アコースティックギターのメンテナンス

冬は何かと乾燥する季節です。

我が家のギターも、子供が生まれてからはほとんど弾く機会が無くなり、今は部屋の片隅で放置された状態となっています。
しかし年に一度、この季節になると放置されたギターたちのメンテナンスをします。

メンテナンスといっても、たいそうな事をするつもりは無く、とりあえず必要最低限の事をします。

1.ギター本体のメンテナンス
我が家は「ギター職人のポリッシュ」という製品を使って、ギターの磨き上げを行います。
ラッカー塗装されたギターには最適との事で、既に10年以上この製品を使い続けています。

最近は年に一度くらいしか使わないので、色が変色しまっています。

2.フィンガーボードのメンテナンス
ギターは弾かないとフィンガーボードの木の水分が無くなって、最悪の場合フィンガーボードが割れてしまう事もあります。
それを予防するために、Historyのネックオイル(Neck Oil)と呼ばれる製品を使っています。

今まではレモンオイルを使っていましたが、匂いが強いのと、しばらく使わないと蒸発して無くなってしまうのが嫌でした。
ネックオイル(Neck Oil)は昨年購入しましたが、匂いもほとんど無く、勝手に蒸発する事も無いので、自分としては使い易い製品です。
値段はちょっとお高めですが、エボニー指板とローズウッド指板のギターで使っていて、問題は発生していないので長く使えそうな製品です。

あとは、湿度管理でモイスキーパー(楽器用湿度安定剤)を使っています。

とりあえず、子供たちがもう少し大きくなってきたら、また弾き始めたいと思います。
それまでは暫くの間、ギターを磨くだけの日々が続きそうです。。。

カテゴリー: ギター パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です