長野県にある横谷渓谷で紅葉を撮影してきました

EOS5D MarkIIIで紅葉を撮りたいと思い、長野県にある横谷渓谷(横谷峡)に家族で旅行に行ってきました。
横谷渓谷は長野県の紅葉の名所としても有名との事だったので、期待を膨らませながら長野県までクルマを走らせました。

横谷渓谷を散策するには、2つ入り口があって、1つは横谷峡入口から、もう一つは横谷観音展望台近くの遊歩道入口から入るルートがあり、うちらは横谷観音展望台の方から入りました。
駐車場は乗用車が30台ほど停められるスペースがあって、当日は平日だった事もあり、クルマは数台しか停まっていませんでした。

先ずは駐車場から横谷観音を目指しました。
道はなだらかな下り坂で、道幅も広く、とても歩きやすかったです。

横谷観音には15分ほど歩いて到着。
早速展望台から紅葉に染まった山並みを撮影しました。

使用レンズ EF24-105mm F4L IS USM 撮影モード 絞り優先
F値 13.0 焦点距離 24mm
シャッター速度 1/1000秒 ISO感度 4000
その他 デジタルレンズオプティマイザ適用、露出補正+1/3

展望台から景色を眺めると下の方に「王滝」という名前の滝が見えます。
滝の近くに行くには、遊歩道を10分ほど歩く必要があり、旅館のチェックインまではまだ時間があったので、家族で王滝を目指す事にしました。
しかし展望台から王滝までの道のりは、今まで歩いて来た道とは違って、道幅も狭く、階段の段差もそれなりにあるので、遊歩道というよりかは登山道に近い感じがしました。
ただ荒れた道ではなく、滑落の危険がある場所とかは木の柵があるので、整備された登山道といった感じでした。
ちなみに、自分はカメラ機材を肩にかけながら0歳の3男を抱っこひもで抱っこ。2歳の次男は奥さんと手をつないで、4歳の長男は自分の足で王滝を目指しました。
登山道は急な下り階段になっていて人通りもほとんど無く、自分たちのペースで歩きながら、30分くらいで王滝に着きました。

途中には素晴らしい紅葉も観る事が出来て、写真もたくさん撮りました。

使用レンズ EF70-300mm F4-5.6L IS USM 撮影モード 絞り優先
F値 8.0 焦点距離 170mm
シャッター速度 1/80秒 ISO感度 1000
その他 デジタルレンズオプティマイザ適用、露出補正+1/3

もみじの葉が黄色から赤色に変わるコントラストが素晴らしいです。

ちなみに王滝はマイナスイオンがたくさん出ているそうで、家族全員で深呼吸。
長男も深呼吸。

ここから1時間ほど歩いて、横谷峡入口まで行けるそうですが、15時を過ぎていたので自分たちは元来た道を戻る事にしました。
帰りは急な上り階段。
駐車場に戻る頃にはヘトヘトになりましたが、楽しい時間を過ごす事が出来ました。

ちなみに横谷渓谷の展望台から王滝までで撮影した焦点距離を、Exif情報 集計・表示ソフト Exif-Sumで調べたら以下の様な感じでした。

風景は標準ズームを使用し、もみじの葉のクローズアップは望遠ズームで撮影していました。
この様な風景撮影では幅広い焦点距離のレンズを用意した方が、色々な撮影が出来ると思いました。

カテゴリー: Canon EOS5D MarkIII, Exif-Sum, デジタル一眼カメラ, 家族でお出かけ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です