天山湯治郷一休に行ってきました

今日は日頃の疲れを癒す為、午前中からクルマで天山湯治郷 一休に行きました。
いつもは天山に行っているので、たまには同じ敷地内にある一休にも行ってみようと思い、今回はそちらに行きました。
平日の午前11時頃に現地に到着し、さすがにこの時間帯は空いていて、駐車場にもクルマが疎らに停まっている程度でした。

この時期は箱根も紅葉シーズンで、天山の敷地内にある「もみじ」の木も綺麗に紅葉していいて、温泉に訪れた人たちの目を引いていました。
一休はお風呂のみで休憩処や食事処などはありません。浴槽は3つで天山同様、内湯的なものは無く、全て露天風呂になります。
屋根付きの浴槽が1つと、屋根無しの浴槽が2つあり、どれも若干熱め(41度くらい)のお湯になってます。
また、男湯からは須雲川を望む事が出来て、とても景色が良く、お風呂に浸かっていてとても気持ちがいいです。
お風呂だけなら天山よりも一休の方が個人的には好きです。

1時間ほど浸かってお風呂を上がり、その後は天山へ入場できる「はしご券」(300円)を購入し、昼食と休憩をすべく天山へ向かいました。
ちなみにこの「はしご券」、購入時から20分経ってしまうと無効となるので、20分以内に天山へ入場する必要があります。
※一休から天山は隣り合っているので、普通に歩けば2~3分で着く距離です。
「一休で温泉に浸かった後に、箱根で遊んで帰りに天山に寄ろう」とした場合、はしご券は使えません。。。

天山に入場した頃には12時を過ぎていたので、休憩する前に先ずは昼食を食べるべく、天山の敷地内にある山法師に行きました。
天山には過去10回以上行っていますが、山法師で食べるのは初めてです。

メニューは「麦とろごはん」といった健康志向のものが多く、奥さんは「麦とろごはん」(1500円)、自分は健康志向メニューからは外れて「ロースかつごはん」(1500円)を頼みました。
「ロースかつごはん」は通常の白飯と麦ごはんのどちらかを選べます。

お座敷は床暖房が効いていて、外に目を向けると須雲川のせせらぎが聞こえてきて、とても心が落ち着き、料理を待っている時間が苦になりません。
しばらくぼーっとしていると料理が運ばれてきて、「麦とろごはん」は麦ごはんがお櫃に入れられた状態で運ばれてきて、それを自分で茶碗に盛って食べるのですが、ご飯の量がすごく多いです。
たぶん1合かそれ以上の量があります。
それに刺身や天ぷらなども付いているので、1500円という値段は妥当かなって思いました。
「ロースかつごはん」も脂身が少なく、意外とサッパリした味で個人的には好きでした。
ご飯の量も多く、男性が食べても満足できる量です。
自分は更に奥さんが食べ切れなかった麦飯も食べて、かなりお腹が膨れました。

それからいつもの休憩処で昼寝をして、夕方になると平日にも関わらずかなり混んできました。
日も暮れそうな時間になったので、最後にお風呂に浸かって、天山を後にしました。
また時間が出来たら、利用したいと思います。

ちなみに、帰りは3枚橋付近の交差点と国道1号がカーナビを見ると渋滞していたので、旧東海道を少しだけ箱根方面に向かって走り、無料となった箱根新道の須雲川インターから乗って東京方面に行くと、箱根の渋滞を避けて帰る事が出来ました。

御殿場の御胎内温泉健康センターに行ってきました

御殿場アウトレットに行った帰りに御胎内温泉健康センターに寄りました。

大きな地図で見る
独身時代は友人とよく行った温泉で、当時は入浴料が大人1300円と高かったですが、今は大人700円(3時間)と、とてもリーズナブルな価格になっていました。

場所は東名高速、御殿場インターからクルマで20分ほどのところにあって、周りには大きな建物も無く、とても開放感のあるイメージです。
当日は19時半くらいに現地に着いたので、館内も空いていて、広い休憩所も利用者が疎らにいる程度でした。

施設内は開放感のある作りで、お風呂も広いです。
ただ、湯船は若干塩素の匂いがしたのが気になりますが、昼間であれば露天風呂から富士山が望めるので景色は最高です。

御殿場アウトレットに行った際には、また立ち寄りたいと思いました。

三浦半島にある日帰り温泉「のぼり雲」に行ってきました

くりはま花の国で遊んだ後に、奥さんの発案で日帰り温泉に行く事になり、近くにあった日帰り温泉施設佐野天然温泉 湯処 のぼり雲に行って疲れを癒してきました。

この日帰り温泉施設は初めて行ったのですが、場所はくりはま花の国からクルマで20分ほど走った県道26号線沿いにあり、横浜横須賀道路のインターからも近いので交通の便は良いです。

大きな地図で見る

「温泉施設」は入浴料が大人1100円、0歳から小学生が550円とちょっと高めの料金設定になっています。
※子どもは0歳でも550円必要なので注意です。

ただ0歳でも入浴が出来るので、家族全員でお風呂に入ってサッパリしたい場合には最適です。
館内は全体的に綺麗で清潔感があり、湯上り後の畳の休憩所(あんまり広くない)もあります。

入り口で靴を脱いで、鍵付きの下駄箱に靴をしまって、下駄箱の鍵をフロントに預けると、番号の付いたバンドがもらえます。
館内の食事などはこのバンドについた番号を見せてオーダーして、最後にまとめて精算するシステムのようです。

泉質は「ナトリウムー塩化物・炭酸水素塩泉」というもので、柔らかい感じのお湯で匂いも若干あり、個人的には好みの泉質でした。
お湯の温度はどの浴槽も若干高め(たぶん41-42度くらい)だったので、あまり長時間入っているとのぼせます。
3歳の長男も熱がってました。
4つも浴槽があるので、子供用に1つくらいは「ぬるめ」のお湯にして欲しいと思いました。

浴室全体も綺麗で、洗い場もシャンプーとリンスが別々になっていたりと、入浴料が高いだけあってアメニティ類は充実していました。
※安い日帰り温泉施設は、リンスインシャンプーが基本です。

晩ご飯も施設内にある食事処で食べましたが、かなり混んでいて明らかに店員の数が足りてない感じがしました。
入浴料が高い事もあって、満足感はイマイチだったので、今度は近隣にある湯楽(ゆら)の里 横須賀温泉に行ってみようと思いました。
湯楽の里は大人の入浴料が1000円と、のぼり雲よりも100円安く、更にバスタオルとフェイスタイルも付いてくるので、手ぶらで行く事が出来てちょっと魅力的に感じました。

天山湯治郷(箱根日帰り温泉 天山湯治湯)に行ってきました

箱根に日帰り旅行に行ったついでに天山湯治郷に行ってきました。
独身時代はよく行ってたのですが、結婚して子供が出来てからはほとんど行く機会も無くなり、久々の源泉掛け流し温泉にテンションが上がりました。。。

元箱根の畑中入口交差点から箱根湯元方面へクルマで走らせる事約20分、急な下り坂を下ると天山湯治郷があります。
駐車場は広めで正確な数は数えていませんが、100台くらいは駐車出来そうな感じでした。

ここは源泉100%掛け流しの日帰り温泉施設で、休日は非常に混雑しますが、平日はわりと空いています。
休日の夕方は入場制限がかかるくらいの人気なので、「箱根で遊んだ帰りに温泉に入って疲れを取ろう」という気持ちで行くと、余計に疲れるハメになります。。。

今回は平日の午後1時くらいに行ったので、かなり空いていました。
駐車場に着き、クルマのドアを開けると、須雲川のせせらぎが聞こえてきて、心を和ませてくれます。
券売機でチケット(大人一人1200円)を購入し、石造りの階段を登り門をくぐると、お香の匂いが辺りに漂っていて、この匂いを嗅ぐと「天山に来たなぁ」と思わせてくれます。

下駄箱で靴を脱ぎ受付でチケットを渡して脱衣所へ・・・
脱衣所に着くと目の前には野天風呂が広がっています。

野天風呂はやや熱めのお湯で、若干白く濁っており、匂いもほんの少しですが硫黄の匂いがします。
お湯はアルカリ温泉でphが8.3と高く、非常に滑らかな肌触りのお湯で、入っていてとても気持ちがいいです。
詳細は天山湯治郷 泉質についてで確認できます。

お湯の温度は源泉が67.3度と高いせいもあるのか、全体的に高めです。
※体感的には41~42度くらいあります。
特に内湯は強烈に熱く、湯船から溢れたお湯に触るだけでも「あっちぃ~」と感じてしまうくらいの温度です。

個人的にはぬるめのお湯が好きなのですが、出たり入ったりを繰り返して、結局1時間程いました。
その後はくつろぎスペースで1時間ほど昼寝をして、天山湯治郷を後にしました。

茅ヶ崎「竜泉寺の湯」の炭酸泉はGoodです

実家に帰省した際に、最近オープンした日帰り温泉施設日帰り天然温泉 竜泉寺の湯 | 湘南 茅ヶ崎店 | 関東最大級 最新の岩盤浴に行ってきました。

土曜日の朝8時くらいに行きましたが、駐車場にはかなりの車が停まっていて、館内も結構混んでいました。
朝でこの混みようとは、よほど人気のある温泉なのかな・・・
それもそのはず、天然温泉にも関わらず入浴料が600円/大人なのです。
※自分が行った時には、朝風呂(午前6:00~9:00)料金500円/大人で入れました。
ちなみに岩盤浴を利用する場合は、別途300円必要なようです。
これは安い!
しかもオープンしたてとあれば、混むのは当然だと思います。

今回岩盤浴は利用しませんでしたが、お風呂に関しては「炭酸泉」がかなり良かったです。もちろん天然ではなく人工の炭酸泉ですが、軟水を利用して温めのお湯なので、長時間入浴する事が出来て炭酸泉効能を十分に堪能する事が出来ました。
この施設で一番のオススメです。

天然温泉は泉質が「ナトリウム-塩化物強塩温泉」で、においがちょっとだけあり、味はしょっぱい感じです。
この付近には他にも日帰り温泉施設がいくつかありますが、過去湘南天然温泉湯乃蔵ガーデンに行った時も、しょっぱい味がしたので、近い泉質なのでしょう。
※両施設とも飲泉は出来ないので、ちょっと舌で舐めた感じの感想です。ゴクゴク飲むのは止めましょう。。。

炭酸泉以外でも「これは良い」と思ったのがあります。
それは寝湯(寝ころびの湯)です。

今まで自分が行った日帰り温泉の寝湯は石の上に寝転んで、頭の方からお湯が流れていたり、水深5cm程の浅い浴槽に寝る感じがほとんどでしたが、竜泉寺の湯の寝湯は水深が20cmほどあります。
なので、からだの半分以上はお湯に浸かる状態になり、風が吹いても寒くなく、お湯の温度も低めでとても気持ちがいいのです。
気を抜いたらホントに寝てしまいそうです。

あと、浴槽全体に言える事ですが、全体的にお湯の温度がやや低めです。38~39度くらい。
自分は熱い風呂が苦手なので、これくらいの温度が最高です。

今まで自分が行った、市街地にある日帰り温泉施設の中では、かなり上位にランキングされました。
また暇があったら是非行きたいと思う温泉です。

温泉と健康検定を受験しました

インターネットで温泉と健康検定というサイトを見つけました。
財団法人日本健康開発財団が提供している、全10問クイズ形式の検定試験です。
インターネット上で受験できるので、誰でも簡単に何度でも出来るのがメリットです。
これは面白そう・・・

早速受験してみました。
自称温泉通の自分としては是非合格したいと思いましたが、問題は予想以上に出題範囲が広く難しかったです。
地理的な問題から、温泉の歴史、医学関係までさまざま。。。

地理的な問題は難なく解けましたが、それ以外はなかなか解けませんでした。
何回かチャレンジしてようやく合格!

合格すると、自分の名前が入った認定証を印刷する事が出来ます。
これは嬉しい!
認定証はA4タイプとカードタイプの2種類があり、両方とも印刷して、早速ウチの奥さんに自慢しました。

とりあえずA4タイプは家の引き出しにしまい、カードタイプは財布に入れました。
将来この認定証を提示すれば、日帰り温泉などの施設が割引になったりすると嬉しいと思いました。

天然戸田温泉彩香の湯に行ってきました

鉄道博物館の帰りに、日帰り温泉施設天然戸田温泉 彩香の湯に行ってきました。
ここは都心に近いのに源泉掛け流しで、かつ貸し部屋が300円~/1時間 と非常に安く、ウチの様な子連れの家族には魅力的でした。

泉質について、源泉掛け流しの湯は、濃い黄色をした色で、温泉自体が濃いと感じさせる様な泉質でした。
※「入浴は10分程度にしてください」という感じの看板が立っていたので、そうとう濃いと思います。。。
それ以外にも色は薄いですが、温泉の湯船がいくつかあり、飽きのこない感じでよかったです。

ただ値段が大人一人1000円だったので、もう100円くらい安いか、1000円ならもう少し露天風呂の雰囲気を良くして欲しかったなと思いました。

あと、帰り際に売店で買った岩泉のむヨーグルト社が激ウマでした。
風呂上りに飲みたい一杯デス。

時之栖の茶目湯殿に行ってきました

今日は久しぶりに友人と日帰り温泉に行ってきました。

今回は新たに日帰り温泉施設を開拓しようと思い、日帰り温泉の専門誌まで買いました。
雑誌をみて先ず驚いたのが、最近オープンした日帰り温泉施設の多さです。

雑誌を見た感じよさそうだと思ったのが、以下の日帰り温泉施設でした。
ふじやま温泉
喜楽里

ただ結局友人と話しているうちに「いつものところがいい」という話になって、過去に何度も行っている、茶目・茶目湯殿 | 時之栖にしました。

茶目湯殿外観
茶目湯殿外観

この温泉の最大の魅力は一言でいうと、「ものすごくゆったり出来る」事です。
温泉自体は源泉かけ流しでは無いのですが、くつろぎスペースが非常に充実しているのが特徴です。
囲炉裏やマッサージがタダで使えるスペースがある他、電気毛布付きの寝床スペースが最高にくつろげます。

今回もここで2時間ほど、うたたねしてしまいました。。。

その後、御殿場高原ビールで晩御飯を食べるべく、茶目湯殿の外に出てみると、すごい人だかりが・・・
そういえばこの時期、時之栖ではイルミネーションをやってるんだった。

とりあえず、イルミネーションの中を抜けて、御殿場高原ビールへ・・・

イルミネーション
イルミネーション

イルミネーション
イルミネーション

やはりイルミネーションをやっているせいか、御殿場高原ビールも混んでいて45分待ちでした。
ただ45分くらいなら待っても食べる価値があるので、待ち時間を利用してお土産を購入!

実際には30分くらい待って、レストランに入ることが出来ました。
ここでのイチオシメニューは何といっても山賊のスペアリブ!

こいつをカブリつくと、御殿場高原ビールに来たという気分に浸れます。
その他にも色々注文して、心も身体も胃も満足して帰りました。