miniクロスオーバーを運転してみました

先日MINI Japan – MINI One Crossoverをを借りる事が出来たので、30分ほど夜の市街地を運転してきました。
ついでにEOS5D MarkIIIも持出して、撮影もしてきました。

ミニは外装のデザインが個性的ですが、内装もかなり個性的で、非日常的な雰囲気に浸れるクルマです。

内装についてはインパネ周りやスイッチ類もユニークで、初めて運転する人にとっては、スイッチ類が若干分かりずらい部分もありますが、慣れれば運転は可能だと思います。

ヘッドライトやウインカー、ワイパーなどは直ぐに分かりますが、ウィンドウの空け方などは最初は迷います。
ちなみに、自分はドアミラーのたたみ方が最後まで分かりませんでした。もしかしたら、たためないのかな・・・

運転してみた感じは、車高が高い割にはコーナーも安定して曲がる事が出来て、一人で乗るなら充分な加速感を味わえます。
見た目のデザインとは違い、走りはしっかりとした印象を受けました。
自分の感覚では時速60kmくらいで走ってる時がいちばん気持ち良いです。
ただ渋滞時の様に低速で走ったり停まったりを繰り返すと、クルマがガクガクする時がありました。

後部座席は余裕のある造りになっていて、大人が座っても窮屈な感じはしませんでした。
後部座席後ろのスペースはほとんど無いので、大人4人乗って更に大きな荷物は積むのは厳しい感じでした。
ただこのクルマに乗ってると何か楽しい事がしたくなる、そんな気持ちにさせてくれるクルマだと思いました。

ちなみに上記の写真は、1枚目は夜だったの利用して、暗い背景を利用して白色のボディーを強調するように撮影してみました。
2枚目は街灯が差し込んだ運転席を運転者の視点で撮影してみたのですが、暗すぎてオートフォーカスが合焦せず、マニュアルフォーカスで撮影しましたが、若干ピントが甘くなっていまいました。
両者の写真は通常であれば三脚が必要な暗さですが、ISO12800の手持ち撮影で撮影したものです。
充分な撮影準備はしなくても、ちょとした軽い気持ちでこの様な写真が撮影できてしまうのもEOS5D MarkIIIの凄いところです。

トヨタ86(ハチロク)の展示車に乗ってみた

先日、トレッサ横浜|TRESSAに行った際に、toyota.jp 86の実車が展示されていました。
このクルマはトヨタが久しぶりに出したスポーツカーで、カー雑誌でも何度も取り上げられていたので、気になっていました。

展示車なので運転は出来ませんが、シートに座る事は出来そうだったので、早速座ってみました。
ただ、雑誌での注目とは裏はらに、あまり人だかりはありませんでした。
やっぱ最近はスポーツカーは流行らないのかな。
並んでいる人もいなかったので、早速運転席のドアを開けて、シートに座ってみました。

座った瞬間、座席の低さにドキッとします!
そして抜群のシートのホールド感!
身長173cm、体重73kgの若干メタボな自分がスッポリ納まりました!
しかもシートは固すぎず、柔らかすぎずちょうどいい感じで、この辺はよく研究されてるなっていう印象を受けました。

座席に座った感じはまさにスポーツカー!
これなら高速コーナーリングの時でも、身体が振られる事はないと思いました。

次にハンドル、これも「トヨタ車最小径」とパンフレットに書いてある通り、通常のクルマに比べてかなり小さいです。
両手でガッチリ握って運転したくなる感じです。

展示車はマニュアルミッションでしたが、クラッチを踏んだ感じやマニュアル操作のギアの入り具合などがスムーズで、運転してみたいなーという気にさせてくれます。

外見も、最近スポーツカーっぽいデザインで、流線型と直線のラインがうまく取り入れられています。

中でも個人的に一番気に入ったのはマフラーのデザインです。

最近のクルマはマフラーを大きく見せるタイプのクルマが多いですが、マフラーの覗き込むと中に小さなマフラーが見えていてなんかかっこ悪く感じていました。
トヨタ86もマフラーは大きいのですが、中にある小さなマフラーを覆うようにデザインされているので、見た目がとてもカッコいい!
もっと斜め上にせり出した感じにすれば、TVRのタスカンのマフラーみたいなになってもっとかっこいいと思いました。

出力も200馬力あり車重の前後53:47とバランスもよく、パワーウェイトレシオも6kg/psなので、それなりに速く走りそうな印象を受けました。

価格も、マツダのロードスターと似た価格帯になってるので、クーペの86とオープンのロードスターといった感じになると思います。
また同じく日産スポーツカーである、フェアレディZの価格が360万以上するので、それに比べるとだいぶ安いと感じました。

自分は過去にアムラックス東京のタイムレンタルを利用して、色々な車を運転させてもらいましたが、トヨタ86がタイムレンタルできるようになったら、ぜひ運転してみたいと思いました。
エンジンがスバル製なだけに、今後売れ行きが好調だったら、ターボモデルなんかも出してもらえると、もっと面白いクルマになるかも。。。
この外見と乗った感じでは280馬力でパワーウェイトレシオも5kg/ps以下でも、十分走りそうな感じでした。

長野のビーナスラインを走りました

久しぶりに長野に旅行に行ったので、久しぶりのドライブを楽しもうとクルマでビーナスラインを走ってきました。
ビーナスラインは、長野の茅野から、美ヶ原までを結ぶ道路の事で、個人的にはドライブを楽しむのに適したお気に入りの道路です。

ビーナスラインは過去2回通った事があり、いづれも茅野から美ヶ原まで走りましたが、途中には霧ヶ峰や、八島湿原などの自然を楽しむ観光スポットがあり、更に道路の路肩には木々も少ないので景色が良く、適度なワインディグロードになっているので、走っていてとても気持ちがいいのです。

※写真は、助手席に座っている奥さんが撮影しました。
ドライブ当日は曇っていましたが、晴れているととても景色が良いです。

過去2回は独身時代だったので、ドライブに集中できましたが、今回は子どもが2人もいる中での走行で、なおかつ正午までに長野に到着しなければならなかったので、美ヶ原までの走行は諦め、白樺湖から扉峠を経由して「よもきこば林道」を通り松本に抜けるルートを選びました。


大きな地図で見る
※松本から長野までは高速道路。

ちなみに、扉峠から松本までのルートは、若干遠回りしていますが、県道67の一部と283号はいわゆる「険道」である為、この道の走行は避けています。
一般の乗用車で立ち入るのは危険なので、避けたほうが無難です。
具体的にどのような道路なのかを知りたい方は、下記のサイトで確認できます。
そして道は続く~長野県道67号~
そして道は続く~長野県道283号~

今回も快調にドライブ!と思いきや、カーブの連続で0歳の次男は泣くわ、3歳の長男はクルマ酔いで気持ち悪くなるわ、挙句の果てには次男をなだめていた奥さんまで気持ち悪くなるわで、結局ドライブを楽しむ事無くのんびり走行で松本まで走りました。
更には、気持ち悪くなった奥さんから「今後のビーナスライン走行禁止!」と痛烈な一言まで出てしまい、散々な目にあってしまいました。

ビーナスラインは家族を乗せて走るには、かなり気を使う必要がある事を思い知った一日でした。。。

電気自動車TESLRがコストコに展示されてました

先日川崎市にあるコストコに行った際に、見慣れないクルマが店内に展示されていました。
見た感じスポーツカーっぽいのですが、なんか雰囲気が違う。

近くにいた店員に話を聞くと、スポーツカータイプの電気自動車だそうです。
名前はTESLRと言いますが聞いた事がない車名です。

とりあえずパンフレットをもらって中身を見たら、その値段にビックリ!
TESLA Roadster Sport:14,815,500円
1000万円を軽く超える値段ではありませんか・・・

驚きのあまり、写真を撮り忘れてしまったので、詳しい写真はこちらのサイトで見てください。

こんなクルマがコストコに展示されてるなんて・・・
ちょっと興味が湧いたので、早速運転席に座らせてもらいました。

座席はさすがに低く、ドアを開けて座った状態で下に手を伸ばすと、フツーに地面に手が届きます。
また座る位置とアクセルも同じ高さなので、座ると言うよりかは、人が運転席に収まるという感じです。
座った感じは本格的なスポーツカーでした。
またマニュアルは無く(そもそもギアが無いらしい)、レンジの切替はシフトノブではなく、ボタン式になっていたのがユニークでした。

ただ全体的に質感がイマイチだったのが残念でした。
ドアの閉開音、インパネ、スイッチ類を触った感じなど、1000万円超えのクルマなら、もう少しその辺の質感を高めて欲しかったです。

ちなみにTESLRの車重は1235Kgなので、かなり軽いです。
店員の話によると、ボディのいたるところでカーボンファイバーを使用している為軽いとの事。
1235Kgのうちバッテリー重量は450Kgあるので、実質バッテリーを除いた車重は785Kgになります。これは軽い!
この軽さのおかげか、0-97Kmの加速も3.7秒とスーパーカー並みの加速性能を出しています。
1回の充電で394Km走行可能なので、日帰り旅行も充分可能です。

でも実際に運転した時のイメージが湧きません。
全開加速しても、普通のスポーツカーなら激しいエキゾーストノートと共に、一気に加速していく感じですが、このクルマの場合は100%電気自動車なので、マフラーもありません。
電気自動車特有のキーンという音が辺りに響くだけだと思うと、ちょっと不気味な感じもします。
YouTube – 電気自動車はスポーツカーの夢を見るか? テスラ ロードスター(Tesla)に動画がアップされていますので、興味のある方は見てください。
このレポートによると、走りは今までのスポーツカーとは違った、飛行機が加速する様な感じとの事です。

未来のスポーツカーはみなこうなってしまうのでしょうか?
ちょっと寂しい感じもしますが、今の時代はエコが最優先。激しいエキゾーストノートは過去のものとなっていくのでしょう。。。

新緑の箱根(TOYO TIRES)ターンパイク

箱根に日帰り旅行に行った際に、久しぶりにTOYO TIRES ターンパイクを走ってきました。
昔は「箱根ターンパイク」という名前でしたが、東洋ゴム工業とネーミングライツに関して合意し、2007年3月1日からTOYO TIRES ターンパイクという名前に変わったそうです。
個人的には「箱根ターンパイク」という名前の方がなじみがあって良いです。

小田原厚木道路を下り、ターンパイクの入り口に入り、ゲートで700円を払って、そこから一気に加速!
標高約1000mの大観山までの約14kmの道のりを一気に駆け上がります。

我が家の愛車はスポーツセダンでありながら幼い子供を2人も乗せているので、エンジンを高回転まで吹かす事が出来ませんでしたが、今日は奥さんと2人きりなので、久しぶりにスポーツセダンの乗り味を堪能しました。

この時期のターンパイクは新緑がとても綺麗で、目が癒される感じがします。
自分が運転を楽しんでいる間、ウチの奥さんはカメラで新緑を撮影してました。
新緑のターンパイク

ただ、走っていてちょっと気になる事が・・・
昔に比べてエンジンの吹け上がりがイマイチなのです。
普段はスーパーの買い物や、奥さんのショッピングなど、街乗りをメインで使っていたので、エンジンが鈍ってしまった様な感じを受けました。
ターンパイクは終点近くに、急な上り坂の直線道路があり、そこでいつもアクセルを踏み込むのですが、最高馬力を出す回転数までなかなか伸びず、速度も思った以上には出ませんでした。。。

クルマもたまにはこういう場所に連れてきて、リフレッシュしてやらないとダメだな~と思いました。
ただ、コーナーでのハンドルのグリップ、高い旋回性は健在で、久々に横Gを感じながらの走行は楽しかったです。

通行料は700円とやや高めですが、ドライブを楽しむには高くない値段だと思います。
箱根に行く際には、また利用したいと思いました。

神奈川県の道路事情

神奈川県を自動車で走っていると、とにかく渋滞にハマる事が多いです。
特に川崎市の内陸部、横浜市港北区付近、横浜市戸塚区などなど。。。
この辺は大きな幹線道路が少なく、片側1車線、良くて片側2車線の道路が多く、10Km程度の距離を走るのにも、30分~1時間近くの時間を要します。
しかも、路線バスもたくさん走ってて、片側1車線の道路の先に路線バスが走っていると、「今日はツイてないな」と思ってしまいます。

東京みたいに、神奈川県にももっと首都高速を張り巡らして欲しいものです。
と、道路関係のサイトを色々調べていたら、一応神奈川県も頑張っているようです。
首都高速道路株式会社|道路事業|今後の整備計画を見ると、「横浜環状北線」、及び「川崎縦貫道路1期」(一部開通)を計画中のようです。
※一部区間は既に工事が始まっているようです。

また、「中央環状品川線」も全線開通すれば、関越自動車道、東北自動車道へアクセスする際も、都心環状線(C1)を通る必要が無くなります。
我が家にとってはどれも必要な道路、早く作ってくださいな。。。

あと、国土交通省のサイトからは関東地方の主要道路事業(首都圏)(案)なる資料もありました。
これはあくまで案なので、実現は程遠い先になると思いますが、調査中区間も含め、全ての道路が出来たらかなり便利になりそうです。

税金の無駄遣いが指摘されるこの世の中、こんな事を言うのも不謹慎かもしれませんが、アクセスの良い道路が増えれば、CO2の削減にも繋がるので、是非とも国には頑張って欲しいものです。。。

朝霧高原まかいの牧場に行きました

久々の平日休暇を利用して、朝霧高原へ日帰りで行ってきました。
昼ご飯は「道の駅」でヨーグル豚を食べ、午後は子供を遊ばせるべく、まかいの牧場/静岡県富士宮朝霧高原/自然と動物とふれあえる体験型の牧場に行きました。

朝霧高原は他にも色々なレジャー施設がありますが、気軽に動物と触れ合えて、遊具設備もあるので2歳の子供を遊ばせるにはちょうどいいと思いここに決めました。
駐車場は平日にも関わらず、駐車場に停まっている車が多い。意外と人気スポットなのか・・・
入場料は大人700円、3歳未満は無料だったので、合計で1400円。ちょっと高い気もしますが、とりあえず入場料を払って施設の中へ・・・
まかいの牧場1

車が多かった割には場内に人は少なく、芝生が多いので子供を遊ばせるにはちょうどいい感じです。
また動物と人の歩く場所が分かれているので、動物のフンを踏む心配もありません。
全体的にきれいな感じの施設なので、子供を自由に歩き回らせる事ができて親の負担も少ないです。

とりあえず子供を遊ばせようと、芝生の丘(海の見える丘)にある遊具施設へ行きました。
この遊具施設はやぐらや、滑車ロープなどがあり、小学生向きの遊具という感じですが、ウチのチビは果敢にもやぐらの頂上へ向け、はしごを上り始めました。
チビ
はしごはけっこうな角度なので、2歳児じゃむりだろうと甘く見てましたが、チビはひるむ事無く登っていきます。
恐るべし2歳児。
このまま登りきったら、降りるのが大変だと思い、4、5段登ったところで強制降下。
しかし懲りずにまた登り始めます。

しょうがないな・・・自分もちょっと子供心に戻って、一緒にはしごを上り、やぐらの頂上まで行きました。
頂上は景色がよく、当日は曇っていて富士山が見えませんでしたが、晴れていたら絶景だったと思います。
と、景色に浸るのはここまで、、、さてどうやってこのはしごを子供と一緒に降りようか?

子供と一緒にはしごを降りるなんて経験は初めてなので戸惑いながらも、まず自分が先にはしごを数段降りて、子供を頂上から1段降ろし、次に自分が1段降りて、子供も1段降ろし、を繰り返して下まで到着。
ふ~父親ってのも大変だ。。。これ以上は太れないと思いました。

最後は子供を膝に乗せ、滑り台で下まで一気に降下。
しかしこの滑り台、以外とスピードが出るのです。
どんどん加速して下に着いた時に、足をおもいっきり地面ついて、その衝撃が腰に、、、それでも勢いが止まらず、そのまま前のめりになって、子供を投げ出しそうになりましたが、何とかこらえて無事着地。
子供はゲラゲラ笑ってましたが、結構あぶなかったです。しかも腰が痛い。。。

子供はまだ遊びたそうな感じでしたが、これ以上やると腰が悪くなりそうなので、芝生の丘を撤退。
とりあえず、こんな状況ながらも芝生の丘が綺麗だったので趣味用の写真を撮影。
丘

その後、行楽地に来た時の我が家の定番、ソフトクリームを食べて休憩。

ふと前方に目をやると、そこにはハンモックが・・・
ハンモックには疲れたお父さんであろう人たちがたくさん寝てました。

更にその先には幼児用の遊具施設があり、たくさんの子供が遊んでました。
ウチのチビもここで遊ばせれば良かったよ、と思い、自分もハンモックでちょっとだけ横になり休憩、
のつもりが、チビは幼児用の遊具では遊ぼうとせず、ハンモックによじ登ってきます。
結局あまり休めず、お土産を買って返る事に。。。

結構疲れましたが、久々に楽しい1日でした。

朝霧ヨーグル豚の味は?

久しぶりに平日休みが取れたので、ちょっと遠出して朝霧高原まで行きました。
ウチの奥さんがインターネットで調べて「朝霧高原のヨーグル豚を食べてみたい」という話が発端となり、高速道路を走らせて道の駅「朝霧高原」まで行きました。
道の駅
道の駅は平日にも関わらず車が一杯で、すぐには駐車場に停められず、駐車場の周りを1周回って、ようやく1台の空きを見つけました。
休日だったらもっと混んでるだろうな・・・

時間も正午を回っていたので、早速道の駅にあるレストランへ・・・
しかし食券売り場には既に行列が・・・
うちらが食券を買う頃には席もほぼ埋まってしまい、最後の一席をなんとか確保できました。
ちなみに、2人で同じメニューを頼んでもつまらないので、ウチの奥さんはロースかつ定食(1050円)、自分は肉丼(600円)をオーダーしました。
少し待ってからロースかつ定食が出てきました。
↓ ロースかつ定食 ↓
ロースかつ定食

ロースかつ定食が出てきてから5分くらい経ってから肉丼が出てきました。
↓ 肉丼 ↓
にく丼

まずロースかつ定食の味は、普通のロースかつに比べて味がマイルドで、肉もとても柔らかく美味しかったです。
さすがにヨーグルトの味はしませんでしたが、ウチの奥さんは大絶賛でした。
1050円でこの味なら自分も大満足!
このレストランではコロッケ定食が人気のようですが、ロースかつ定食もオススメです!

続いて肉丼。
ちょっと肉が少ない印象を受けましたが、ロースかつ定食に比べると、それほどの感動はありませんでした。
フツーの肉丼(豚丼)という印象です。
たぶん肉丼はタレに浸かってしまっているので、肉自体の味がタレと混ざってしまっている感があります。
それに対し、ロースかつはころもの中に肉の旨みが凝縮されている感じです。
とりあえずこの2品に関してはプラス450円払っても、ロースかつ定食に軍配です。

ロースかつに満足し、地元農産物販売コーナーで梨とナスなどの野菜を買って、道の駅を後にしました。
ちなみに梨は4個で300円。都内のスーパーに比べてかなり安く、家に帰って食べたらとても美味しかったです。

富津岬に行ってきました

お盆の時期、東名高速や中央高速は渋滞がひどい時には30~40Kmになる場合があり、日帰りで遊びに行く気にはなれません。
そこで、通行料が800円になったアクアラインを使って、千葉県の富津岬に行ってきました。
アクアラインなら渋滞しても数キロなので、子供がグズる心配も無く安心です。

富津岬に一番近い高速道路のインターは「木更津南IC」ですが、アクアライン(東京方面)から行くと木更津JCTを経由して、U字を描くように走る為、遠回りで高速料金も無駄に払う様な気がしたので、「木更津金田IC」で高速を下りて、一般道で富津岬を目指しました。
車で走る事約30分、ようやく富津岬に到着しました。

近くには無料駐車場もあり、海水浴客やバーベキュー客の車で賑わっていました。
早速車から降りると、そこには巨大な建造物が・・・
明治百年記念展望塔

明治百年記念展望塔という建造物だそうです。
ここに登ったら東京湾が一望できるぞ!

ちょっと無駄に大きな作りの様な気がしますが、それはさておき、近くの砂浜で遊ぶ奥さんと子供を残し、階段を登りました。
マンションの高さで言えば7~8階くらいの高さでしょうか、ようやく頂上に着くと、予想通り東京湾が一望できました。
しかも風が強くて気持ちい・・・
早速東京湾を撮影と思いきや、残念な事に空気が濁っていて、東京湾が綺麗に取れませんでした。
とりあえず、内陸部を一枚。
富津岬
こう見ると、富津岬ってかなり出っ張ってるのが分かります。

とりあえず、一通り写真を撮り終えて下で待っていた奥さんと合流。
さぁ次は何をしようか?・・・といっても周りには砂浜しか無い・・・店も無い・・・

結局やる事が無くなってしまったので、1時間も経たずに富津岬を後にしました。。。
もう少し遊べる施設を作って欲しいと思いました。

時間が余ってしまったので、帰りに富津岬の近くにあるJASCOとカインズホームに寄ってから帰りました。
そこで意外な発見が・・・
カインズホームので売っている日用雑貨がどれも激安なのです。しかも店内が広くて空いてる。
薬も安く、あれこれ1万円近く買ってしまいましたが、都内で買うよりも断然おトクでした。
往復の高速代とガソリン代を含めても、ここまで買いに来た方がおトクな感じでした。
しかもプチ旅行気分も味わえる特典付きです。

富津岬には満足出来ませんでしたが、カインズホームで満足し、来た道を通って家に帰りました。
アクアライン800円効果を実感した日でした。
これからもアクアラインを有効活用していきたいと思います。

2009年東京モーターショーの写真

写真を整理していたら2009年に行った東京モーターショーの写真が出てきました。

この年のモーターショーは不況の影響で、出展メーカーが激減し何とも寂しいモーターショーだった気がします。
クルマの展示も少なかったので、撮影した写真も少ないですが、とりあえずいい感じに撮れた一枚を掲載します。
東京モーターショー2009
個人的にはフレーミングがキマッて、かっこ良く撮れたのですが、場内の照明が邪魔をして、綺麗なボディラインに斑点の様なものが写ってしまいました。

PLフィルターを付けてたら、ある程度除去できていたかも・・・
室内なので、PLフィルターは不要かと思っていましたが、後で後悔しました。。。