海ほたるで夕日を撮影

千葉県のドイツ村に行った帰りに、夕日が綺麗だったので海ほたるで夕日の撮影をしました。
日没までにはもう少し時間が必要でしたが、子供たちと奥さんをクルマに残しているので、日没まで待つことは出来ず。
とりあえず、数枚撮影してみました。

東京湾を行き交う船と、飛行機を点景に入れられるのは、海ほたるならでは風景です。

出来ればこのままマジックタイムを迎えたいと思いながらも、海ほたるを後にしました。

ドイツ村に芝桜を見に行ってきました

先日、千葉県にある東京ドイツ村 | 千葉県袖ケ浦市にある花と緑のテーマパークに家族で行ってきました。
事前にホームページで調べたら、ちょうど芝桜が咲いている季節という事で、趣味の写真撮影も兼ねて遊びに行ってきました。

ドイツ村はとにかく敷地が広く、クルマで園内を回りながら好きな場所に移動する感じです。
ドイツ村に入園してから最初に行ったのは芝桜エリア。

HDR合成しているので、歩いている人が多重に写ってしまっていますが、それも写真の演出って事で。。。

エリア内は通路があって、散歩しながら芝桜を観る事が出来ます。
当日は人も少なかったので、散歩していてとても気持ち良かったです。
子供のスナップも撮影。

その後は観覧車に乗って園内を見渡すと、改めてドイツ村の広さに驚きました。
写真は芝桜と入口ゲートを撮影したものです。

他にも園内には遊具があるので、小さな子供にはいい遊び場になります。

お弁当を持って、家族でゆっくりするにはいい場所だと思いました。

拡張ピクチャースタイル「トワイライト」を試す

画像を現像する際に、キヤノンの現像ソフトキヤノン:Digital Photo Professionalを使用してピクチャースタイルを選ぶ事が出来ますが、プリセットでインストールされているピクチャースタイル以外に、拡張ピクチャースタイルをキヤノンのサイトからダウンロードして使用する事が出来ます。
詳細はキヤノン:ピクチャースタイルで確認できます。

日没後の富士山撮影する事が出来たので、ダウンロードしたピクチャースタイル「トワイライト」を試してみました。

左の写真がピクチャースタイルを「トワイライト」にしたもの。
右の写真がピクチャースタイルを「風景」にしたものです。
設定はピクチャースタイルだけを変更し、それ以外は変更していません。

「トワイライト」は夜空の色がかなり紫がかった色になっています。
ちょっと違和感のある色なので、同じくDPPで色の補正をしたら、それなりの色にする事が出来ました。

夜空の色はピクチャースタイル「風景」に近くなってしまいましたが、夕焼けと夜空の間のグラデーションがいい感じになりました。

他にも色々な拡張ピクチャースタイルがるので、また試してみたいと思います。

新幹線が間近で観れるカフェ

以前、東京駅の近くで新幹線を間近で観れるカフェがあるというのを、奥さんがママ友から聞いたらしく、先日東京駅に行った際についでに寄ってみました。
東京駅の近くにあるスターバッスクコーヒーで、窓側に6席ほどの座る椅子があり、目の前に新幹線の線路があるので、 そこを通過する新幹線を間近で観る事が出来ます。

ただ休日はたくさんの子供たちで賑わうそうで、窓側の席を取るのは難しそうです。

地図はこちら

SLパレオエクスプレスを撮影

3月20日から秩父鉄道|都心から一番近い蒸気機関車 パレオエクスプレスが運行を開始したので、写真撮影と鉄道好きの子供を喜ばせるべく、パレオエクスプレスに乗車してきました。

パレオエクスプレスは指定券と自由席券の2種類があり、指定券は700円、自由席券は500円が乗車券とは別に必要になります。
パレオエクスプレスは初めて乗車するので、混雑の状況とかも分からなかったので今回は指定券を購入しました。
指定券は座席に座る人数分必要で、3男は抱っこなので必要なし。
長男と次男と奥さんの3枚を購入しました。

ちなみに自分はパレオエクスプレスを撮影する為、乗車はせずに撮影ポイントに先回りしてパレオエクスプレスの通過を待って写真撮影をする予定でした。
当日は三峰口駅から乗車すべく、クルマで駅まで移動。
出発時刻の40分ほど前に駅に着いたら、パレオエクスプレスの周りに既に人だかりが・・・

パレオエクスプレスは、客車を切り離してメンテナンス中でした。
とりあえず停車中のパレオエクスプレスを白黒で撮影。

三峰口は14時発だったので、自分は発車前にクルマで移動して、事前にインターネットで調べた撮影ポイントに移動。
程なく橋の上を通過するパレオエクスプレスを撮影。

ここは近くに駐車場もあるので、そこに停めて撮影しました。
当日は曇り空だったのが残念ですが、秩父の山々を背景にパレオエクスプレスが駆け抜ける写真が撮れました。
ここではパレオエクスプレスまで距離があったので、予め置きピンをして、構図を意識して撮影を行いました。

次に長瀞まで移動し、駅前の駐車場に駐車して長瀞駅付近で撮影。

パレオエクスプレスはとてもゆっくり走行するので、当日は道が空いていた事もあり、パレオエクスプレスの到着を先回りして撮影する事が出来ました。
ここでは、後方から迫ってくるパレオエクスプレスを「AIサーボAF」で、ピントを合わせ続けながら数枚撮影しました。

長瀞駅で奥さんと子供たちも降車し、そこで合流。
長瀞で観光を楽しんで、家路につきました。

今回自分が撮影したところは、自分以外にカメラマンはいませんでしたが、パレオエクスプレスに乗車した奥さん曰く、カメラマンが集結しているところがいくつかあったそうなので、知る人ぞ知る撮影スポットがあるようです。

あと、自分が撮影した2枚の走行写真は、どれも煙の吐き方がいまいちだったので、今度は煙のたくさん吐く場所を探して撮影したいと思いました。