SLパレオエクスプレスを撮影

3月20日から秩父鉄道|都心から一番近い蒸気機関車 パレオエクスプレスが運行を開始したので、写真撮影と鉄道好きの子供を喜ばせるべく、パレオエクスプレスに乗車してきました。

パレオエクスプレスは指定券と自由席券の2種類があり、指定券は700円、自由席券は500円が乗車券とは別に必要になります。
パレオエクスプレスは初めて乗車するので、混雑の状況とかも分からなかったので今回は指定券を購入しました。
指定券は座席に座る人数分必要で、3男は抱っこなので必要なし。
長男と次男と奥さんの3枚を購入しました。

ちなみに自分はパレオエクスプレスを撮影する為、乗車はせずに撮影ポイントに先回りしてパレオエクスプレスの通過を待って写真撮影をする予定でした。
当日は三峰口駅から乗車すべく、クルマで駅まで移動。
出発時刻の40分ほど前に駅に着いたら、パレオエクスプレスの周りに既に人だかりが・・・

パレオエクスプレスは、客車を切り離してメンテナンス中でした。
とりあえず停車中のパレオエクスプレスを白黒で撮影。

三峰口は14時発だったので、自分は発車前にクルマで移動して、事前にインターネットで調べた撮影ポイントに移動。
程なく橋の上を通過するパレオエクスプレスを撮影。

ここは近くに駐車場もあるので、そこに停めて撮影しました。
当日は曇り空だったのが残念ですが、秩父の山々を背景にパレオエクスプレスが駆け抜ける写真が撮れました。
ここではパレオエクスプレスまで距離があったので、予め置きピンをして、構図を意識して撮影を行いました。

次に長瀞まで移動し、駅前の駐車場に駐車して長瀞駅付近で撮影。

パレオエクスプレスはとてもゆっくり走行するので、当日は道が空いていた事もあり、パレオエクスプレスの到着を先回りして撮影する事が出来ました。
ここでは、後方から迫ってくるパレオエクスプレスを「AIサーボAF」で、ピントを合わせ続けながら数枚撮影しました。

長瀞駅で奥さんと子供たちも降車し、そこで合流。
長瀞で観光を楽しんで、家路につきました。

今回自分が撮影したところは、自分以外にカメラマンはいませんでしたが、パレオエクスプレスに乗車した奥さん曰く、カメラマンが集結しているところがいくつかあったそうなので、知る人ぞ知る撮影スポットがあるようです。

あと、自分が撮影した2枚の走行写真は、どれも煙の吐き方がいまいちだったので、今度は煙のたくさん吐く場所を探して撮影したいと思いました。

カテゴリー: Canon EOS5D MarkIII, デジタル一眼カメラ, 家族でお出かけ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です