ソニーのA77(α77)とA65(α65)を比較してみた

Posted by 管理人ろっきー | デジタル一眼カメラ | 2011/8/26 金曜日

8月24日にソニーより、SLT-A77VQ | デジタル一眼カメラ“α”(アルファ)[Aマウント] | ソニーSLT-A65VY | デジタル一眼カメラ“α”(アルファ)[Aマウント] | ソニーの2機種が同時に発表されました。
ソニーストアでの価格は、A77ボディが148,000円、A65ボディが94,800円と、価格的には両者に50,000円の差がありますが、スペック的にはどの様な違いがあるのか調べてみました。

ちなみに単純なスペックだけの比較は、下記のサイトで確認できます。
α77/α65/α55比較表 | デジタル一眼カメラ“α”(アルファ)[Aマウント] | ソニー

このスペックの違いから、実際の写真撮影でどの様な差が出てくるのか自分なりに考えてみました。

◆連写性能
A77は12コマ/秒、A65は10コマ/秒となっていて、2コマ/秒の差があります。
個人的にはこの差は、よほど速い被写体を撮影する場合以外においては、ほとんどあって無い様な差であると思います。
逆に1秒当たりの撮影枚数が多くなってしまうので、それだけ記憶装置の容量を食ってしまう問題があります。
また連続撮影枚数が両者とも17枚(JPEGファイン時)なので、A77の場合は約1.4秒、A65の場合は1.7秒間連写が出来る事になるので、どちらかというと、より長時間連写が出来るA65の方に魅力を感じてしまいます。
連続撮影枚数がもっと多ければA77の方が良いですが、1.4秒間しか連写が出来ないのはやや実用性に欠けると思いました。
※子どもの運動会などで連写をする場合は、子どもがゴールする直前にシャッターを切り始めないと、肝心なところで連写がストップしてしまう事になります。
ちなみに、キヤノン:EOS 60Dは約58枚なので、この辺の作り込みはキャノンの方がしっかりしてますね。。。

◆シャッター
A77は1/8000秒でA65は1/4000秒と、1段分の違いがあります。
これは通常のズームレンズのF値(3.5~5.6)程度の範囲で使用していれば、シャッタースピードが1/8000秒になる事はほあまりありませんが、F値の明るいレンズをして撮影をする場合は、1/8000秒のスピードが必要になります。
撮影するケースによって必ずしもそうなるとは限りませんが、自分の過去の経験からして、F値が2.0以下の明るいレンズを晴れた屋外で使用すると、1/8000秒のシャッタースピードが必要になる場合があります。
こういう場合、A65だとレンズのF値を高い値にする(絞らなければならない)事になってしまい、背景をよりボカしたい場合は不利です。。

なので、明るい短焦点レンズを使用する場合はA77が必要で、F値が3.5以上のレンズのみを使用する前提であれば、A77も、A65も大きな違いは無いと思います。
両者のキットレンズの構成を見ても分かる通り、A77はキットレンズにF値が2.8のレンズを採用しているのに対し、A65はF値が3.5以上のものがキットレンズになっています。

◆ISO感度
どちらもISO感度の最大は16000ですが、ISO AUTOの上限がA77は12800で、A65が1600と大きく違います。
通常撮影をする時、ISOはAUTOにするのが一般的なので、A77の方が拡張設定する頻度が減るので、使い勝手がよい気がしますが、それだけの差であればA77もA65も大きな違いは無いと思います。
しかし、ISO1600以上で撮影した際に、A77とA65で画像の出来栄え(ノイズが少ないなど)が違うのであれば、A77の方が夜景や、暗い室内などで有利になると思います。

◆オートフォーカス
測距点はA77が19点、A65が15点と、それほど大きな差が無いように見受けられますが、A77はうち11点がクロスセンサーで、A65は3点がクロスセンサーになっています。
A77の詳細は商品の特長 | SLT-A77VQ | デジタル一眼カメラ“α”(アルファ)[Aマウント] | ソニーで確認できます。

A65の詳細は商品の特長 | SLT-A65VY | デジタル一眼カメラ“α”(アルファ)[Aマウント] | ソニーで確認できます。

これは決定的な差で、中央のフォーカスエリアしかクロスセンサーが無いA65は、左右のフォーカスエリアでピントを合わせる際には、A77に比べるとかなり不利になります。
※思うようにピントが合わない可能性がある。
特に動体撮影などで、被写体が中央から外れてしまった場合、オートフォーカスが迷う確率がA77に比べて高くなります。
これは圧倒的にA77の方が有利といえます。
ちなみにF2.8対応のセンサーは、特にホームページ上に記載が無いので、両者とも無いと思われます。
個人的にはせめてA77にはF2.8対応のセンサーを付けて欲しかったです。
SAL135F18Zの様な素晴らしいレンズも、F2.8のセンサーが無ければ、ジャストピントの写真が撮影できる確率も低くなってしまいます。

それ以外に「上面表示パネル・ダブルダイヤル」の有無がありますが、これは実際に触ってみないと判らないので、今回の記事ではパスします。

結果として、仮にA77とA65でどちらを買うかと言われれば、自分はA77を買います。
連写機能はA65の10コマ/秒で充分ですが、それ以外は全体的にA77の方が、色々な場面で安心して使えそう(失敗が少なそう)だからです。
特にオートフォーカスが11点クロスタイプのメリットは大きいです。

子供が動き回っている時を撮影する場面など、常に中央に被写体を合わせる事が出来ない場合に、左右のフォーカスエリアも中央と同等の性能だと、安心して左右のフォーカスエリアを使用して、写真を撮る事が出来ます。

両者の第一印象は50,000円の差なら、A65かなって思いましたが、こうやって両者を比較していくと、A77の方に心が傾いてしまいますね。。。
ソニーの販売戦略恐るべし・・・って感じです。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする