静岡にいちご狩りに行ってきました

我が家は毎年この時期になるといちご狩りに行きます。
一昨年は栃木の佐野、去年は山梨、そして今年は静岡に行ってきました。

場所は清水駅の近くに「いちごライン」という道があり、その道沿いにあるいちご狩りの萩原農園に行ってきました。
いちご狩りの萩原農園はいちごが棚田(石垣イチゴ)で栽培されているのが特徴で、いちごを採るのにしゃがむ必要が無く、0歳の3男を抱っこしながら、しゃがまずにいちごが食べられるのでとても便利です。

料金は1月は大人2100円、子供1050円とちょっとお高いですが、時間無制限で3歳以上から有料なので、2歳の次男はタダ。
場所によっては2歳以上から有料の場所もあるので、我が家的にはそんなに値段の差はありませんでした。

しかも時間無制限なので、子連れの家族にとってはゆっくりといちご狩りを堪能できます。

長男も次男もいちごが大好きで、長男は料金の元を取りそうな勢いで猛烈に食べていきます。
↓食べてる合間にいちごを愛でてます↓

いちごの味はとても甘く、過去に行った佐野、山梨に比べても甘みがあって美味しいです。
コンデンスミルクもセットで付いてきますが、無くても充分甘いです。
始めはコンデンスミルクを付けないで食べていましたが、若干飽きてきたので、コンデンスミルクに付けて食べると、これがまた旨い。
コンデンスミルクはポーションカップに入っていて、今まで見た事がないものでしたが、このコンデンスミルクが超旨い。
後でインターネットで調べたら「冨士 コンデンスミルクポーション」と分かりましたが、amazon、楽天を探した限りでは一般には販売されていないようでした。
ぜひ買って家でもいちごに付けて食べたいと思いました。

いちご狩りの後は清水寿司横丁で回転寿司を食べて、その後日本平に行きましたが、当日は曇ってて景色がイマイチ。
とりあえず記念撮影だけして、あとは家路に着きました。

写真などのデータ保存に適した媒体は?

前回の記事でデジタル一眼カメラで撮影した写真の保存方法を書きましたが、画像データの保存先はNAS以外にもあります。
普通の外付けハードディスク、ブルーレイディスク、DVDなど。

我が家は画像データをNASに保存していますが、どの媒体が最も適しているのか?
NAS、オンラインストレージ、外付けHDD、ブルーレイディスク、DVDでそれぞれ比較してみました。

媒体 容量 価格 安定性 使い易さ
NAS 2TB 73,000円
オンラインストレージ 100GB 4000円/年
外付けHDD 2TB 8400円(※1)
ブルーレイディスク 25GB×50枚 3780円(※1)
DVD 4.7GB×50枚 974円(※1)

※1:2013年1月26日価格.comの売れ筋ランキング1位の価格より抜粋

◆価格
媒体によって価格もさまざまですが、1GBあたりの価格を算出(小数第一位未満四捨五入)してみると、以下の様な結果となりました。
NAS:35.6円
オンラインストレージ:40円
外付けHDD:4.1円
ブルーレイディスク(BD-R):3円
DVD-R:4.1円
やはり価格が落ち着いてきた、ブルーレイディスクが1GBあたりの価格が最も安かったです。
また今回紹介したオンラインストレージは、年単位の契約なので、長期間データを保存する様な使い方には適していません。

◆安定性
ここでいう「安定性」とは、画像データを損失するリスクが少なく、安心してデータを保存しておけるという意味です。
NASは2台構成である為、1台のハードディスクが壊れてもデータの損失を回避できます。
オンラインストレージはディスクの保守、メンテナンスを業者が行ってくれるので、安心してデータを保存する事が出来ます。
一方で外付けHDDはディスククラッシュのリスクがあるので、クラッシュ時はデータの損失は避けられません。

◆使い易さ
外付けHDDはUSB接続タイプであれば、PCと接続するだけで使えるようになるので、非常に便利です。
NASは最初の環境設定が面倒くさいですが、一度設定をすればあとは外付けHDDと同じような感覚で使用できます。
逆にオンラインストレージはデータ保存時にインターネット環境にアクセスするので、通信スピードが遅いと保存に時間がかかります。
DVDも今となっては保存容量が少ない媒体なので、個人的には使い勝手が悪い感じです。

デジタル一眼カメラで撮影した写真の保存方法

EOS 5D Mark IIIを購入して半年が経ちました。
撮影枚数は5千枚を超えて、保存容量も100GBになっています。
自分の場合は画像の保存形式に、CF(コンパクトフラッシュ)カードにRAWデータを保存し、SDカードにS2(スモール2)データを保存しています。
RAWデータはパソコンで現像し易くする為、オリジナル画像を保存し、S2データは友人にあげたり、自宅のブルーレイレコーダー DIGA(ディーガ)のSDドライブでテレビに映して家族で楽しむ用にしています。

ただ困るのがどの様に画像データを保存しておくか?
最近のデジタル一眼カメラは画素数が増えて、写真1枚当たりの画像サイズも増えています。
EOS 5D Mark IIIもRAWデータで27.1MB(使用説明書より抜粋)もあり、市販のパソコンのハードディスクに保存していると、すぐに容量がいっぱいになってしまいます。
またハードディスクには故障のリスクも伴うので、万が一故障したら今まで撮影した画像データが失われてしまいます。

我が家の場合はNAS(Network Attached Storage)を購入して、そこに画像データをすべて保存しています。

NASはUSB接続のハードディスクと違って、ローカルネットワークを構築する知識が必要ですが、自分にとってNASの最大の利点はRAID構成が組める事です。
RAID構成とは2台以上のディスクで構成され、1台のディスクが故障してもデータが失われない機能を持ちます。
ただ値段が高いのがネック。

2TBのハードディスクを2台構成にしていますが、費用は全部で約73,000円しました。
我が家の場合はExif-Sumやzipnaviなどのソースファイルなど、絶対無くなってはいけないファイルもあるので、保険の意味も込めて高い買い物をしていますが、購入後1年半経って何の問題も発生していません。

とりあえず2TBあれば当分の間は満杯になる事もなさそうなので、暫くはこのNASを使っていきたいと思います。