif-Sumを使って、自分が今まで「EF24-105mm F4L IS USM」で撮影した焦点距離を集計してみたら、全体の2割の写真が70-105mmの焦点距離で撮っていたので、自分としては「EF24-105mm F4L IS USM」の方が実用的なレンズといえます。

手振れ補正
標準ズームレンズなので、手振れ補正は無くても良いと思いますが、「EF24-70mm F4L IS USM」は4段分の手振れ補正が付いています。
※マクロ撮影時には2.5段分の手振れ補正になります。
マクロ撮影時で三脚を使わない場合は、手振れ補正があった方が良いですが、動画撮影をするときは通常撮影時でも手振れ補正があった方がよいので、それを意識した設計かなと思いました。

質量
「EF24-70mm F4L IS USM」は先日発表されたキヤノン:EOS 6Dのキットレンズにもなっているので、もう少し軽くても良いと思いました。

全長
カメラバッグに入れて持ち運ぶ場合、意外と重要なポイントです。
全長が短い方がコンパクトになるので持ち運びも便利です。
自分もLowepro(ロープロ) パスポートスリングに、EOS5D MarkIIIに「EF24-105mm F4L IS USM」を付けた状態で持ち運んでますが、かなりキツキツで収納してます。
「EF24-105mm F4L IS USM」の全長があと10mm短かったらとよく思います。
そう思うと「EF24-70mm F4L IS USM」の93mmが羨ましく思います。

絞り羽根枚数
9枚と8枚で1枚の差しかありませんが、これが意外と重要なのです。
夜景などで光源を撮影した時、絞り羽根の枚数が偶数だと、光源から延びる光芒(光の線)の数が絞り羽根の枚数になります。
8枚の場合は光芒が8本になります。
しかし絞り羽根が奇数の場合は、光源から延びる光芒が絞り羽根の枚数の2倍になります。
実際に撮影した写真の光芒はこちら

左は絞り羽根が7枚のレンズで撮影した写真の光芒。14本の光芒が見えます。
右は絞り羽根が8枚のレンズで撮影した写真の光芒。8本の光芒が見えます。

「EF24-70mm F4L IS USM」は絞り羽根が9枚なので、光源から延びる光芒は18本になります。
個人的には夜景を撮影する時は光芒が多い方が好きなので、絞り羽根が奇数枚の方が好みです。
ただ自分の持ってるレンズは全て偶数枚。※奇数枚は売ってしまいました。
ますます「EF24-70mm F4L IS USM」が羨ましい。

価格
「EF24-70mm F4L IS USM」は発表したばかりなので、かなりの価格差がありますが、価格が落ち着いてくれば両レンズとも大きな差は無くなると思います。
色々比較してみると、「EF24-105mm F4L IS USM」の優位性は焦点距離だけといった感じなので、焦点距離が24-70mmで許容できる場合は、圧倒的に「EF24-70mm F4L IS USM」の方がおススメだと思います。
自分は子供がいるので、出来るだけレンズ交換が少なく済む様に、ズーム倍率の高い「EF24-105mm F4L IS USM」の方が良いですが、もし「EF24-70mm F4L IS USM」の写りが劇的に良ければ心が傾いてしまいそうです。。。

カテゴリー: Exif-Sum, デジタル一眼カメラ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です