デジタル一眼カメラで撮影した写真の保存方法

EOS 5D Mark IIIを購入して半年が経ちました。
撮影枚数は5千枚を超えて、保存容量も100GBになっています。
自分の場合は画像の保存形式に、CF(コンパクトフラッシュ)カードにRAWデータを保存し、SDカードにS2(スモール2)データを保存しています。
RAWデータはパソコンで現像し易くする為、オリジナル画像を保存し、S2データは友人にあげたり、自宅のブルーレイレコーダー DIGA(ディーガ)のSDドライブでテレビに映して家族で楽しむ用にしています。

ただ困るのがどの様に画像データを保存しておくか?
最近のデジタル一眼カメラは画素数が増えて、写真1枚当たりの画像サイズも増えています。
EOS 5D Mark IIIもRAWデータで27.1MB(使用説明書より抜粋)もあり、市販のパソコンのハードディスクに保存していると、すぐに容量がいっぱいになってしまいます。
またハードディスクには故障のリスクも伴うので、万が一故障したら今まで撮影した画像データが失われてしまいます。

我が家の場合はNAS(Network Attached Storage)を購入して、そこに画像データをすべて保存しています。

NASはUSB接続のハードディスクと違って、ローカルネットワークを構築する知識が必要ですが、自分にとってNASの最大の利点はRAID構成が組める事です。
RAID構成とは2台以上のディスクで構成され、1台のディスクが故障してもデータが失われない機能を持ちます。
ただ値段が高いのがネック。

2TBのハードディスクを2台構成にしていますが、費用は全部で約73,000円しました。
我が家の場合はExif-Sumやzipnaviなどのソースファイルなど、絶対無くなってはいけないファイルもあるので、保険の意味も込めて高い買い物をしていますが、購入後1年半経って何の問題も発生していません。

とりあえず2TBあれば当分の間は満杯になる事もなさそうなので、暫くはこのNASを使っていきたいと思います。

カテゴリー: Canon EOS5D MarkIII, デジタル一眼カメラ, パソコン パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です